台湾夏のリゾート地、澎湖諸島に行く方法を紹介!

Pocket
LINEで送る

IMG_1255-1

こんにちは。ヒロトです。

今回は、台湾人が愛する夏のリゾート地、澎湖諸島へ行く場合の交通手段を紹介してみます!

澎湖諸島は、台湾本土から離れているところにある島なので、船か飛行機を利用して向かいます。

澎湖諸島

飛行機で向かう場合は、
台北の松山空港、高雄の小港(高雄国際空港)から、澎湖の馬公空港へ向かう定期航空便を利用します。

台北松山空港↔馬公空港間の移動時間は飛行機で片道1時間程度。
高雄小港↔馬公空港間なら片道40分程度で澎湖諸島に行けます。

現在澎湖諸島への就航がある航空会社は4社です(各航空会社公式サイトへのリンクあり)

復興航空(トランスアジア)
立榮航空(ユニーエアー、エバー航空の子会社)
華信航空(マンダリン航空、チャイナエアラインの子会社)
遠東航空(ファーイースタン航空)

どの航空会社を利用する場合でも、片道航空券の価格は、1800元~2200元位。
つまり、日本円に換算すると6500~8000円位ですね

各航空会社の公式サイトで、500~800元ほど安くなる早割の航空券が販売されることもあるので、サイト情報をこまめに確認しておくとよいかも!?
航空会社ごとに違いが有る訳わけではないので、お好みでお選びください(空席があるかないかくらい?)

だけど、名前が「ト」から始まる会社の国内便は、個人的にはお勧めできないかも?
なぜなら、1年間に4回以上事故が起こったから(ぉぃ)

船を利用して澎湖諸島に向かう場合は、
嘉義の布袋港と高雄の新濱碼頭から定期便が出ています。

布袋港

布袋港↔馬公港(澎湖)は片道1000元で移動時間は80分くらい。
澎湖への定期便を運航している会社は何社かありますので、
そのときそのときで都合のいいやつを選べばよいかと。

ちなみに今回ヒロトが乗ったのは、布袋港から澎湖諸島に就航している、
高速客輪の満天星一号でした。

なお、嘉義布袋港を利用する場合は、布袋港に移動するためにバスの切符代が必要。

例えば、嘉義駅下車後、嘉義客運のバス、7209(嘉義-布袋(經朴子))を利用して布袋に向かう場合は、バス料金に121元必要です。

嘉義客運 – 路線時刻票價查詢-車輛路線、時刻、票價

新濱碼頭↔馬公港(澎湖)を船便で移動する場合は
高雄MRTの西子灣駅の近くに乗り場のある、高速客輪の台華輪を利用します。

台華輪

料金は800元と安いのですが、移動時間に5時間もかかるのが困ったところ。

また、水、金曜日は夜行便もありますが、
必ず運行しているわけではないので、運行情報は逐次確認してくださいね!

日本から澎湖諸島に行きたいと思うと少々手間がかかりますが、
一度は行ってほしい素敵な島です。

機会があったら是非行ってみくださいね!それでは!

この記事を書いた人

ヒロト
ヒロト
台湾人です。
日本語も日本も好きです。
ぺちおとぺちこさんと知り合って、お二人が台湾に来るとき、よく一緒に遊びます。
行ったことないところに行くのが好き。
来年日本に留学するかも知れません。

ぺちおさんとぺちこさんにいっぱい手伝ってもらって、今恩返しして記事を書いてます
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

『台湾夏のリゾート地、澎湖諸島に行く方法を紹介!』へのコメント

  1. 名前:高雄便利 投稿日:2016/12/24(Sat) at 13:15:33 ID:9a64e9d3e Reply

    布袋港に行くのがバスでは不便かと。その辺りをもう少し書くと親切ですね。
    バス停から港が離れていませんか?
    私はタクシーを予約して利用しました。乗り合いで驚きましたが駅前のホテルまで3人で600元だったかな? 
    ポンフーは飛行機で松山空港利用するのが一番便利でした。

    高雄からの夜行便は2度利用しました。早朝7時前に到着して困りました。
    お店開いてないし。モスバーガーが7時開店だったかな?
    ベッドのある座席がいいかと。座席はしんどい。
    高速艇はポンフーの旅行代理店でチケット700元位で買えたりします。店は分かりにくいから説明できない。乗る前にカウンターでチケットに引き換えました。

    • ぺちこ 名前:ぺちこ 投稿日:2016/12/24(Sat) at 14:58:42 ID:2711e0eeb Reply

      高雄便利さん

      コメントありがとうございます^-^
      このポンフーの記事は、台湾人の朋友がなれない日本語を駆使して一所懸命書いてくれた記事なので、説明が足りていない部分があるかもしれません。
      まっ、それはそれでこのブログの味だと思っていただければ幸いです。

      彼は、若い&安い旅行をするのが趣味らしいのと、地元民(台湾在住)というのもあるから、バス&船は座席利用で行ったのだと思われます。

      便利・早く行こうとすれば、おっしゃるようにタクシーや飛行機を利用して時短することもよいですね~。

      私たちはまだポンフーへ行ったことがないので、ぜひ行ってみたいです♪
      ご助言を参考に準備万端で行けるようにしますヽ(*´∀`)ノ

Leave a Reply