台灣鐵路(台湾鉄道)の時刻表検索・切符オンライン予約と運賃のクレジットカード支払い方法まとめ(時刻表検索編 2017年7月現在)

Pocket
LINEで送る

ここ最近、台灣鐵路(台湾鉄道)の時刻表検索が少々リニューアルされたことで、以前まとめた記事の内容と少々異なる部分も出てきました。

と言うわけで、2017年7月現在の時刻表検索方法と、切符をオンラインで予約する方法、運賃のクレジットカード支払い方法、予約した切符のキャンセル方法をまとめてみました。

以前まとめた記事では、台灣鐵路の日本語サイトでの手順でしたが、たまにサイトの表示が出来なかったり、正常に決済が完了しないという噂を聞きましたので、確実に切符の購入が出来る本家サイトでの手順となっていますのでご了承くださいませ。

なお、すべての手順を1記事にまとめたところ、非常に冗長な記事になってしまったので、時刻表検索、予約決済編、キャンセルの3記事構成にしています。

また、日本語が無いと不安!という方もいらっしゃると思いますが、予約の流れと内容は、日本語サイトと本家サイトで違いはありませんのでご安心ください(慣れれば大丈夫ですよ、慣れれば・・・)


ちなみに台灣鐵路の日本語サイトが正常に表示されない事象ってどおいうこと?
という話ですが、検索エンジンからリンクを辿ったときに多く見かけまして、ごく稀に以下のような表示がされてしまいます。リロードしてしまえば解決する話ではありますが・・・。

システム的な負荷でも生じているのか、それとも参照元情報に認識できない文字列でも含まれるのか分からんが、正常に処理できるリクエストが影響で表示できないようですなあ・・・。


台灣鐵路(台湾鉄道)サイトで時刻表を検索する

では、本家サイトで提供されている時刻表の検索機能を使用して、予約をしたい列車情報を表示させていきます。


まずは、台灣鐵路(台湾鉄道)のWEBサイトを表示します。


時刻表の検索は、ページ内にある列車時刻查詢(列車時刻検索)から出来ます。「列車時刻查詢(列車時刻検索)」を選択して、次に進みましょう。


列車時刻查詢系統(列車時刻検索システム)が表示されました。

表示されている内容を解説していきます。

起程站は、出発駅を示します。到達站は、到着駅です。
起程站、到達站ともに、區域(地域)、車站(駅)を指定する必要があります。
代表的な駅(台北、台南、高雄、宜蘭等の一等駅)は、ドロップダウンメニューの右にあるラジオボタンから選択することもできます。
代表的ではない駅は、ドロップダウンメニューで區域(地域)を選んだ後に、地域内の車站(駅)を選択してください。

車種は、列車種別を示します。
所有車種はすべての列車、對號列車は座席指定を必要とする列車非對號列車は座席指定を必要としない列車のことです。

座席指定を必要とする列車は、自強号、莒光号、復興号、環島之星があります。
自強号は特急相当の列車となっており、普悠瑪号、太魯閣号も含まれます。
莒光号は、急行相当の列車。復興号は準急相当の列車となっています。
観光列車として、環島之星という列車種別もありますが、一般的な観光客の方が利用することは無いかと思われます。
また、無座票(立ち席)を利用する場合や特例を除いて、座席指定の切符購入が必須です。
*無座票(立ち席)を利用した場合、座席が空いているときは座ることは可能ですが、該当の座席を予約している方が来た場合は、席を譲る必要があります。
また、無座票(立ち席)を利用しての立ち席乗車は、自強号、莒光号、復興号では可能ですが、普悠瑪号、太魯閣号、環島之星は、不可能となっています。

座席指定を必要としない列車は、
區間車(区間列車)、普通車(普通列車)区間快車(区間快速列車)、普快車(快速列車)があり、座席指定の切符を購入する必要が無く、您遊卡を使用した上下車が可能です。

日期和時間は、見たままですが、乗車日を指定できるカレンダーです。
乗車日はここを選択すると、画面右下部の日期が切り替わります。

乗車時間はドロップダウンメニューから1時間帯単位で選びます。

出發(出発)、到達(到着)は、出発する列車情報を検索するか、到着する列車情報を検索するかを指定します。よほどの鉄道好きでなければ、出発を起点に考えた方が迷わないと思います。


今回は7月23日に台南から台北に向かう座席指定が必要な列車情報を検索したいので、以下のように情報を変更して検索しました。

①起程站(出発駅)を薹南(台南)

②到達站(到着駅)を薹北(台北)

③車種を對號列車

④検索対象日を7月23日に指定。

⑤検索対象時間(0:00~23:59)に出発する列車

⑥意図した検索条件になっていることを確認したら、
「查詢(検索)」ボタンを押します。


7月23日(0:00~23:59)に出発する座席指定が必要な列車の検索結果が表示されました。

検索結果の表示内容を解説します。

車種:特急、急行などの車両種別を示します

車次:日本の列車で言う、~号、~便のことです。

経由:列車が通る運行経路を示します。
台北駅から彰化駅までにある駅、竹南駅からは二つの経路が存在しており、竹南駅から彰化駅までの経路で、海側の路線を走る列車は海と記載され、山と記載されている列車は、山側を走る路線(通称:台中線)を通ります。なお、経由する経路によって運行距離が少々違うため、行き先が同じでも到達時間が変わります。

發車站・終點站:
発車駅と終点駅のことです。

開車時間:列車の台南駅を発車する時間です。

到達時間:列車が台北駅に到着する時間です。

行駛時間:発車駅から到着駅に到着するまでの所要時間です。

備註:日本語で言う備考です。その列車が週に何日運行している、その列車が最終到達駅に到着する時には次の日になっているなどの情報が記載されています。今回の検索結果には、110次の普悠瑪の備考に西線普悠瑪不發售團體票(西部幹線*台北~高雄間要するに台湾西側を運行する路線の普悠瑪は、団体切符は販売していない)と記載があり、団体での切符は購入できないということです。

票價:列車の乗車に必要な切符の値段です。
この例では、台南駅から台北駅までの料金となります。

訂票:オンライン予約が可能な列車であれば、この列に座席シートの画像があります。


なお、検索結果には特徴がありまして、長距離区間の検索時、検索結果に優等列車以外の情報が表示されません。これは、長距離区間を直通する區間車(区間列車)、普通列車が存在しないためです。そのため、表示されないからおかしいんじゃないか?と思わなくても大丈夫です。
とはいえ、台南から台北までのような長距離区間を、區間車等の鈍行列車で向かいたいと考える酔狂な方はいないと思いますが・・・。

下記に例を挙げておきます。
中距離区間の移動になる台北→彰化の検索時、検索車種に所有車種(すべての列車種別)を指定した時は、區間車(区間列車)、普通車(普通列車)区間快車(区間快速列車)、普快車(快速列車)の情報が含まれます。
理由は上記にあるように、台北→彰化を直通する區間車等の一般列車が運行しているためです。

■台北→彰化の検索条件

■台北→彰化の検索結果

長距離区間の移動になる台南→台北の検索時、検索車種に所有車種(すべての列車種別)を指定した時は、區間車(区間列車)、普通車(普通列車)区間快車(区間快速列車)、普快車(快速列車)の情報は含まれません。
理由は上記にあるように、台南→台北を直通する區間車等の一般列車が運行していないためです。

■台南→台北の検索条件

■台南→台北の検索結果


本家サイトは日本語でも時刻表検索が可能

色々と機能改善がされている列車時刻查詢系統(列車時刻検索システム)ですが、実は日本語で時刻表検索が出来るようになったようです。


列車時刻查詢系統(列車時刻検索システム)の画面右上を見てみると、日本語と言う文字列が確認できます。これを選択してみましょう。


あら、表示が日本語に・・・。


早速時刻表検索をしてみます。
7月23日の台南から台北までの移動で、座席指定の必要な車種を表示させるで検索と・・・。


お~、日本語表示です!備考には、毎日運転とか書かれています!


これは、日本語で予約が完結するのではと淡い期待をいただきつつ、
予約列の座席シートを選択!


じゃ~ん。真っ白。/(^o^)\ナンテコッタイ
*何もないように見えますが、この下に真っ白画像があります。


実は理由がありまして、時刻表検索ページを日本語に変更したとき、アドレスバーを見ると、ドメイン名ではなくIPアドレス表記のアドレスになっているんですよね(引数に予約データがパラメータとして付与されているので、薹灣鐵路網路訂票(台湾鉄道予約システム)に要求が引き渡されることを意図はしている模様)
技術的な解説は省きますが、まだまだテスト運用といったところなんでしょう・・・(それはそれでやり方あるだろ!というツッコミはあえてしない)

こんな感じで、色々と取り組みがされているようなので、本家サイトで時刻表検索からの予約をすべて日本語で操作できるようになる可能性は大。もうしばらく生暖かい目で見守ろうと思います。


まあ、日本語での時刻表検索時、列車番号等を表示させることは出来るので、検索を日本語画面で操作した後に、薹灣鐵路網路訂票(台湾鉄道予約システム)で予約をしても良いかもしれません(左メニューに切符予約ページに移動するボタンもあるし)

本家サイトの時刻表検索機能は日々進化している

ちなみに日本語時刻表検索ページにある「路線図から検索」は、地図を表示しながらマウス操作で駅を選びつつ時刻表検索が出来ます。

なかなか秀逸なつくりになっており、駅の順番を知らない方や、地理感が無い方でも検索が容易に感じました。ぜひお試しください。


他にも、時刻表検索結果で表示される列車番号を選択すると・・・


こんな感じで途中駅ごとの到達時間も表示されたりします。以前は無かった機能なので(ぺちおが気づかなかっただけ・・・?)、色々と改善されているようですよ!


次の記事、台灣鐵路(台湾鉄道)の時刻表検索・切符オンライン予約と運賃のクレジットカード支払い方法まとめ(予約・決済編 2017年7月現在)で列車の切符の予約と、クレジットカード決済をしていきます。

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *