高雄のカインドネス ホテル(康橋商旅 – 中山八德館)を利用してみた

Pocket
LINEで送る

160925-102224_r

こんにちは、ぺちおです。いやあ、9月の台風ラッシュは凄かったですね。
運よく、台湾旅行時は台風に遭遇することも無く、全日晴天!
2013年以来の夏まっしぐら台湾を味わってしまいました。
まあ、所々で台風の通り過ぎた光景を目の当たりにしましたけどね・・・。

さて、2016年9月の台湾旅行は、台南・高雄の旅でしたので、その際に利用したホテルをご紹介しようと思います。

今回の旅行は、ぺちお・ぺちこ以外にも台湾初めての同行者がいる兼ね合いで、台湾が初めての方でも安心して利用できるホテルに宿泊することにしました。

というわけで、台湾初心者が安心して宿泊でき、満足度が高いホテルをぺちおが考慮に考慮を重ねて、高雄宿泊時に利用することを決めたのは・・・。

カインドネス ホテル(康橋商旅 – 中山八德館)

まあ、ゴールデンウィーク時に利用した、カインドネス ホテル(康橋商旅 高雄中正館 )で快適に過ごすことが出来たので、同系列のホテルを利用しようと思っただけなんですけどね。

ちなみに所在地はこちら、
高雄駅から徒歩3分~5分の場所にあるという、素敵な立地にホテルがあります。

カインドネス ホテル(康橋商旅 – 中山八德館) 住所:高雄市新興區中山一路289號

さて、このホテルを選んだ理由ですが、こんな感じです。

・高雄駅から徒歩5分圏内で、近隣に商業施設が充実している。
・自転車を無料で借りることが出来る。
・24時間、レストランで食事をすることが出来る。そしてツインルームがある。

高雄駅から徒歩5分圏内で、近隣に商業施設が充実している

個人的見解になりますが、駅から近いのは最重要事項です。スーツケースをごろごろしながら、延々と歩くのはかなり苦痛だったりします。なので、駅近であることは、ホテルを選択する時の重要事項だったりします。
また、駅の周りには商業施設が充実していることが多いので、ちょっとした買い物、飲食が気軽に便利です。
また、こちらのホテルの目の前には、生活日用品が豊富な品揃えで見ているだけで楽しい、「光南大批發(高雄中山店)」がある上に、徒歩5分くらいの場所にぺちお・ぺちこ大好きな、「小北百貨」もあったりします。
雑貨品店が近隣にあると、空いた時間を活用して、お土産購入も気軽にできるのが利点なので、こちらもホテル選定時の重要なポイントです。
なお、問屋街で有名な、三鳳中街に徒歩10分~15分程度で行くことも可能なので、卸価格に近いお茶やお土産を購入することも出来たりします。

160922-163433_r

とにかく高雄駅から近い。そしてホテルは大通り沿いに面しているところにあるので、迷わず見つけることが出来ます。

光南大批發(高雄中山店)が横断歩道を渡ってすぐのところにあるので、雑貨品の購入は非常に楽にできます。コスメ類も充実しているので、女子の暇つぶしショッピングにいいかも。

160925-101810_r

なかなかいい品揃えの光南大批發。24時間営業ではないのは残念ですが。

ホテルから歩いて15分程度の所にある「三鳳中街商店街」。問屋街なので、お茶やお土産類を安く買いたいときに寄ると良いかと思います。

160925-170544_r

価格が安いかどうかはともかくとして、様々や問屋が並んでいる商店街。台北の迪化街より庶民的なお店が多いのが特徴。お店の数も多いです。

ホテルは大通りに面していて、夜にホテルまで歩く場合も怖さは感じません。

160925-090920_r

深夜帯もそれなりに明るい道なので、女子の方が歩いてもまあまあ安心かと。

自転車を無料で借りることが出来る

とある記事でも書きましたが、高雄にも公共自転車レンタルサービス(C-bike)があります。
ただ、別途費用が掛かる上に、手続きが分かりにくかったりするのも事実。
特にトラブル発生時(自転車紛失、故障など)は、現地言語でやり取りをする必要があるので、C-bikeの利用に二の足を踏む方も多いのではないでしょうか。
でも、こちらのホテルであれば特別な費用を必要とせずに、自転車をレンタルして観光に活用することが可能だったりします。高雄であれば、歩道が広いことが多く、自転車専用道路も整備されているので、自転車での移動が安心。
そして、公共自転車レンタルサービスで借りることが出来る自転車よりも整備状態が良いため、安心して乗ることが出来ます。

160925-101915_r

他の系列店よりは少ない自転車。まあ、狭い場所にあるので仕方ない。でも、ぺちお達以外で利用している人は見かけなかった・・・。

ホテルから、徒歩で行くには少々遠い六合夜市ですが、自転車ならすい~っと大通り沿いを南に進むと、5分程度で到着です。

160924-221533_r

高雄駅からMRTに乗って、美麗島駅で降りてから行ってもいいんですが、駅構内の移動だけでかなりの時間を必要とするので、自転車の方が正直速い。

「三鳳中街商店街」は、かなり大きな包装(内容量も多い)のものが売られているので、徒歩で来た場合に買い物できる量が制限されます。自転車ならかごに入れて持ち帰ることが出来るので安心です。

160925-165106_r

観光向けというより、家庭向けの商品が大半のこちらの商店街。どれもかなりのボリューム。ぎっしり詰まった中身を見てるだけで楽しめます。

自転車は、ホテルカウンターで借りる旨を伝えると借りることが出来ます。借りる際は、お決まりですが、使用上の注意や約束を読んだ上で、許諾書にサインして借ります。

160924-212220_r

デポジット無しで借りることが出来ます。かといって変な乗り方をして壊してはいけません。

24時間、レストランで食事をすることが出来る。そしてツインルームがある

カインドネスホテルの系列店という事で、ホテル1階にあるレストランでは、朝食時間以外でも食事をすることが出来ます。無料でアイスやらコーヒーを楽しめるという大盤振る舞い。
そしてアイスの種類も豊富で、ぺちお・ぺちこは度々アイスクリームを頬張っていました。
また、今回の旅行は、ぺちお・ぺちこ以外に同行者が二人いたため、お互いの睡眠を阻害しないためにツインルームが用意されている宿泊施設を選定する必要がありました。
なお、高雄駅近くにカインドネス系列のホテルはいくつかあるのですが、ツインルームが用意されているカインドネスは、中山八德館だけ!(確かそのはず・・・)
まあ、同行者に限らず、ぺちお・ぺちこも疲れているときは、ベッドが分かれている方が都合が良いという事もあって、ツインルームが用意されている、中山八德館に宿泊することになったわけです。

160925-003729_r

相変わらず、カップぎっしりに詰められたアイスクリーム。色んな味が楽しめるのもうれしい。

レストラン併設のカフェ。やたら美味しそうなものが並んでいたのが非常に印象的。

160925-102224_r

このぺちお・ぺちこを寄せ付けないお洒落な感じが非常に眩しく見えます。

こちらは4人部屋(デラックスルーム)。同行者2人はこちらに泊まりました。
部屋の価格は高めになりますが、これくらいベッドが広いと、大の字になって寝ることが出来るので、体がかなり楽ですね。

160924-181834_r

ダブルベッドx2なので、4人で借りると微妙ではある。2人で借りるべきか!?

こちらは2人部屋用のツインルーム。非常にコンパクトに見えますが、クローゼットが別に用意されているので、狭さはあまり感じません。

160924-182041_r

足元の空間は案外余裕が有ります。まあでも、75L~のスーツケースを2個広げて、荷物の整理をするには、少々狭く感じるかも。

宿泊した部屋の設備を簡単にご紹介

さて、期待の部屋の内装等、設備をご紹介していきます。

こちらは、ウェルカムウォーターや、ポット、カップ類が置かれている場所です。
なんというか美しい・・・。しっかりと置き場所が決まっているのは助かりますね。
そしてカインドネスホテルで宿泊できる部屋は、電源コンセントが多く設置されています。
旅行中は、デジタルカメラや、携帯電話、携帯バッテリーなど、充電しなければならない物品が多いので、コンセントが多いといっぺんに充電が完了するのが便利です。

160924-181815_r

お湯沸し器があるのはポイント高し。たまに無いホテルもありますからね・・・。

こちらはコインランドリーです。中山八德館では、ビルの8Fにありました。
乾燥機、洗濯機ともに無料で利用が可能。そして、洗剤、柔軟剤も無料という恐ろしい状態。
コインランドリーがホテルに設置されていると、旅行に持っていく着替えが少なくても済むので、荷物が少なく済みます。そして、深夜帯に利用が出来ないホテルも多い中、中山八德館のコインランドリーは24時間の間、利用することが出来ます。
洗濯が必要な場合でも、利用時間が限定されないので、観光に割く時間を最大限にできます。

160924-192934_r

コインランドリーが無いと思っていたので、今回一番の誤算でした。

うってかわってこちらは、洗面室+シャワールーム。あえて言うまでもなく清潔感に溢れています。紙はトイレに流せませんけどね。でも、シャワールームとトイレがガラスでしっかりと分離されているのはポイント高し。シャワーカーテンだけだと、トイレ側に水が跳ねて、床が水浸しになってしまうこともありますので・・・。細かいことですが、居住性が高いつくりになっています。透明なガラスなので、シャワー室からトイレが丸見えなのは、友人同士での旅行時には気を遣うかもしれませんがね。

