台湾花蓮産のお米「玉渓香米」を食べました

お土産

台湾に住んでる現地のお友達からお土産にもらって、大事に取っておいたお米。
何回か食べようかと思ったのですが、その度にもったいない病が出てしまって…(笑)
今日やっと食べることにしました!

IMG_20150819_172501

立派な箱入りだったというのももったいない病の原因かも(笑)

IMG_20150819_172557

箱の側面の1つに生産地地図が書いてありました。

もう一方には説明書きが

もう一方には説明書きが

箱を開けると、中に真空パックにされたお米が入っています。
プリントも鮮やか~。

みっちりつまってます

みっちりつまってます

封を切ると、ふんわり香ばしい良い匂いが!
香米って書いてあるから、普通のお米と違うのかな?と、想像力をかきたてながら、とぐことにします。

米が見えない!(笑)

米が見えない!(笑)

といでいる時は、日本で食べてるコシヒカリとかの一般的なお米と変わらないな~という感じ。
だけど、お米の1粒1粒をよーく見てみると、1粒に対して白い部分が多いかも?!と、感じました。

といでる最中の写真

といでる最中の写真

本当は大同電鍋で炊いて、台湾の雰囲気にひたろうかな~なんて思いもよぎりましたが、せっかくのお米、失敗したらもったいない!ということで、普通に炊飯器で炊くことに。あっ、一応おいしさ倍増モード的なので炊きましたヨ!

炊飯している最中は、いつも以上に香ばしさのある香りが部屋に充満。
お腹の減りに加速をつける、美味しそうな匂いです♪わくわく。

早速お気に入りのお茶碗によそって、いただきまーす♪

ちょっと寄り過ぎて撮ってしまったかも…

ちょっと寄り過ぎて撮ってしまったかも…

ひと口目の感想「ルーローハン食べたい!」

そうなんです、口に含んだ時、なぜか台湾で食べたご飯を思い出したんです(台湾産だから当たり前!)。

日本のコシヒカリのようなもっちりした食感…というよりは、あっさりめの食感。
かといって、パサパサしているわけではなく、米らしい香りがふんわり。食欲をそそります。

久しぶりにご飯2杯も食べてしまいました^-^;;

ご馳走様でした♪

お土産
この記事を書いた人
ぺちこ

1998年5月に1回目の訪台後、時を経て2013年覚醒。
以来、多いときは3ヶ月に1度台湾行き!なんて年もありました。
最近はレンタルバイクで運転を交代しながら台湾のアチコチを行くのが楽しみになっています。

ぺちこをフォローする
好吃台湾~はおちーたいわん~

コメント