興中観光夜市へ数分で行ける「カインドネスホテル(康橋商旅-三多商圈館)」に宿泊してみた

ホテル

ツインルームの内装

次に今回宿泊したツインルームに突撃していきます。

カインドネスホテルらしく、ロビーから部屋に至るまでの内装はシンプルにまとめられており、部屋自体も落ち着いた雰囲気。廊下の床は絨毯が敷かれていて、廊下を歩く足音は控え目に聞こえます。

 

部屋の広さは、狭くもなく広くもなくと言ったところですが、大きな体格の人だと狭く感じる箇所があります。

 

ベッドの周辺環境

コンパクトに見える家具類は、理路整然とした配置で清潔感を感じます。
ベッドは、シングルサイズのベッドが2基置かれていて、ワーキングデスクとスツールソファが置かれているスペースは広くとられています。
またTV台は、荷物を広げて置いても大丈夫なくらい、見た目以上に奥行きがあります。

 

ベッド横の机の上は、電話機とテレビのリモコンが置かれており、壁には照明用のスイッチが配置されています。
なお、TV台の下に替えの枕と室内用スリッパが収納されているので、必要時応じて履き替えると良いかと。

 

シャワー室等の給水設備

次にシャワー室等の給水設備です。

シャワールームとトイレは同室で、引き戸付の仕切りで区切られているタイプ。
洗面台周りは綺麗に整理されており、鏡横の棚にコップと歯磨き等のアメニティ類が配置されています。
細かいところでは、手洗い用のハンドソープと乳液が用意されているのが嬉しい所。石鹸よりも清潔感があるので助かります。

 

トイレはウォシュレット付きで持病持ちの方も安心。しかし、トイレに紙は流せませんので、使用済みの紙は備え付けの紙入れに捨てましょう。

 

シャワールームを見ていきましょう。

男性用女性用別々に用意されているボディソープやシャンプー以外に、台湾では珍しくリンス(コンディショナー)も用意されています。

シャワーは、水量、水はけともに水準以上。長い時間シャワーを浴びていても、水があふれ出てくることはありません。

シャワーヘッドは、横から全身にシャワーをかけるタイプ、頭上から集中的にシャワーをかけるタイプ、通常のシャワーヘッドを使用したシャワーの3種類を使用でき、好みに応じて種類を変えられます。

なお、ユニットバスが設置されているのが三多商圈館の大きな特色です。
今まで、中山八德館、六合夜市中正館、後驛九如館といった系列店も利用してきましたが、ユニットバスが設置されていたのは三多商圈館だけでした。

 

ホテル
この記事を書いた人
ぺちお

今年で台湾渡航22回くらいのおっさん。
台湾の道路で無駄にバイクチキンレースを挑むのが最近の流行。
年をとって食べられる量が少なくなったことを実感中です。

ぺちおをフォローする
好吃台湾~はおちーたいわん~

コメント