160924-182144_r

友人同士だと、トイレとシャワーを同時利用するのは恥ずかしいところですな。

で、こちらがシャンプー、ボディシャンプーが充実しているシャワーヘッド近くの写真です。
男性用、女性用が用意されているという徹底っぷり。しかも、置かれているのは、高級無患子シャンプー・ボディシャンプー。5月のゴールデンウィーク時も感動しましたが、無患子の爽やかな香りは、汗臭くなる夏の台湾旅行には欠かせません。ちなみにシャワーの流れ方も複数種類ありまして、気持ち良くシャワーを浴びることが出来ます。

160924-181954_r

今回は高層階への宿泊でしたが、水の勢いが強く、快適でした。

無料で使用できる施設や、貸し出しサービスもこんなにたっぷり。日本語で書いてあるのも助かりますね!

160925-001958_r

さて、部屋の紹介はあらかた終わりましたので、次は食べるのが大好きな方にはたまらない、お食事関係の紹介です。

朝の食事は、1Fのカフェが併設されているレストランでおこないます。非常に綺麗に陳列された総菜類に圧倒されること間違いなし。飲み物も投入、コーヒー、スープ類があって、好みに応じた朝食をとることが可能。朝はパンに限る!と言ったパン党の方も安心な、パン焼き器もあります。

160926-084651_r

やっぱ朝は豆乳だよね~。胃が荒れていても、豆乳だけは飲めるもんです。不思議。

お粥もあります。そして目移りするくらいのお惣菜類。どれを食べようか迷いますね!

160926-084458_r

全部美味しそう!でも、ここで食べてしまうと外での食事が楽しめない可能性も・・・。どうしたらいいんだ!

コーヒー牛乳やら、なんやらもあったりします。付け合わせてきな胡麻などもあったりと、朝食とは思えない豪華さ。こんなに充実していると、朝から食べすぎてしまいますね。

160926-084558_r

色々なトッピングを楽しめるのも素敵。なお、あまりにもトッピングしすぎてしまうと、不憫な創作料理になってしまうので注意しましょう。

お惣菜類だけでなく、フルーツやデザートも用意されています。ちょっと胃もたれしているので、朝から食事はちょっと・・・といった方でも安心。あっさりとしたフルーツやデザートで体力を回復させて観光を頑張ることが出来ます。

160926-084631_r

お勧めは、パッションフルーツ。酸っぱさで目が覚めます。時期によって、ここにあるフルーツは変わるはず。冬なら蓮霧とかが並ぶでしょうな。

ぺちお・ぺちこが2~3回食べたお惣菜のお姿。彩鮮やかで食欲を誘います。系列店に比べると、少々種類が少ないという話もありますが、料理のクオリティが高いので、種類の少なさは全く気になりません。個人的にはですけど。

160926-084546_r

豚肉が柔らかく煮込まれており、味が良く染みていて非常に美味。そしてぺちお的にヒットしたのは、チーズが包まれている玉子焼きでした。

他にも、レストランに併設されているカフェで何かを注文すると、他にもおまけでもう一つもらえる件を宿泊時にもらえたり。

160925-102616_r

まあ、利用するのを忘れていましたけどね。無料のアイスクリームを食べてしまい、満足して部屋に戻ってしまっていたので・・・。

特定の時間帯にデザートと交換できる券をもらえたりと、大盤振る舞いです。

160925-102551_r

夜9:00~夜11:00に利用できる券だった模様。まあ、そおいった時間は夜市に出かけたりすることが多かったので、例によって利用できず。悔しい・・・。

というわけで、カインドネス ホテル(康橋商旅 中山八德館)を早足でご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

とにかく駅から近いホテル!をご希望の場合は、こちらのホテルは安心して利用できるところにあります。自転車を借りることもできますし、スタッフの方が非常に親切です。無料でコインランドリーを利用できるのもポイントが高い。
ホテルの設備に清潔感があるというのも重要。宿泊料金は、高雄の相場からすると、なかなか良い値段ではありますが、夜市にすぐに行きたい!24時間スーパーにすぐに行きたい!飲食店が多いのがいい!といったような要望がある場合は、このホテルを検討する価値が十分あるかと思われます。
まあ、他の系列店も中山八德館と同様にサービスが充実しているので、ここを選ぶ時はツインルームを必要とするときくらいかとは思いますけどね。

それでは~!

Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply