ツアーパックと海外航空券+ホテルの比較をまとめてみた(個人的主観)

Pocket
LINEで送る

1961054_1472659876280732_213027524_o_R

皆様は、台湾旅行時に旅行代理店経由のツアーを使われますか?
それとも、海外航空券+ホテルをご自身で手配されますか?

ぺちお・ぺちこも、ツアーパック(フリープラン)と海外航空券+ホテル、どっちで手配しようか迷うときがあります。

以前は、台湾旅行をする時に、ツアーパック(フリープラン)を旅行代理店で購入していましたが、渡航回数が増えてくると、自由度が高い海外航空券+ホテルを選ぶようになりました。

しかし、最近は、台湾滞在期間が短い限りはどちらも差が無いように思えてきました。

というわけで個人的主観ですが、ツアーパックと海外航空券+ホテルの利点などを比較してみました。

スポンサーリンク

ツアーパック(フリープラン)の利点

・ホテルまでの送迎があるものが多い。

これ、案外馬鹿に出来ないんですよ。
海外航空券+ホテル手配の場合、空港からホテルまでの交通機関を考えなければならないじゃないですか、到着時間帯(主に深夜、早朝)によってはホテルまでの移動に苦労する場合があります。ホテルへの送迎があるツアーパックは、案外予定通りにホテルに到着することが出来るんですよね。また、ツアーバスの中で、現地添乗員と相談もできるので安心感があります。

・旅行費用は結構安い

旅行代理店の方の努力の賜物だと思いますが、ホテルへの送迎途中にお土産店などによる場合が多いじゃないですか、これのお蔭で料金が安価に抑えられているんですよね。
お土産は自分で買う!って人が多数でしょうけど、提携お土産店で見つかる発見などもあって馬鹿にはできません。あと、競争が激しい影響だと思いますが、頻繁にアウトレットや、掘りだしツアーなどが販売されていて、以前よりも安価に旅行が出来ます。

・安心感がある

JTBさん、H.I.Sさんは、台北市内にサポートデスクカウンターが存在します。これって何も知らない状態で旅行をした場合は、非常に頼りになります。
現地通貨への両替だったり、何かしらの事故があった場合の相談だったり、荷物の預かりをしてくれるとか・・・。
特に中国語、台湾語、英語などが得意でない方であれば、日本語が通じる窓口が現地にあるのは、心の支えになりますよね。

次に、海外航空券+ホテルの利点ですが・・・

海外航空券+ホテルの利点

・現地での行動は全て自由

空港からホテルへの移動も、ホテルの利用も含めて自分で全て計画できます。
その分、安心感は劣りますが、電車を使ったり、タクシーを使ったり、バスを使ったりと、
自分に合った形で旅を計画できるわけです。
ツアーパックだと、まずはホテルまで行くものが多いので、寄り道はできません。
それに比べると、ホテルへの移動途中の街で観光!とかが出来るのは、海外航空券+ホテルならではですね。

・旅行費用を極力抑えられる

ツアーパックでは、旅行代理店が提携しているホテル、色々な審査を経て安心に宿泊できるホテルにしか泊まることはできません。その分料金が少々高めになるわけですが、海外航空券+ホテルの場合は、ドミトリーや、旅行代理店の候補に入っていないような安価な宿を選ぶこともできます。あと、LCCや、PEX航空券などを使用して、航空券費用を抑えることも可能。その分、情報を収集する時間は必要になります。

・滞在期間を自由に決めることが出来る

ツアーパックは、滞在期間が決められているので、それ以上の滞在はできません。海外航空券+ホテルであれば、航空券の利用制限、観光旅行者の滞在期限以内であれば、いつまでも台湾にいることができます。滞在期間が長ければ、その分行ける場所が多くなるので、旅自体の満足度も上がります。

さて、利点をいくつか挙げてみましたが、双方ともに弱点はあるんでしょうか。
弱点と言うほどではありませんが、ぺちおが感じたことを書いておきます。

ツアーパック(フリープラン)の弱点

・集合時間がある

ホテルへの送迎、空港への送迎があるツアーの場合は、全てのツアー客がバスに乗らないと移動できないため、集合の遅れが基本的には許されません。
また、空港で添乗員の方と合流した後は、ホテルへの移動が優先されることから、SIMカードの購入等ができない場合もあります。
なお、空港への送迎バスは、多数のツアー客を乗せるためにいくつかのホテルを回って空港に向かいます。回収するまでの道の混雑などを考慮して、集合時間に余裕を持たせていることから、待ち時間が長めになる場合もあります。

・旅行会社を見極める必要がある

大手旅行代理店は、少々費用が高めですよね。最近は非常に安価なツアープランを販売されている旅行代理店さんが多くなっています。しかし、数年に一回は、ツアーの申し込みをしたのにチケットが来ない!とか問い合わせが出来ない!と言ったようなニュースが流れることもあります。大手旅行代理店さんであれば、窓口がしっかりしているはずなのでそんなに心配はありませんが、安価なツアープラン提供会社さんはそうでもない場合もありますので注意です。

・マイル取得などに制限がある場合も

マイルを貯めて次の旅行に!という方も多いかと思いますが、マイルの取得が旅行代理店経由だとしにくい場合もあります。また、マイル取得ができる場合も、取得申請を旅行代理店に依頼しなければならない手間もあります。あとは、座席指定はツアーパック購入時に旅行代理店の方が手配してくれますが、あとから変更することが不可能なことも。航空会社から直接航空券を購入しないと座席変更ができない場合もあるようです。

次に、海外航空券+ホテルの弱点ですが・・・

海外航空券+ホテルの弱点

・ホテルへの移動手段は保証されない

良くも悪くも、全て自分が手配する必要があります。ただ、桃園空港から台北市内への移動は、費用を抑えようとするとバス一択。時間帯によっては、バスの利用までに30分~1時間程度必要だったり、移動手段などの乗継に思った以上に時間がかかって疲労感が有ったりするかもしれません。

・ホテルの品質は玉石混交

最近は口コミサイトなどが多くなってきているので、以前ほど困ることはなくなっていますが、実際に泊まってみると「!?」というホテルが有るのも事実。
特に本人が感じる品質と、他人が感じる品質は大きく差があります。海外のホテルであればなおさら重要視されるものが日本とは異なるので、色々と悩むこともあるかと思います。

・旅行手配した情報の管理が手間

窓口が一つではありませんので、航空券、ホテル、移動手段の予約情報、チケットをしっかりと管理する必要があります。特に航空券は、e-チケットでメール送信されてきますので、メール消失がしないように注意する必要があります。ホテルに関しても、しっかりと予約が取れているのかどうかを把握しておかないと、現地で宿泊することが出来ない!という事態に陥ってしまいます。

と、こんな感じです。

正直、どちらを選んでも損はないはずですが、あとは個人個人の趣味と言ったところでしょうか。大手旅行代理店さんであれば、ツアーパック購入時にポイントが付与されたりしますし、海外航空券+ホテルだと、ツアーパックには無いプランを組むことが出来ます。

ぺちおさんは色々と考えたり、組み合わせたりするのが好きなので、海外航空券+ホテルで手配する方が性に合ってますが、旅行を純粋に楽しみたいのであれば、ツアーパックも余計なことを考えないで楽ちんです。

皆様も、今年の年末年始、もし台湾旅行を計画されるのであれば、ツアーパック、海外航空券+ホテルを比較してみてはいかがでしょうか。新しい発見があるかもしれませんよ!

それでは~。

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply