いつの間にか熟成していた鳳梨果乾(ドライパイナップル)を食べてみた

おもしろ

ども、ぺちお(@hao2taiwan)です。
たまには息抜きしたい方向けのおバカシリーズの記事です。

いつの間にか熟成し過ぎた鳳梨果乾(ドライパイナップル)を食べてみた

お土産に買ってきたものがいつの間にか食べられなくなっているとか、見てはいけないような姿に変わり果ててしまうなどの法則に見舞われたことはありませんでしょうか。
ぺちコンビ宅では、頻繁に旅行に行くようになるとその傾向が高まる傾向がある統計が出ておりまして、本件もまさにその事象に当てはまってしまった悲しみ。
せっかく遠出をして買ってきたのにそんな姿になってしまうなんて・・・。

それでは早速、嘆きと悲しに声にならない怒りの象徴の塊、悲劇の連鎖で形作られた暗黒物質。おっと失礼・・・、お土産の姿を見ていただきましょう。

 

このままだと何が何だか分からない方も多いので、袋から物体Xを出してみましょう。
う~ん・・・、干物・・・?

 

物体Xの元になった物との比較がこちらです。もうお判りでしょうか。
そうです、物体Xが健全だったころは、ドライパイナップルと呼ばれる商品でした。
なぜこうなった・・・。

 

言い訳をしておきますと、昨年に某所で鳳梨果乾5袋ほど購入したのですが、食べきれなかった残りの1袋を本棚の裏手に隠していたのです。
それからしばらくして仕事などに忙殺されるようになってしまい、隠した鳳梨果乾の存在は記憶の彼方に・・・。
そして先日、本棚の整理をしていたところ暗黒のオーラをまとった物体を発見。あれほど美味しそうに輝いていた鳳梨果乾が見事にダークサイドへ転向が完了していました。

 

さて、ぺちこさんに食べさせたくない一心で後生大事に隠ぺいしていたのが災いし、見事にダークマター化したドライパイナップル。このまま廃棄するのはもったいないと思いませんか?
ということで、ドライフルーツの暗黒化について調べてみると、賞味期限を少々過ぎたくらいで、カビなどが生えていない限りは食べても大丈夫とのこと。

そこで目を凝らしてよく見ると、白カビ的なものは確認できず大丈夫そう。
それに、まだ賞味期限を一週間くらいしか過ぎていない・・・。

 

では実食です。

 ŧ‹”ŧ‹”(○´ㅂ`○)ŧ‹”ŧ‹”

あれ、これ美味しい・・・。

おどろおどろしい見た目とは裏腹に、五体満足(?)な時よりも味わいが濃厚になっており、ねっとりとした豊潤な甘さが感じられます。
なんというか熟成が進んだせいか、ビターな風味と香ばしさも感じられてかなりのうま味。
この例えが妥当かは不明ですが、黒糖キャンディーにパイナップル風味と薄めのコーヒーを足した干し柿みたいな・・・、

おばあちゃん家のテーブルに置いてある干し果物!

なるほどそういわれてみると納得。しかし、自己責任ですが案外悪くない・・・。
いや本当に美味しい。本棚の裏にあったことで良い方向に熟成が進んだのかもしれない。
まさかの発明をしてしまいました(良い子は真似をしないように・・・

 

こんな感じで、熟成してかぴかぴになったドライパイナップルをむしゃむしゃしたわけですが、ぺちこさんはいかがでしたか?

ぺちこ
ぺちこ談

そんなものを食べる神経が理解できません。
あと、お土産を買ってきたらすぐに食べるようにしましょう・・・。

そうですね。
せっかくのお土産なんですから、忘れないようにして堪能するようにしましょう。
皆様もお気を付けください!

おもしろ
この記事を書いた人
ぺちお

今年で台湾渡航22回くらいのおっさん。
台湾の道路で無駄にバイクチキンレースを挑むのが最近の流行。
年をとって食べられる量が少なくなったことを実感中です。

ぺちおをフォローする
好吃台湾~はおちーたいわん~

コメント