チャイナエアラインのダイナスティ・ラウンジ(成田国際空港第二ターミナル)を利用してみた②

Pocket
LINEで送る

この話はチャイナエアラインのダイナスティ・ラウンジ(成田国際空港第二ターミナル)を利用してみた①の続きです。

さて、ビジネスクラスアップグレードなるものを手に入れたぺちお・ぺちこ、諸々の手続きを完了させた後に向かう先には、魅惑のダイナスティ・ラウンジ。
悲劇的な結末を迎えるぺちこ・ぺちおのダイナスティ・ラウンジ物語が本日ようやく明かされる・・・。なんちゃって。

え~、①の時点で、飲食類が置かれているスペースにて、カットフルーツ、おつまみ類が入っているケースを確認したのですが、一方方向の写真だけだと雰囲気がつかみづらいので、飲食類が置かれている一角を、逆方向から写真を撮ってみました。
なんか、お洒落なバーみたいですな。

20160428-114303-1_R

どれにしようか迷う・・・。まあ、そんなに種類はありませんけどね。

カウンターらしき場所には、蒸し器があって、饅頭やシューマイが入っています。

20160428-114501-1_R

侮れない蒸し物。台湾チックな食事をしたい場合は、こちらをお食べになると良いかと思われます。

パン類もあったりする。菓子パンもあるのが嬉しい。
たしかご飯的なものもあったような無いような・・・。

20160428-114454-1_R

パン類は人気なのか、見た時にはほとんどが空状態。出発までに補充されるのだろうか!?

ジャンクな食べ物をお求めな方の期待にもこたえられるように、カップヌードルやどん兵衛、コンビニ的おにぎりも完備。このアンバランス感がいいですな。

20160428-114448-1_R

カップラーメンは、通常パッケージより小さいサイズなので、スープ類の代わりとしてお勧めです。塩気が欲しい方は特に。

お酒類も充実しています。焼酎やワインなども用意されているので、飲んで機内ですぐに寝て台湾に到着!みたいな荒業をこなすことも可能(お酒に弱い人限定)

20160428-114623-0_R

わたしゃ下戸なのでまったく興味はありませんでしたが、ぺちこさんは興味津々でした。

なんかソフトドリンク類よりも種類が豊富な気がするが、まあ航空会社ラウンジを利用する顧客層(主にビジネスマン)のニーズに応えるのであれば、アルコール類は重要ですわ。ちなみにナッツもあります。

20160428-114630-0_R

ぺちこさん曰く「これを飲んで、飛行機でカーッ!と寝れば台湾だね!」とのこと。その前に飛行機酔いを誘発して吐きそうだわ。

強めのアルコール類に限らず、「とりあえず生!」な人向けに一番搾りの生ビールサーバーもあります。こりゃあ酒好きホイホイですわ。

20160428-114637-1_R

たしか、ぺちこさんが「ビールはお酒じゃない」とか言いつつ、一杯だけ飲んでいたような気がするが・・・。気のせいでしょう。

飲食類コーナーはあらかた確認できたので、ラウンジに至るまでのスペースも写真に撮っておきました。こちらは出入り口を撮った写真。左手奥にはファーストクラス用のラウンジがあります。しかし、照明の明るさが落ち着いていて良い感じですなあ。

20160428-120449-0_R

もし宝くじが当たったら一度は乗ってみたいファーストクラス。ビジネスクラスラウンジ利用の人が、ファーストクラス用ラウンジに入ろうとして、スタッフの方に怒られてました。

書籍スペース的な所も通路脇にあったりします。コンセントもあるので、ゆっくりと自分の世界にのめり込みたい方は、こちらのスペースがお勧め。

20160428-120504-1_R

周囲の目が気になる方はこちらでお仕事をされると良いかと思われます。うつ伏せ寝も可能。

受付カウンター近くには、荷物置き場もあります。まあでも、沢山の人でラウンジ内が埋まっていない限りはあまり利用しないかもしれない。

20160428-120521-0_R

人が少ないうちは、手元に荷物があった方が安心ですしね。

さて、ここからが本番(?)です。
どんなに食事が美味しかろうと、お酒が美味しかろうと、これが一番重要。
そう、それは・・・。

トイレ(´ω` )/

それは真理。特に婦女子の方の身に立って考えれば、清潔なトイレ空間は、美味しい食事よりもこだわりたいところ。

では、チャイナエアラインのダイナスティ・ラウンジ内にあるトイレレポートです。

はい、トイレの通路にやってまいりました。わたくしぺちおは男性ですので、左です。
なお、こちらのダイナスティ・ラウンジにあるトイレは、入り口からラウンジルームに至るまでの通路左にあります。

20160428-114706-0_R

もうちょっと大きくても良かったんじゃないかと思うトイレ目印。

うむ。入り口からして非常に厳かな雰囲気。入りましょう・・・。ぎぎ~っ。

20160428-114715-0_R

しっかりとしたつくりの扉。どきどき。

おおう。なんか床が高級チック。トイレにいい香りが立ち込めています。水飛沫一滴すら落ちていない状態。さすがVIPトイレ。

20160428-114741-0_R

トイレの匂いが全くしない。清掃が行き届いております。

入り口付近から撮影してみました。エアータオル完備でございます。洗面台もなんか高そう。
ここの写真だけ見せたら、シャワールームと勘違いしそうですな。

20160428-114756-0_R

ホテルの一室と言われても納得しそうですわ。

さあ、便器様を撮ってみました。芳香剤がある様子。いい香りの元はこれだったか。

20160428-114750-0_R

キレイキレイな便器様。これ重要。和式じゃないのも重要。

こちらは、トイレについているウォシュレットの操作パネルですな。

20160428-114829-0_R

やたらボタンが沢山ある( ・ὢ・ )

操作パネルのボタン類を拡大してみました。これくらいボタンが大きいと操作が楽ですな。
子供や年配の方でも安心して操作が出来ます。壁に設置されているのもポイント高し。
便座横に操作パネルあるモデルだと、少々窮屈だったりするわけですが、細かいところまで気が利いてますなあ。20160428-114952-1_R

唯一いただけなかったのはこちらの洗面台。水流の勢いが強めだと、水が撥ねる撥ねる・・・。水を流しっぱなしにしていると、周りがびちゃびちゃになる感じ。

え?それくらい少し考えて手を洗いなさい?確かにそうかもしれない(○´―`)ゞ ポリポリ

20160428-114731-0_R

勿論、撥ねた水は拭いて、綺麗にしてからトイレを後にしました(・ω・ )

というわけでいかがでしたでしょうか、チャイナエアラインのダイナスティ・ラウンジ。
この時は、2時間近くラウンジルームで過ごしたのですが、搭乗開始まで快適に過ごすことが出来ました。特に静かなのが良かったですね。

空港内は他の公共交通機関の空間と比較して、騒音が気になることは少ないのですが、一度体験してみるとラウンジルーム以上に静かな場所は無いと思ったくらいです。
他にも、プライベート空間が確保できるソファースペースなど、周囲を気にすることなく体を休ませることが出来るというのは魅力でした。

また、ビジネスクラスへのアップグレードキャンペーンやってくれないかなぁ・・・。

それでは!

Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply