台湾鉄道平溪線の十分駅で降りて天燈上げをしてみる 其の1

Pocket
LINEで送る

20131108-140835-210-0_R

台湾鉄道の平溪線 十分駅で降りて、楽しむことのできる天燈上げは、グループで旅行したときの思い出になります。機会があったらどうぞやってみてください。女子旅にぴったり(おぃ)

スポンサーリンク

十分駅の行き方

十分駅まで、台湾鉄道を利用して行く場合の時刻表を確認する方法はこちらをご参照くださいませ。

なお、十分駅に行くには、台湾鉄道の瑞芳駅で乗り換える必要があることに注意。

乗り換えに迷うようであれば、瑞芳駅で改札を出た後に、駅構内に日本語が通じるキャストの方が常駐している観光案内所があるので、そちらで十分駅に向かいたい旨を伝えると切符の買い方を教えてもらえると思います。

まあ、駅窓口で「十分!十分!十分行きたい!」って言ってれば切符出してくれると思いますが。

あと、台湾鉄道の平溪線沿線の十分駅以外も観光したい場合は、周遊券がお勧めです。

20130910-130432-210-0_R

在りし日に十分に向かう際に買った切符。XXX元ってなんだよ!値段分からねえよ!

ちなみに、休日ともなると観光客で混雑します。でも、行きはまだマシ。帰りが悲惨。

20130910-125553-210-0_R

編成数が少ないこともあり、並ばないと座れないことも。単線なので運行本数も少ない。

列車に突入すると・・・満員。

20130910-131628-210-0_R

朝通勤ラッシュの満員電車か!でもこれ平日の昼頃なんですよ・・・。

平溪線区間は全て単線。全ての列車が全駅に停車します。
瑞芳駅を出た後は、途中から山間部の単線区間をえっちらほっちら。
しばらくの間、山林、山谷と渓谷、河川の風景が続きます。

20130910-131021-210-0_R

あんなところに家のようなものが・・・。

十分大爆布近くを通ったときに撮れた写真。電車はノロノロと運転していることが多いので、写真は撮りやすいかと思います。

20130910-131955-210-0_R

こ、こわい。

さあ、着きました!十分駅です。しかし、たくさんの観光客ですね。

20130910-132410-210-0_R

みんな仲良く列車から降りたら写真タイムの図。

列車から降りてくる人たち。後ろにもいっぱい人がいました。

20130910-132420-210-0_R

このときは9月。天気も上天気だったので皆さん薄着。

さて、無事に十分駅に到着することが出来ました。
初めての天燈上げどうなりますやら・・・

つづく

Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply