台南 民族路八寶冰・花生仁湯で布丁(プリン)かき氷を食べてまいりました

Pocket
LINEで送る

160502-211614_R

ここ1か月間、試験勉強をしていた試験に合格して安堵しているぺちおです。こんばんは。
まあ、試験に向かうときに、「試験に受かったら台湾旅行!10月!11月!」の賭けをぺちこさんとしたのですが、受かってよかったですわ。
なぜなら、急いでいたので、ぺちこさんの発言を良く聞いてなかったのですが、「試験に落ちたら、今年だけじゃなくて、来年もしばらく禁止!」と言っていた模様。危うい・・・。

さて、ゴールデンウィークの台湾旅行時、台南に滞在した時にプリンかき氷で有名な、民族路八寶冰・花生仁湯でかき氷を食べてまいりました。

お店の所在地はこちら。台南で有名な名所、赤崁樓から近いところにあります。台湾鉄道の台南駅から歩くと徒歩15分~20分くらいかな。

民族路八寶冰・花生仁湯 住所:台南市中西區民族路石精臼市場(民族路上在赤崁樓與西門路圓環中間)

まあ、その日は、朝からレンタルバイクで飛び回って、新化老街や、マンゴーの故郷で有名な玉井市場に行ったわけですが、しかし5月とはいえ台湾は暑い!暑さのせいか、玉井市場では犬がぐったりしていましたわ。

160502-134733_R

ぺちお的台湾七不思議の一つと言えば、どこでも犬が寝転んでいる所。

玉井市場でマンゴーかき氷を食べた後は、旗山老街に向かいましたが、途中でいきなりのスコールに見舞われてしまいましたわ。全身びちょびちょになりながらバイクを運転することになったのは良い体験です。

160502-154852_R

ここまで来るのに15分くらい激しい雨に打たれていましたわ。道路も冠水しているし、色んなところで落雷しているし怖かった!

全身ずぶぬれになりながら、玉井市場から3号線で南下。バナナで有名な旗山老街へは、おおよそ40分~50分ほどで着きました。
旗山老街は、バロック風装飾が綺麗なお店が並んでいたり、大きい公園があったりと良い雰囲気、また、以前は砂糖きび鉄道が走っていた為、その名残で旗山車站があったりします。

20160502-154140-5_R

旗山老街は、素朴な雰囲気がありつつも、非常に活気のある感じでバランスが良かったですなあ。

旗山車站を軽く観光した後は、28号線を通って台南市内に向かいましたが、途中で月世界地景公園を見つけたので寄っちゃいました。月面みたいな山肌が並んでいるのはかなり不思議でしたなあ。

160502-182935_R

まったく予定になかった月世界観光。一見の価値有りですわ。遠いけど。鳥小屋臭いし。

そのあと、39号線を通って、台南市内に戻ってきたぺちこ・ぺちお。ぺちこが行きたがっていた老友小吃店でお食事を済ませた後に、コンビニで買ったお茶を飲みながらまったりしていたところ、ぺちこがスイーツを食べたいと暴れ始めました。
ぺちこの暴走を止めないと旅行が立ち行かなくなるため、事前にぺちこさんが調べておいた、プリンかき氷で有名な地元有名店、民族路八寶冰・花生仁湯に向かいます。

160502-201328_R

塩気+甘味。この組み合わせをしないとぺちこさんの逆鱗に触れます。ああ、恐ろしい。

来たよ~。
相変わらず下手な構図だけど。お店の看板はこんな感じ。
ぺちお・ぺちこはバイクでそのまま来ましたが、辛うじて台南駅から徒歩でも行ける距離(15分~20分)にあります。まあ、バイクか自転車が利用できるのであれば理想的ではある。

160502-213153_R

目立つ看板に見えるが、夜にバイクで通ると見逃す感じ。ぺちおは見逃しました。

お~う。どれも良心的なお値段。さすが地元密着のお店と言ったところなんでしょうか。

160502-213200_R

最近、どの値段が適正なのか分からなくなり始めていますが、10元~50元なら安いのではないかと思います。

お店の中を見るとお客さんでぎっしり・・・。なにやらここは、市場の一角らしく、他にもいろいろなお店が並んでおりました。
しばらく観察していましたが、お客さんの波が引ける様子はなく、待っていてもかき氷は食べられなさそうだったので、行列に並ぶことになりましたわい。まあ、並んだのはぺちこさんですけどね。

160502-214703_R1

店の前のテーブルも、店の中にあるテーブルも満席。ちょうど夕ご飯の時間帯だったので仕方ない・・・。

こちらは注文カウンター。子供達の視線はプルプルしたプリンに注がれております。早く食べたくて仕方ないらしい。
なお、注文カウンターの前は、注文待ちのお客さんでごった返していて、注文が非常にしずらいのですが、気合!で並んで気合!で注文しましょう。

160502-213340_R1

どうやって注文をしたのかぺちこさんが忘れるという失態。まあ、気合を入れればどうにか(ぉい)

台湾の人たちが大好きな豆もたっぷりあります。ぺちこさんも大好き。
確か、八寶冰に入れる具材は選べることが出来たような気がする。分からんけど。

160502-213624_R1

八寶冰って8種類の具材が入っているから、「八」ってわけではなくて、単に具材が何種類か入っていればいいらしいですよ。なので、具材が少ない!き~!とか言わない様にご注意ください。

店内の着席スペースは狭くて収容人数も少ないので、もし持ち帰りが可能であれば、ホテルに持ち帰えって食べた方がいいかも。ぺちお・ぺちこも3分くらい突っ立っていましたわ。

160502-213742_R

派手さが全くない八寶冰。台湾観光初めての人にはお勧めできない・・・。

さて、試食タイムでございます。

うむ、この優しい甘味とプルプルしたプリンがなかなかの相性。団子も適量。スイーツと言った感じではありませんが、おやつや常食に適した懐かしいかき氷。
派手なスイーツかき氷が好みな方には物足りませんが、この素朴な感じは食べていて落ち着きますわい。しかし、懐かしさと現代が融合したこの造形美、崩すのが勿体ないですなあ。

160502-213754_R

店内のテーブルに座ったとき、周りに子供がいたのですが、ぺちこがプリンを持ち上げると凝視してましたわ、プリンを。台湾の子供たちにもプリン大人気らしい。

はい、ご馳走様でした。

懐かしい感じのかき氷を堪能させていただきましたわ。本当にご馳走様でした。
かき氷は具材も含めて、量がそんなに多くないので、少々食べすぎた時でも安心して食べられるかと思いますわ。価格もお手頃ですしね。もし見かけたら食べてみる価値有かと思いますよ。豆好きなら特に。

なお、お店の所在地は台南駅から少し離れている所にあるので、これだけを目的に行かれるのはもったいないかと思います。神農老街や、赤崁樓の観光ついでに行くようにすると良いかもしれません。

それでは~。

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply