捷運雙連站(MRT双連駅)付近で臭豆腐を食べるならここに行け!みたいな

Pocket
LINEで送る

IMG_7874_R
そう。
台湾に複数回旅行をしたことが有る人でも避ける食べ物
それは・・・

臭豆腐
圧倒的な刺激臭を武器にどんな空間でもあの匂いに塗り替えてしまう、

日本人旅行者を倒すためだけに存在する暗器
え~、そんな大豆兵器である臭豆腐さんですが、匂いはともかく美味しく食べられるお店ってのがあるんですよ。

え?その匂いがダメなんだって?

分かってないなあ・・・。
本当においしい店は、口に含んだ瞬間に匂いよりも旨味の方が強いんです。

これは本当の話。

確かにお店の前にいくと、もわっとしたあの香りが空間を満たしていたりしますが、食べるとそんなことはないんです。うっすら薫るあの匂いがアクセントになって非常においしく感じられるくらいです。

でまあ、日本人旅行者の人がまずは行くであろう夜市で売られている臭豆腐、あれの匂いがトラウマになってしまって、臭豆腐が食べられなくなるわけですが・・・。

あれにはカラクリがありましてね、屋台で臭豆腐を揚げる鍋は小さいことが多く、屋台出店中はその油をずっと使うことになるので、油に臭豆腐の匂いが移ってしまって、あの香ばしい匂いが屋台前の空間に充満することになってしまうのです。。
ということは・・・。

そう!
屋台以外でしっかりとした店舗であれば臭豆腐を美味しくいただけるわけです。
ちなみにぺちおは、カリカリした揚げ臭豆腐が苦手だったのですが、9月に食べた揚げ臭豆腐のお蔭で一気に揚げ臭豆腐派に!

まあ、揚げ臭豆腐に限らず、煮込み臭豆腐もそうですが、揚げ立て、作り立ての臭豆腐は、まさに台湾のソウルフード(言い過ぎ)

皆さんも気が向いたならぜひとも挑戦してみてくださいな。
というわけで前置きが長くなりましたが、行ってきました「宋上好脆皮臭豆腐」。
お店は、捷運雙連站(MRT双連駅)から歩いて10分位のところ、大通り沿いにあります。

宋上好脆皮臭豆腐
住所: 台北市錦西街86號

実は台湾に行くたびに「宋上好脆皮臭豆腐」に行こうと計画していたのですが、お店が臨時休業をしていたり、予定と合わなかったりと、なかなか行く機会が見つけられなかったのです。

しかし、9月にやっとこさ行けましてね。
偶然の産物と言えば偶然なんですが、冰讚(超有名芒果カキ氷店)が休みだったのでついでに行ってみようとなりましてね、いやあ美味しかった!

DSC06156_R

遅く行くと見かける光景でございます。早めのご来店をお待ちしております。ちなみに、6月~10月だけの営業。冬に行っても冰讚カキ氷を食べることはできません。

さて、お店の外観ですが、見てください。この看板。
匂ってきませんか、あの香りが・・・!

DSC06157_R

脆皮=クリスピーって意味。いわゆるカリカリ臭豆腐。

えっと、言い訳しておきますと、
お店の前にある歩道は、10数メートルの区間、あの匂いが充満しています。
ご注意くださいませ。お店の前の道が広いお蔭でそこまで攻撃力は強くありませんが。
ってこともなかったな(意味深)

DSC06158_R

写真は有りませんが、お店の前に食事ができる席が並んでいます。ご安心(?)あれ。

そしてぺちこ・ぺちこが頼んだこちらの脆皮臭豆腐(小)。
5個入りとなっていて、55元でございます。9個入り(大)は99元です。

DSC06160_R

きたきた・・・見てください。この艶とカリカリに揚げられた皮。期待できます。

さて、お味はと・・・。

カリッ・・・。

サクッサクッ・・・。

!?

この臭豆腐を作ったのは誰だ!!!(海原雄三風に)

おおう・・・。今まで食べてきた揚げ臭豆腐はなんだったんだ・・・!

今まで食べてきた臭豆腐は揚げではない!

焼き臭豆腐だ!

ええ、驚きました。驚愕のカリカリ感。
そしてカリカリに揚げられているおかげかあの匂いが超激減

臭豆腐にかけられているタレも絶妙で食欲増進!
びっくりですよ。
煮込み臭豆腐派だったのに、この一口で揚げ臭豆腐派に鞍替えですよ!

というくらいの旨味と食感!
有り得ねえ・・・・・。

これが本気を出した揚げ臭豆腐か・・・。

ぺちこさんも同じ意見だったらしく、こりゃあ食べるしかあるまい!
と奮闘!さらに2皿を注文!さすがぺちこさん、男らしい!

IMG_7878_R

あの、揚げ臭豆腐にうるさいぺちこさんが無言で口に運んでいる図。

本当にびっくりですわい。
これだけで言えば、深坑老街で売られている揚げ臭豆腐を遥かに超えていると感じました。
これはまさに、臭豆腐が苦手な人も一度は食べてみるべき異次元臭豆腐、夜市屋台で売られているものとはまったく比較になりません。

是非ともご賞味あれ!

さて、この日初めて「宋上好脆皮臭豆腐」の脆皮臭豆腐を味わったぺちこ・ぺちおコンビでしたが、次の日は一緒に旅行に来ていた友人二人を連れてきましてね、大好評でしたよ。
匂い以外は。

やっぱ味よりも匂いなんですかね。
友人二人は臭豆腐を食べているときの匂いよりも、お店の前を歩いてくるときに漂ってきた匂いで意気消沈していました。
友人のうち一人は、美味しいけど・・・、食べられるけど・・・、あの匂いが苦手です。
とか弱音を吐いていました。

ちなみに、心の中では、「ざまあみろ」とか思っていたのは秘密です。

それでは!

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *