微風台北車站(台北駅)の銀座杏子日式豬排で食べるとんかつは侮れない美味しさ

Pocket
LINEで送る

160508-110224_R

こんにちは。いつまでたっても9月の台湾旅行の予定を立てないし、11月の台湾旅行の大枠すら決めようとしていないぺちおです。

しかし、9月22日開始の台湾旅行まで、ほぼ残り1か月。
台湾高雄・台南の天気を確認すると、9月22日~23日は晴れ。24日~25日は、雨模様の様子。でも気温は、30度近辺と過ごしやすそう。
今回の旅行もバイクで飛び回る予定なので、全日晴れになると良いのですが・・・。

さて、ゴールデンウィークの台湾旅行で、台湾でもとんかつを食べることが可能だという事が判明いたしました。まあ、屋台で豬排食べたらいいじゃないって言われそうですが、あれはあくまで豬排。とんかつとは少々違うのです。
調べてみると、台北市内であればとんかつを出すお店は結構あるようです。
なお、ぺちお・ぺちこが空港へ向かう際に台北駅に立ち寄ったとき、良く分からないけどとんかつ食べたい病が発病したために、台北駅とんかつを食べることになったわけだが!

まあ、その日は、ホテルでチェックアウトをして、バスに乗って台北駅に向かったんですが、バスに乗るときに大きいスーツケースを持って乗り込むのは、少々他の方々に迷惑だなって思いましたわ。

でも、スーツケースを持って、最寄り駅まで歩いて、地下まで下りて、捷運(MRT)に乗るとか拷問でしかないし、周りの人たちも困るだろうし。
大きいスーツケースを抱えているときは、通勤時間帯に公共交通機関を使わずに、タクシーを使うようにしようかしらね・・・。

20160508-093150-1_R

通勤時間帯はバスが満員なことが多いので、大きな荷物だと乗れないこともしばしば。少々旅のスタイル変更を検討する時期のようである。

なんてことを考えつつも、台北駅に到着。例によって地べたに座り込みがブームの台北駅、見ていると癒されますなあ(?)
というか、ロビーに椅子とか設置してあげればいいんじゃないかとか思うわけだが、座るスペースが用意されていないのは理由があるんでしょうかね。
もしかしたら、2Fの飲食店でお金を落としてほしいからなのかもしれんが。

20160508-095826-9_R

胡坐率と体育座り率の高さを見よ!実はここだけでなく、ロビー全体がこの状態。最初、何かの会合でもやっているのかと思ったくらいですわ。

そんな与太話は置いといて、目的のお店はこちら。
緑丸で囲んだ場所がお店の場所。青丸で囲んでいるのがお店の名前です。
銀座杏子日式豬排というお店ですな。
こちらのお店、台北SOGO店があったり、中壢、果ては台中にもお店があるようで、かなりの人気を誇るお店とのこと。

こりゃあ期待が持てますな‹‹\(´ω` )/›› ‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››

160508-111547_R1

やたら沢山のお店がある微風台北車站2F。ここで入るお店に悩むと15分以上は歩く羽目になります(経験済み)

ここでお店の外観や、2Fのどこら辺にあるかとかの写真を載せるべきなんですが、台湾旅行最終日という事もあってかなりお疲れ、というわけでそんなものはない!

てなわけで、詳細は省略させていただきます。

お店に入って着席すると、お店のスタッフの方が注文とかを取りに来るわけですが、まったく記憶にあらず。たしか友人がなんかしゃべってたと思うけど、まあいいや(適当)
ついでに言うと、どれを注文したかも忘れました。申し訳ありません(*゚ω`人)
ちなみにぺちこさん曰く、「揚げ加減や、ゴマの要不要やらを聞かれる」とのこと。

さて、着席するとまずは取り皿、箸が運ばれてきます。あとはゴマをするための小鉢も運ばれて来ました。

20160508-104737-0_R

少々狭い感じもありましたが、非常に綺麗な店内でござった。なんというか落ち着いた感じ。

例によって、とんかつだけに飽き足らず、鶏のから揚げも頼んでおいたわけだ。
一口食べてみると・・・、うん!唐揚げ!

これは雞排ではない。これはまさに唐揚げでござる◟( ˘•ω•˘ )◞
脂っこくなく、さっぱりとした食べ口ながら、唐揚げらしい風味と味付け、そして食べやすい大きさのお陰で食が進むぜ・・・!

20160508-105211-0_R

ジューシーなのにさっぱり。味付けは薄目で大人のお味。

あ、お肉だけだと体を壊しますので、微々たるものですがお野菜も食べておきます。
とあるお医者さん曰く、
「お肉の3倍は、野菜を食べないと意味ないからねえ(にっこり)」ですが。

20160508-104745-3_R

確かキャベツとお味噌汁のお代わりし放題だった気がする。ぺちおさんはお肉よりキャベツの方が好きだったりするので、キャベツがお代わりできるのは非常に喜ばしい。

なんてことを言っているうちに目的のとんかつ様到着です。

みてこの分厚いお肉。分厚いだけでなく、でかい。圧倒的なボリュームが存在感を示していますわ。ちなみにこちらはロースです。やっぱりとんかつはロース一択ですよ(ง `ω´)ง

20160508-105834-0_R

箸で持った時の重量感が忘れられない。食べ切れるのだろうかと悩んだくらいでござる。

ご飯は健康を意識して、古代米的なものを選択。
そう、確か白米にするか、五穀米にするか、古代米にするかも選べたはず。ミネラル的なものが欲しい場合は、栄養価の高い古代米か、五穀米を選ぶが良かろう。まあでも、白米の方がとんかつには合うかとは思うがな!

20160508-105847-1_R

古代米、五穀米は少々パサつきますからな。なんだかんだ言って白米ですわ。

うっほ。この机を埋め尽くすとんかつ様達。いやあ、堪りませんな。
揚げたての衣から漂ってくる香ばしい香りと、お味噌汁から立ち上る味噌の香りが食卓を埋め尽くしております。
この写真だけ見ると、台湾の飲食店で食べているとは思えないくらいの和風感ですわい。

20160508-105856-6_R

あ~、これを見ているだけで幸せ。本格的な和食が台湾で食べることが出来るなんて感激です。

さてと、早速実食です。

ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

お、おおっ・・・!

キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!

なんだこのクオリティ!!!

キングオブとんかつだこれ!

香ばしい衣とお肉のハーモニーが堪らん!お肉を噛みしめるたびに滲み出る脂と肉汁が口の中に広がったときの満足感が凄い。お肉自体も弾力がありつつも、口の中でほぐれるような柔らかさ。そして味噌汁も出汁が利いていて風味豊かで食欲増進!
一食当たりの価格は、300元~450元(?)と、台湾での食事としては高級ですが、日本円に換算すると日本で食べるよりかなりのお得感。

こりゃあ紛れもなく、台湾とんかつ界の新星だぜ!

いやあ、美味しい。まさかここまでクオリティの高いとんかつを台湾で食べることが出来るなんて、感無量でございますわ。それに、台湾旅行中にほんの少しだけ日本食的なものを食べたくなる時期もありますしね!

というわけでご馳走様でした。

しかし、こんなに美味しいとんかつを食べられるお店が台北駅にあるなんて、灯台下暗しとはまさにこのこと、台湾旅行に来るとついつい屋台や市井の飲食店で食事をとりがちでしたが、こういった所にも名店があるんですな。意識を改めます。フードコートさん、今まですいませんでした!

まあ、ここまでクオリティが高いと、下手な飲食店で食べるよりも満足度が高いし、綺麗な店内でゆっくりと食事もできますので、案外お勧めですわい。もし空港に向かう際に食事する場所に悩むようであれば、こちらのとんかつはお勧めですぜ。店内はクーラーが利いているし。

さて余談ですが、こちらの微風台北車站2Fには、こちらの銀座杏子日式豬排以外にも有名店や人気店が軒を連ねておりましてね、とんかつ以外にも美味しい食べ物を食べられるようです。
皆様もフードコートと侮らず、ご活用されてはいかがでしょうか。案外お気に入りのお店を見つけることが出来るかもしれませんよ!?

それでは!

銀座杏子日式豬排 住所:台北市中正區北平西路3號2樓

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *