林百貨で玫開四度食用玫瑰園の香り高い深紅のバラジャムを買ってみた

お土産

ども、ぺちお(@hao2taiwan)です。
台湾で買ってきたお土産を日本で堪能するシリーズの勢いだけでどうにかしてみた記事です。

林百貨で玫開四度食用玫瑰園の香り高い深紅のバラジャムを買ってみた

2019年10月の台湾旅行時に、台南の観光スポットとして有名な林百貨lín bǎi huòの1階で玫開四度食用玫瑰園(LOHAS ROSE)の香り高い深紅のバラジャム(玫瑰花瓣醬)をお土産に買ってきました。

台南駅から林百貨への行き方

台南駅目の前のロータリーから西南西方面へ伸びている台20線をまっすぐ進んでいき、圓環を過ぎて少し歩いた所に林百貨がありますが、距離的にはタクシーかレンタル自転車で向かうのが無難です。
なお、レンタル自転車を台南駅近くで借りる場合は、台南駅前にあるT-Bikeステーション(T-Bike 台南火車站前站)で自転車を借りると良いでしょう。

 

林百貨 住所:台南市中西區忠義路二段63號

 

玫開四度食用玫瑰園について

玫開四度食用玫瑰園は、あるご夫妻が故郷である南投埔里でバラを食材として使用したレストランを開く際、安全に食べることができるバラが見つからなかったためにご夫妻自身が作ったバラ農園の名前です。
しかし、バラ農園を作ったとはいえ、農業経験が全くなかったので軌道に乗るまでは非常に大変な苦労をされたとのこと。そして、食用バラの栽培に成功した後にメディアで紹介されはじめて商品認知度が向上してはいるけども、生産量が限られているので供給が不足しており利益にはなかなか結び付いていないそうです。
ちなみに経営されている農園で、1年の間にバラが4回咲くことが農園の名前の由来なのだとか。玫(バラ)開四度、なるほど・・・。

林百貨以外で玫開四度食用玫瑰園の商品を購入できる店舗情報が無く、もし目にすることができるとしたら農民市集(ファーマーズマーケット)だけのようです。
また、玫開四度食用玫瑰園の商品は、玫開四度食用玫瑰園訂購產品で購入することが可能ですが、商品の海外発送に対応していないため、発送先に指定できるのは台湾国内のみとなっています。

 

玫開四度食用玫瑰園 住所:南投縣埔里鎮內埔路2-2號付近

 

香り高い深紅のバラジャムを食べてみた

場所は変わって日本。
台湾旅行から帰ってきたぺちコンビがお土産として買ってきたバラジャム(玫瑰花瓣醬)と対面するときがやって来ました。

玫瑰花瓣醬は、新鮮なバラの花びらを煮詰めて作られた手作りジャムです。防腐剤、添加物の類は使用されていません。
原材料は、新鮮玫瑰花瓣(鮮度の良いバラの花びら)、原色砂糖(着色、脱色がされていない砂糖)、麥芽糖(麦芽糖)、檸檬汁(レモン汁)、
内容量は約150グラムで未開封であれば賞味期限6か月。開封後は冷蔵保存が必要です。

 

こちらの商品を味わう際に想定されているレシピは、飲料に玫瑰花瓣醬を入れて飲む、抹於吐司(トーストに玫瑰花瓣醬を塗って食べる)、餅干食用(せんべいやクッキーの上に玫瑰花瓣醬をのせて食べる)のようです。早速、実食していきたいと思います。

 

玫瑰花瓣醬をそのまま食べてみた

まずはそのまま味わってみます。

おおっ・・・。
蓋を開けた時の第一印象は、目の前に広がる一面を深紅に染めたバラ畑
清楚で可憐、そして豊かな潤いに満ちた清々しい新鮮なバラの香り。生産者の方の努力の結晶ともいえる濃厚で透き通るようなバラの香りは、このまま瓶の中に引き込まれそうな魅力に満ち溢れています。

ああっ・・・、このままバラに抱かれていたい・・・!!!

 

まだ口にしてすらいないのにこの感想、玫瑰花瓣醬恐るべし・・・。
続けて実食させていただきます。

モグモグ(๑´ڡ`๑)モグモグ
なるほど・・・。細かく適度な固さで残っている花びらが小気味良くすばらしい食感です。
そして口の中に広がるのは、目の覚めるようなバラの香りに鮮烈な甘味と酸味。
からだ全体を上品で艶やかな香りに包み込まれたような感覚がなんとも官能的。

パンが無かったらバラジャムを食べればいいじゃない!
などと叫びたくなるくらいに豊潤優美で魅惑に満ち溢れた高貴な香り。

花の女王と呼ばれるバラが凝縮された味わいは、まさに愛の結晶!
このバラジャムを味わえたことを感謝しましょう・・・!!

 

トーストに玫瑰花瓣醬を塗って食べてみた

次はレシピに沿って、トーストに玫瑰花瓣醬を塗って食べてみたいと思います。

モグモグ(๑´ڡ`๑)モグモグ
脳裏に浮かぶのは、バラ農園で無邪気に走り回る少女たち・・・。
情熱たっぷりに甘く誘惑的でありながらも好奇心に満ち溢れた透明感。
瑞々しい若さで周りを翻弄しながらも時折のぞかせる知性的なまなざし。

バラのベッドを作ってそしてかぐわしい1000の花束を作るの!
と言いだしそうなくらいに、トーストの形をしたバラを食べている感覚。

口の中にバラが咲き乱れるなんて思いもしなかった・・・!
このバラジャムと同じ時代に生まれたことを感謝しましょう!!

 

こんな感じで、甘酸っぱさ満点でバラが濃厚に凝縮された玫瑰花瓣醬を堪能しましたが、ぺちこさんはいかがでしたか?

ぺちこ
ぺちこ談

バラの芳醇な香りが素敵でした。
おかげで女子力もアップよ!

そういえば最近は体臭がバラっぽい匂いがしていましたね。
買ってきたバラジャムが全部空になってたのはそのためでしたか・・・。
ぺちおは5杯くらいしか食べてないのに!
それでは~。

お土産
この記事を書いた人
ぺちお

今年で台湾渡航22回くらいのおっさん。
台湾の道路で無駄にバイクチキンレースを挑むのが最近の流行。
年をとって食べられる量が少なくなったことを実感中です。

ぺちおをフォローする
好吃台湾~はおちーたいわん~

コメント

  1. こんにちわ!
    台湾が今一番気になる、海外ですが、
    なかなか行けません。
    ジャム美味しそうですね。
    しばらくblogで見るか、近場で我慢ですね。
    ありがとうございます。

    • こんにちは~。
      バラジャム、かなり美味しかったです!
      ただ、バラの香りが凄すぎて一口目はかなり戸惑いました。
      しかし、台湾だけに限らずどこに行くのにも制限がかかっていますが、
      早く収束することを願いながらしばらくは我慢ですね!