JTBご用達の中源大飯店(ニューコンチネンタルタイペイ)に宿泊してみた

Pocket
LINEで送る

20140309-104020-0_R
台北車站,往南港,板橋,土城的旅客,請在本站換車
下車時請注意列車與月台間隙,左側開門

なーんて、毎晩のように動画を見ながら捷運板南線の車内アナウンスを口ずさんでいたら、
ぺちこに「もうMRTの車両になってしまえ!」と言われて、そんな道もあるなあと思いにふけているぺちおです。

さて、台北MRTと言えばこんなお店もありましてね。
台北捷運商品館
ええ、なんというか高雄捷運と違って普通すぎるんであれなんですがね。

さて、台湾・台北旅行で良く泊まるホテル(宿泊施設)シリーズ。
今回は3回目。

とは言ってもこれ以上の続編は無いであろうシリーズですが。
あくまでわたくしどもの主観でご紹介させていただいております。

ちなみに、場所=価格>>>>>>>設備=サービス、
みたいな優先度で決めておりますのでご注意ください。

さてさて、ぺちこ・ぺちおさんが旅行で重要視するのは、
上の優先度と合わせて、駅近であること、夜市が近いということと、
あと一つあるんです。

それは・・・。
深夜時間帯の飛行機で台湾に到着した場合でもホテルに徒歩で行ける!
深夜早朝時間帯に空港行バス乗り場に徒歩で行ける!

日本と比べてタクシー料金が安めの台湾とはいえ、乗る回数が増えれば増えるほどボディブローのように効いてくるタクシー利用料金。特に深夜時は深夜サービス料金が別途発生するので更に高くなるのでなるべく利用は避けたいところ。

要するにタクシー代はケチりたい。

ってことです。
まあ、そんなことを考えると限られてきますね。
狙い目は、台北駅周辺のホテルに限られてくるかと。

でまあ、台北駅周辺は安いところから高いところまでいっぱいホテルがありましてね。
ドミトリーがある格安宿なんかも多いんですよ。

極力旅費を減らす場合なんかはドミトリーがあるホステルを選ぶんでしょうが、家族連れやホステルアレルギーがある人なんかがいるグループ旅行はホテルを選ばざるをえないかと思います。

さて、ぺちこ・ぺちおもホテルがいい!ホステルはちょっと苦手!と言った面子で旅行に行くときに利用させていただいたホテルがあります。

其の名は・・・・・。
中源大飯店(ニューコンチネンタルタイペイ)
でございます。
ランク的にはシティホテル、ビジネスホテルに足が生えた感じです。

20140310-105809-0_R

犬よりホテルの外観写真を撮っておけと言う話。

え~。
いわゆるまともな写真は無い!
ってやつですが看板を撮った写真だけはありました。

20131108-082844-210-0_R

うむ。渋い感じの看板である。

看板こんな感じ(適当)

画像がないから仕方ないでしょ!(逆切れ)

気を取り直して、ホテルの前はこんな風景でございます。

20131108-071454-210-0_R

ホテルと同じビルにサウナもあるよ!

ホテルから道路を挟んで右手には50嵐があるので、ドリンク類の購入も便利でございます。
え?見えないって?すいません、改善します。

20131108-082549-210-0_R

台北駅周辺と言うこともあって、この通りはバスの停留所が多いです。

さて、本題のホテル紹介に行きますか。
このホテルのいいところを上げると・・・。

・3人部屋、4人部屋がある
・ホテルの隣に頂好超市がある
・台北駅地下街へ徒歩5分

ってところです。

3人部屋、4人部屋がある

これ、結構強みだったりします。
大抵のホテルは定員が2人までの部屋が多いんですが、こちらのホテルは4人まで宿泊できる部屋が提供されているんです。3人部屋の場合は、シングルベッドx3。4人部屋の場合は、ラージダブルベッドx2です。多人数で宿泊できるこのクラスのホテルは貴重、というかあまり見かけない。グループ旅行時、家族旅行時に同じ部屋で宿泊できるのは安心かと思います。
ドミトリーで一部屋借りればいいじゃない?っていう話もありますが、そこはホテルとの設備の違いがありますからね。ホテルのベッドはふかふかなのでよく眠れるかと思いますよ。
それと、4人部屋だと料金がまた安くなるんですよ。日本円で一人当たり一泊4000~4500円くらいで泊まることが出来ます。その分部屋は狭く感じるかと思いますがお得感はあります。
4人部屋を使う場合は、仲の良いグループに限られますけどね。なんちゃって(๑•́ ₃ •̀๑)

ホテルの隣に頂好超市がある

自分達が宿泊したときに非常に便利に感じたのはこれです。ホテルを出て右隣に24時間営業の頂好超市があるんです。頂好超市ならコンビニよりも安く飲料類やお菓子類を購入できます。夏に台湾旅行をすると暑いので、ずっとなにかしら水分を口に入れることになりますが、購入費用もばかにならない。コンビニよりも安く購入できる頂好超市であれば、少しですけど節約ができます。あと、コンビニよりも販売されている商品の種類が多いってが嬉しい。
生鮮食品や果物、菓子類、雑貨類などが売られているので、ちょっとした食事、フルーツ類の購入、ばらまき用のお土産購入も捗ります。

20131108-093714-210-0_R

ぺちこ・ぺちおは夜中の2時くらいに頂好に行く不審者です。

20131108-014514-210-0_R

目移りするわい!ぺちおさんはいつもカットフルーツを買ってホテルの部屋で食べます。

台北駅地下街へ徒歩5分

台北駅地下街の入口までは徒歩5分程度で行けます。台北駅の地上1Fになら徒歩10分程度でしょうか。桃園空港へ向かうバスが発着する台北西站A棟には徒歩10~15分程度必要です。
至極便利な場所にあるという訳ではありませんが、許容範囲と言ったところでしょうか。
実はその分、寧夏夜市が開催されている寧夏路が徒歩5分程度のところにあるので、夜市にも歩いて行けますのでバランスが良い立地にあると言っていいかと思います。

また、近隣には朝の早い時間から開店している飲食店が2店舗あるので、ホテルの食事に満足しないときはそちらのお店で食事をとることも可能です。

DSC01473_R

大好物のフルーツサンド。朝は豆乳とこれに限る。どんなに胃もたれしていてもこの組み合わせなら食べられる!

他にも有名な観光どころの中山地下書店街は徒歩10分、迪化街も徒歩15分程度の距離にあるので観光拠点としても問題ありません。苦茶之家という、苦茶で有名なお店も徒歩3分の場所にあります。
また、ニューコンチネンタルタイペイは、JTBさんの台北ツアーパックで選ぶことが出来て、立地条件からするとお安めの値段設定で選ぶことができます。
ついでにいうと、JTBさんのお墨付きがあるってことですので、安心して利用することができるってことが有る程度証明されているわけです。
台北MRT、台鉄だけでなく、バスも比較的利用しやすいところにあるホテルですし、グループ旅行であれば安心して宿泊しやすいホテル化と思います。もし多人数での台湾旅行を予定していてホテル選びに悩んだときは検討してみてはいかがでしょうか。

それでは~。

中源大飯店 住所:台北市重慶北路一段73號

Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply