チャイナエアラインのダイナスティ・ラウンジ(成田国際空港第二ターミナル)を利用してみた①

Pocket
LINEで送る

160428-113620_R
こんばんは。ほんの少しだけちょんぼをしてしまい、WEBサイトの表示に異常を発生させてしまったぺちおです。まさかあれがあんなことをするなんて・・・!

さて、前回は商務艙(ビジネスクラス)を利用した時の記事を書きましたが、ビジネスクラスを利用する時は、飛行機の座席だけでなく、ラウンジの利用もできるのがメリット。というわけで今回は、成田国際空港第二ターミナルの航空会社ラウンジを利用した時の話です。

ゴールデンウィークの台湾旅行出発日の当日、トランスアジア航空(復興航空)の空港カウンターでビジネスクラスアップグレードなるものを見つけたぺちお・ぺちこ。このチャンスを逃すまいと、アップグレードをしてしまいました。

復興航空(トランスアジア航空)の空港カウンターでアップグレードの申し込みと、手続き完了後、でスタッフの方から渡されたのは、黄金(?)に輝く航空券以外に、ラウンジを利用できるチケット。そういえば、ビジネスクラス以上は航空会社ラウンジが利用できたんでしたね。忘れてた。これはラッキーでございます。

20160428-110333-4_R

この輝く航空券とラウンジチケットを見る機会が今後もあるのだろうか・・・!?

FastTrackを通っての荷物検査場通過など、早速ビジネスクラス利用の恩恵に預かりながら、出国手続きも無事に完了。免税店で目ぼしいものを買った後は、ラウンジに直行です。
なお、利用した航空会社はトランスアジアですが、ラウンジはチャイナエアラインのダイナスティ・ラウンジの様子。

20160428-112640-0_R

貴賓室でございます。名前からしてやんごとなき場所であろうことが分かります。

ダイナスティ・ラウンジの場所は、第2ターミナルの3F 出発ロビー・出国審査場から出て少し歩いたところ、第2ターミナル2階のゲート71付近、3Fからエスカレーターで2Fに降りたところにあります。

20160428-112656-0_R

人を寄せ付けなさそうな場所にひっそりと佇むラウンジ。どんな場所であろうか。

エスカレーターで2Fまですいすい~っと、誰もいない不思議。
通勤時の駅も、これくらい人がいないといいのに・・・。

20160428-112709-0_R

早く休みたいのか駆け足で降りていくぺちこさんを激写でございます。

エスカレーターで3Fから2Fに降りると航空会社ラウンジの案内が柱に張られていました。
エスカレーターの裏手にラウンジがある模様。

20160428-112729-2_R

さあ、ついにやってきたぜ・・・。と言いつつも出国審査エリアからそんなに遠くは無い。

ドキドキしながら後ろに振り替えると見えました、ダイナスティ・ラウンジ。
まさか利用する日がやってくるとは思ってもいなかった。いや本気で。早速突撃しましょう。

160428-113555_R

そういえば、チャイナエアラインの客室乗務員制服変わったんでしたね。

ラウンジ前の自動ドアが空くと、先に受付をされている方たちがいらっしゃいました。
ラウンジ外から覗いたラウンジ内は、落ち着いた感じの灯りで照らされていて静か。
内装設備も豪華にみえます。

20160428-112805-6_R

床がピッカピカ。清潔感バリバリです。

外で胸を高鳴らせていても仕方ないので、ぺちお・ぺちこも先客に続いて入場。
カウンターでチケットを渡して、ラウンジルームに向かいます。

160428-113644_R

通路脇の壁にある装飾も凝っています。ドキドキ。

ラウンジルームに入る前に、ちょっとだけ立ち止まって写真撮影。
豪華な感じ。ワクワクします。なんか分からないけど、高そうな壺も置かれています。

20160428-120533-1_R

壺。やけに輝いている壺。存在感が凄まじい。

ラウンジルーム手前の通路脇には、現在のフライト状況が表示されるディスプレイがありました。今回、台湾に向かう際に利用する便は、PM13:00出発のGE605です。

20160428-120547-1_R

しっかりと出発時間を確認しておかないと、乗り遅れますからね。ラウンジからサテライトの81ゲートまで結構歩くし。

ラウンジルームに入ると、ラウンジルームの一番奥に、外の景色が一望できる大きな窓が広がっている場所を発見。そちらに小走りで向かって着席です。
いやあ、広いなあ。そして静か。流石VIP用ラウンジと言ったところですな。

160428-113836_R

ここだけ時間の流れ方が違うような感じ。許されるならば1日中ここで過ごしたいですわ。

着席した場所から、違う角度からラウンジルーム内を撮影。
良い雰囲気でございます。これなら落ち着いて仕事ができますな。

20160428-113318-5_R

う~む。綺麗。いい経験させてもらってます。

ゆったりと座れるソファーもたくさん完備されていました。これなら搭乗開始時間まで、お茶でも飲みながらまったり過ごせますな。

20160428-122451-1_R

肘掛があるだけでかなり違いますからねえ。うたた寝もできるし。

まあ、ラウンジと言えば無料で食べることが出来る食事。そう、食事です。というわけで、魅惑の食事類を早速ゲットしてきました。いやあ、美味しそう。なお、今回は食事の模様はお送りしませんのであしからず。

20160428-113235-0_R

少々食べすぎの図。でも、朝食を抜いていたから仕方ないのですよ。

では、外の景色を見ながら昼食をいただくことにしましょう。外を見ると、業務用車両などが忙しそうに走り回っていました。折角外の景色が見えるというのに、雨模様だったのが少々残念。しかし、ぺちお・ぺちこが台湾に行くときは、いつも雨が降っている気がする・・・。

20160428-113245-2_R

窓際スペースにはコンセントがあるので、PCを広げての仕事もバッテリーの充電量を気にすることなく作業可能です。

さて、昼食も完了。ぺちこが仕事の続きをしているうちに、ラウンジルーム巡り代行といきますかのぅ。
ラウンジルームの一角には、こんなスペースがありましてね、いわゆる魅惑の飲食類が並べられているコーナーでございます。美味しそうな匂いがほんのりと漂っているのが特徴。

20160428-114223-1_R

一日中ここに入り浸りたいみたいな。食いしん坊必見でございます。

さあ、色々見ていきましょう。
こちらのスペースには、ソフトドリンクや、コーヒーのドリンクメーカーが並んでいます。

20160428-114231-0_R

お茶もコーラもあるよ。コーヒーは確か、エスプレッソ的なものも出来たような気がする。

ドリンクメーカーだけでなく、果汁100%(?)なジュース、トマトジュース、牛乳など生鮮系の飲み物や、カクテルなどのアルコール類が入っているケースもあります。

20160428-114248-1_R

ぺちおは主にトマトジュースを飲んでました。健康の為に。

他にもカットフルーツなど、おつまみ(?)的な食べ物もケース内に存在確認。

20160428-114242-0_R

色々あって目移りしますなあ。というかトマトジュース多すぎ。人気なのか?

この話はまだつづきます

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *