家楽福でプリングルスの期間限定ポテトチップス(鹹酥雞と油蔥肉燥)を買って食べてみた

お土産

ども、ぺちお(@hao2taiwan)です。
台湾で買ってきたお土産を日本で堪能するシリーズの勢いだけでどうにかしてみた記事です。

家楽福でプリングルスの期間限定ポテトチップス(鹹酥雞と油蔥肉燥)を買って食べてみた

2018年12月の台湾旅行時に、家楽福でプリングルス(品客pǐn kè)の期間限定で発売された鹹酥雞xián sū jī wèi油蔥肉燥yóu cōng ròu zàoのポテトチップスを買って食べてみました。
余談ですが、ぺちコンビは、2013年に初めて台湾旅行に行ったときから家楽福にお世話になっておりまして、お土産購入や日用雑貨品の買い物で利用させていただくことが多かったりします。
さらに余談ですが、ぺちコンビが台北で利用する家楽福は重慶店。台中だと德安店。高雄だと高雄愛河店が大半です。

 

鹹酥雞と油蔥肉燥って?

鹹酥雞は屋台の店舗名に「~鹹酥雞」と書かれている屋台で一般的に販売されている台湾版フライドチキン。夜市の大半で見かけることが出来る、いわゆるからりと揚げられた鶏のから揚げのことです。鹹酥雞味に関しては、鹹酥雞で食べられる鶏のから揚げに味を似せたものということになります。

油蔥肉燥は、読み方は違えど魯肉~とほぼ同義なものにネギ油が足されたものと思っていただければ大丈夫です。なお、肉燥と魯肉の違いですが、肉燥と書いているお店で食べても、魯肉と書いているお店で食べても特に違いが無かったので同じものであると思われます。また、味わいについて地域ごとに差異があったとしても、概ね大差はないと思っても大丈夫です。
ということで、油蔥肉燥味に関しては、ネギ油を足した肉燥に味を似せたポテトチップスになります。

 

鹹酥雞味と油蔥肉燥味のポテトチップスを食べてみた

場所は変わって日本。
台湾旅行から帰ってきたぺちコンビがお土産として買ってきたプリングルスの鹹酥雞味と油蔥肉燥味と対面するときがやって来ました。
なお、正式名称は、鹹酥雞口味洋芋片xián sū jī kǒu wèi yáng yù piàn油蔥肉燥口味洋芋片yóu cōng ròu zào kǒu wèi yáng yù piànです。

2018年に期間限定で販売された鹹酥雞口味洋芋片と油蔥肉燥口味洋芋片ですが、2019年の台湾旅行時も見かけました。
もしかしたらまだ在庫が残っているかもしれないので、機会があったら是非お試しを!

 

ポテトチップスが収まっている缶が重いので量が多いとお思いの方が多数かと思われますが、内容量はなんとびっくりの27.5グラムと少な目。よく言えばカロリー控えめ。
下手すればパッケージ詐欺レベルの内容量ですが、そんなことを言っても仕方がありません。また、賞味期限は15か月です。

 

さて、量が少なかろうが何だろうが、美味しければ正義!
ということで開封の儀式。

 

ぱか~っ・・・・・。

んっふり・・・。

ぬほ~っ、何だこの台湾っぷり!!
封を開けた瞬間に分かる鹹酥雞油蔥肉燥の香り・・・。

こ・・れ・・・は・・!
なんといいましょうか・・・、実食と行きたかったのですが少々混乱気味です。
とにかく、ポテトチップスの匂いが台湾屋台を思い出すアレでして、一体これは何なんだ!?というくらいに頭の整理がつかない。匂いの再現度がとにかく凄まじく、狐に化かされているのではなかろうかと思ってしまいます。これは期待できそうです・・・。

 

ということで、いざ尋常に・・・。
(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”

うむ、これは・・・。
まさしく鹹酥雞と油蔥肉燥!!!

姿形が違えど、これはどう見ても鹹酥雞油蔥肉燥
どちらも口にした瞬間に分かる台湾の香りと味わい・・・。

鹹酥雞は味の元が鶏ということで一口目はあっさり風味ですが、食べ進めていくと印象が変わります。塩味が控えめと思いつつも奥深い味わいも感じられ、鶏肉の脂を思わせる様なねっとり感もあります。そして、商品の要ともいえる五香粉の香りがなかなかのインパクト。食べる人を選ぶでしょう。

油蔥肉燥は言うなればバーベキュー味に近く、万人受けしそうな風味と味付けです。五香粉はこちらでは使われておらず、ガツンと来るパンチの効いた塩味が特徴的。なお、風味の元はネギ油。ネギ油の香ばしさが食欲を誘う素晴らしい一品。ビールとの相性はこっちの方が上かも!?

 

ごちそうさまでした。
鹹酥雞味、油蔥肉燥味どちらも、鹹酥雞と油蔥肉燥をフリーズドライで全ての汁気を無くして凝縮したような味わいでして、なんとも不思議な感覚ですがとても美味しかったです。
でもなんかこう、納得いかん!
でも美味しい・・・。
ぺちこさんはいかがでしたか?

ぺちこ
ぺちこ談

パリパリパリパリ、むしゃむしゃ。
サクサクサクサクサク、ゴクリ。
こりゃ美味しい!
ビールが進みます!

確かに!
どちらともビールのお供にピッタリの味だと思います。
ちなみに、2019年に蒜頭蝦糖醋小排の台湾オリジナルフレーバーポテトチップス2種類が期間限定で販売されたとか。
それでは~。

お土産
この記事を書いた人
ぺちお

今年で台湾渡航22回くらいのおっさん。
台湾の道路で無駄にバイクチキンレースを挑むのが最近の流行。
年をとって食べられる量が少なくなったことを実感中です。

ぺちおをフォローする
好吃台湾~はおちーたいわん~

コメント

  1. こんばんは!
    コレこそぺちぺちコンビのネタです!
    あぁ、台湾臭のポテチ食べたいー!

    さて、現在、新竹です。
    ガラガラ〜〜〜
    貸し切りで友達と飲みますわ(笑)

    • こんばんわ~。
      ほんの少しだけ復調気配が見えてきましたので、少しずつ戻していきますよ!
      しかし、新竹が貸し切り状態とは、コ〇ナの影響なんでしょうか・・・。