台中 剛好冰果室で火龍果多多と招牌西瓜雪花を食べてみた

Pocket
LINEで送る

最近はマンゴーよりもドラゴンフルーツ押し。
食の好みが中年まっしぐら、絶賛老化中のぺちおです。こんにちは。
見た目も美しいドラゴンフルーツ果実、実は果肉の色の種類が赤と白だけでなく、ピンク色、半透明白色ものがあり、それぞれ食べ口が異なるらしいです。
台湾で見たことがあるのは、赤と白ですが、他の色のものも堪能したいところですなあ。

この記事は、9月に行った台湾台中旅行時の話です。

9月の台中旅行は、某航空会社羽田便を利用して台湾に向かうことになっておりましたが、この航空会社羽田便を利用する場合の弱点が出発時間。

公共交通機関を利用して羽田空港に行った場合、AM3:00頃までチェックインが出来ないので暇を持て余してしまいます。何をする当てもなく空港内で待機するのは、なかなかの苦行なのですよ・・・。
なんてことを言いながらも、LCCという事もあって航空券代はお手頃価格ですし、台湾滞在時間が非常に多くなるのでついつい利用してしまうわけですがね・・・。

なお、出発日のこの日も、ぺちコンビの旅らしくトラブル続き。なぜか品川でカーシェアを借りて家まで戻る羽目になった記憶があります。
そしてなぜか、品川からタクシーで羽田空港に向かうことになったのは、未だに語り草。

旅行費用を抑えたつもりがまさかの伏兵でした・・・。忘れ物大敵です・・・。

深夜の羽田空港から台湾桃園空港まで向かうのも何度目か・・・。以前と比べて辛くなってきたのは年齢を重ねたからでしょう・・・。

台湾みたいにバスが24時間運行ならと思ってしまう。

今思うと、辛い辛い、眠い眠いと言いながらも、出入国管理エリアを抜けた後に六厘舎でラーメンを食べるという愚挙は、波乱の台湾旅行の始まりを予感していたのかもしれない。

出国エリア内の食事にしては良心的な価格。そして美味しい。早朝に食べる物でもないが。

何て言いながらも台湾台中に到着。
例によってバスカウンターで一悶着あったのは置いといて、台中駅前の目の前に広がる広大な広場を見て驚きました。
でも、広場に敷き詰められた敷石は綺麗に見えますが、太陽光がもろに反射されるので危険。
「お肌を焼くなんて言語道断!」と言う方は注意が必要です。

綺麗だけど、眩しすぎて網膜やられるわ!

燦々と降り注ぐ太陽光に辟易としながらも台中で宿泊するホテルの場所も確保。
準備は整った・・・。台湾旅行開始だぜ!

ぺちコンビにしては高級だったホテル。良い設備で快適に過ごせました。

さて、台中駅周辺で色々と食べ歩いたのは置いといて、この日最後の食事となるべくスイーツを食べに、こちらのお店にやってきました。

台中中心部からは少しだけ離れた場所にあるお店です。

剛好冰果室の最寄り駅は、台湾鉄道の太原駅。駅から徒歩3分から5分程度の場所にお店があります。なお、Goo〇leの口コミ件数が1000件を超えており、評価も概ね高めですが、物好きな観光客じゃないとこっち方面に来ないだろうという気がしないでもない。

食べに行っている人は多い様子。そして、ガイドブックに掲載されているのかも!?

外から見たお店の様子はこんな感じ。レトロで落ち着いた雰囲気でお洒落な感じです。

照明が明るめの店内で入店しやすそう。

店頭には商品一覧が掲載されておりまして、商品名も興味を引きそうなものが並んでいます。
宇治金時白玉とか、鳳梨QQとか、QQ甘味党ぺちコンビも興味津々。胃袋が10個あったら右から全部をお願いしますをやってみたいところ。

台湾に通うこと数年。字面だけでどんなものか分かるようになりました。継続は力なり。

注文は、お店に入ってすぐ右手にあるカウンターで行います。日本語メニューという親切なものは無さそうなので精一杯頑張りましょう。

日本語メニューあったかもしれないが今となっては分からん!

そして、注文後しばらくして届いたのがこちら・・・。

ド―――(゚д゚)―――ン!

いやはや・・・、台中滞在初日からこれとは幸先が良い・・・。
圧倒的具材・・・!!!

確か招牌西瓜雪花。超絶盛りです。

火龍果多多も到着しまして、こちらも圧倒される盛り。
かき氷・・・、ドラゴンフルーツ・・・、パイナップル・・・。
圧倒的垂涎!!!

皿が運ばれてきたときに、ついつい感嘆の声を上げてしまったくらいの美しさ。

あまりにも盛りが美しいので違う角度からも撮影してしまいましたよ・・・。
う~む、なんかさっきより高さが無くなっている気がしないでもないが・・・。
ってぺちこさん!撮影が終わるまでは食べないでください!

人がシャッターを切っている合間に食べるんじゃない!

火龍果多多も別角度からパシャリ。やばいよやばいよ!氷が真っ赤だよ!
これは氷自体にドラゴンフルーツ果汁が含まれているよ!

食べるのが勿体ないと思ってしまうほど、息を呑むほどの造形でございます。

かき氷に手を出すことを躊躇するような美しい造形。
見るものを圧倒する比類なき盛り。前人未踏のかき氷は台中に存在したのか・・・!!!
迫りくるかき氷から上り立つスイーツオーラに阻まれて動けない!
動けない・・・、ただ、ただ動けない・・・、至福の傍観っ・・・・・!!!


だめだ・・・、このままじゃだめだ・・・。

現実・・・、現実に立ち向かうんだ・・・!

というわけでいただきます♡

カ〇ジっぽい前振りは不要だったのでは・・・というツッコミはさておいて。

!!

うむ・・・、これぞ王道
皿の中に散りばめられたフルーツは、芭樂(グァバ)、鳳梨(パイナップル)、西瓜(スイカ)、香蕉(バナナ)、火龍果(ドラゴンフルーツ)、木瓜(パパイヤ)と多岐にわたっております。水果冰の八寶冰と言っても過言ではないラインナップ。
他には、情人果冰淇淋(青パパイヤアイス)、珍珠(大粒のタピオカ)が脇を埋めておりまして、マンゴーソースが雪花冰(ふわふわかき氷)に掛けられております。

もう語る必要は無いでしょう。

神はおれに運を与えた・・・。
我が生涯に 一片の悔いなし!!!

台湾フルーツかき氷の芸術、ここに極まる・・・・・。

お次は、火龍果多多です。
ドラゴンフルーツは、赤い果肉、白い果肉のどちらも盛られていて、憎い演出。
お皿の上には神の庭園と見まがうばかりの美しい花園が広がっています。
では、いただきましょう・・・。

食べちゃいますよ~?

!!!

あ~、たまらんわあ・・・。
これは覇道だ!

なんとも挑戦的なかき氷。
氷の中から溢れ出るドラゴンフルーツの爽やかな香りと口にした時に感じられるほのかな酸味が清涼感を強く感じさせてくれます。

また、パイナップル、パイナップルの漬物(おばあちゃん家の味的なやつ)がアクセントになっており、ドラゴンフルーツ一辺倒ではないところが小憎らしい。
赤と白のドラゴンフルーツ、味わいの異なる果肉のどちらも味わえるのも嬉しい・・・。

とにかく、
ドラゴンフルーツ、ドラゴンフルーツ、ドラゴンフルーツ、!!!

これはまさに・・・、
ドラゴンフルーツの失楽園・・・!!!

このかき氷を食べたらエデンの園を追放されること間違いなし。
珠玉の皿とはまさにこのこと。美味しい!

胃もたれだろうが、膨満感だろうが、この皿の前にはひれ伏すであろう・・・。

ちなみに、火龍果多多にはこちらの情人果冰淇淋(青パパイヤアイス)がついていまして、甘さに飽きたら酸味でリセット!と言うような芸当も可能。なんて気の利いたスイーツセットなんでしょうか・・・。

これまた美味しい情人果冰淇淋。酸味と風味のバランスが非常に良い。

大満足でした!

火龍果多多と招牌西瓜雪花、どちらも大満足。
剛好冰果室のスイーツかき氷は、夢と希望に溢れております。
贅沢に色々な果物を楽しみたいなら、招牌西瓜雪花。
美容と健康を極めたいのなら、火龍果多多と言ったところでしょうか。
どちらを選んでも損はありませんがね!

それでは!

剛好冰果室 住所:台中市北屯區昌平路一段31號

Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.