台北 行天宮近くの全佳樂釣蝦でエビ釣りに挑戦してみた

Pocket
LINEで送る

20140308-210953-210-0_R
(´・ω・`)「こりゃあエビだな。どうみてもエビだな」

こんにちは。
決算期ということもあり、仕事量が多くて記事を書くのもままならないぜ!
とかいう言い訳をしつつも、9月の台湾旅行日程表だけはしっかり作っているぺちおです。

そうそう、久しぶりに日程表を作っていますが、参加者が台湾・高雄欲張りプランを希望!とか、
台南がいいなあとか、台中もいいなあとか気軽に言うんですわ。
しかも旅行代金が安く済むように組んでくれると嬉しいなあとか言ってくれましてね。
なかなか骨の折れる作業ですわ。

台北から高雄に南下するのがいいか、高雄から台北に北上する方がいいか、
台北を中心に高雄・台南を日帰りで楽しむか・・・。難しい。
台北から高雄に南下プランで予定としている日時の航空便販売を確認すると、
高雄から東京に戻る航空便は昼間時間帯くらいのタイガーエアしかないように見えるし(バニラエアはその日の運行が無かったのですよ!)

高雄から台北に北上するプランの場合、高雄に行く飛行機は成田限定、
昼間発なので滞在時間が短めになるしなあとか、色々と考えるわけですよ。

おっと、話が大きくそれてしまいましたが、2014年の3月(古っ!)に台湾旅行をしたとき、
行天宮近くのエビ釣り堀でエビ釣りに挑戦してまいりました。
2014年の話だから、すでにエビ釣り堀無くなっているんじゃないの!?
という向きがあると思いますがご安心ください。まだあります◟( ˘•ω•˘ )◞

全佳樂釣蝦 住所:台北市錦州街190號

捷運行天宮站(MRT行天宮駅)からの距離は徒歩3~5分くらいといったところでしょうか。
なお、全佳樂釣蝦へ続く道は明るくないので少々心細いかもしれません。
営業時間は、PM17:00-AM3:00と遅くまでやっているので、
飲み屋で一杯飲んだ後にエビ釣りに挑戦するのも一興でございます。

さてさて、微かな記憶をたどると、あの日は残念ながら大雨。旅行初日から少々ゲンナリしてしまいましたが、行天宮で厄払いをして旅の安全祈願をした後にエビを釣りに行くことになりました。

20140308-202425-0_R

雨が少し降った後の台湾の風景ってなんか神秘的でいいですよね。

日中帯は、参拝客、観光客でごった返す行天宮も、夜の8時半ともなればこんなに静か。
大雨だったというのも影響しているとは思いますが、夜の行天宮は非常に良い雰囲気でした。

20140308-203252-0_R

静寂な寺院に雨が降る音が静かに響き渡ります。

大雨の日でも、信仰心豊かな参拝客の方はいらっしゃいます。3月ともなれば台湾でも気温が低いので皆さん厚着です。

20140308-202848-0_R

このとき夜の8時半くらいでしたが、参拝客が途絶えることはありませんでした。

で、いきなりエビ釣りです。
このころは目的地までの途中の写真とか、撮っておくっていう頭が無かったので許してください。なお、エビ釣り挑戦の価格は、2時間で600元、3時間で900元くらいだったような。
まあいい値段です。一応日本語で説明があったりして親切。

20140308-205658-0_R

少し日本語が話せる店員の方もいるので不明な場合は聞くのが良いかと。

エビ釣りに挑戦している図。これがまたエビが釣れないんですよ。あいつら頭いいから。
そうそう、2時間もずっと座っている状態なので、口が寂しくなったりするかと思いますが、店内で飲み物を買うことができます。ご安心あれ。

20140308-210401-1_R

どんどん食べられていく餌に憔悴する一同。鋏を使って器用に餌を奪っていくエビが恨めしい。

エビをゲットしてご満悦のぺちこ大先生。ドヤ顔にいらっときますね。
しかもぺちお0匹の時にぺちこ3匹とか。エビの癖に女好きとはどおいうことだ!

20140308-212428-0_R

ほれ見たことかと言わんばかりに釣ったばかりの餌を見せつけるぺちこ。エビを釣ったら投げつけてやるわ!

やっとつれたよエビちゃん。
このエビちゃん白肌で很可愛💛
まあ、滅茶苦茶暴れやがったので床に落としましたけどね。

20140308-212443-0_R

この後こんがりと焼かれる運命のエビ1号。哀愁が漂っています。

そして2時間後・・・・・

じゃ~ん。晩酌開始でござる。
どうですかこのボリューム。非常に香ばしく焼かれております。

20140308-210942-210-0_R

よくわからないくらい塩気たっぷりに見えますが、この塩気が堪らんです。

噂によると、釣ったエビは自分で焼くらしいんですが、ぺちお・ぺちこが仕組みが分からなくて突っ立っていたら、憐れんでくれた店員の方が焼いてくださいました。
いやあラッキーでござる!

20140308-210957-210-0_R

実は釣ったエビの数は少なかったかったのですが、おまけをしてくださったようで一同で食べるのに十分な量になりました。

最初はこんなエビ食べられるか!(水槽の水がまあお察しの透明度だったためですが・・・)
と言っていた友人たちでしたが、一口食べてびっくり。
あまりの美味しさに、「う、うまい・・・!」と言いながら、ぺちお・ぺちこの食べる分を奪い始める始末。ちょっとまてーい!

20140308-220949-0_R

あれよあれよと皿の上にあるエビ串が減っていく・・・!食い意地って怖い。

しかし、こりゃあ、黑松沙士との相性ばっちりですわい!ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ

20140308-221011-0_R

なんとか確保した一匹を頬張りご満悦のぺちおさん。いやあ美味しい。

とまあ、よく分からない状態でエビ釣りに挑戦してまいりましたが、非常に楽しめました。
2時間600元、エビ釣り単体で見るとお手頃という価格ではありませんが、ぱりぱりジューシーなエビを食べることができるので、案外コストパフォーマンスはいいかも。
あと、グループ旅行であれば、下手な観光スポットに行くよりもみんなで楽しめるかと。
食事代も浮きますし(´•ω•`)

なお、注意点があります、禁煙ではないのでタバコが苦手な方には厳しいです。
ついでに言っておくと、忍耐力が全くない人にはお勧めしません。

それでは!

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply