寧夏夜市近くの西悠飯店台北店(CUホテル台北)に宿泊してみた

Pocket
LINEで送る

DSC03727_R
各位旅客,您好。15點36分。經由北迴線。開往樹林。73次莒光號。請在1A月台候車。
本次列車沿途停靠。
鹿野,關山,池上,玉里,瑞穗,花蓮,新城,東山,福隆,七堵,松山,台北,萬華,板橋,樹林・・・

とか、ある動画を見ながら台鉄の駅名を口ずさんでいたらぺちこに

「鉄オタか」

と蔑まれたぺちおです。

でもね言い訳するとね、鉄道の駅名を覚えると便利なんですよ。
移動とか観光時にね!それに観光地探しも捗るってもんだ!
あとね、地名や駅名が分かっていれば、タクシーの運ちゃんにもここに行ってください!
って言えるんですよ。純然たる趣味じゃないんです。

わかりましたか!?ぺちこさん!!!(逆切れ)

さて、そんな言い訳は置いておいて本題を進めさせていただきます。

1658197_1472642072949179_372074339_o_R

在りし日に泊まったあるホテルの部屋。トイレの紙が流せました(小並感

皆様は台北に滞在する時は、どのようなホテルにお泊りでしょうかね。
旅行代理店さん経由でちょっと豪華な旅行を手配したのであれば、アンバサダーとか、ランディスとか、シーザーパーク、コスモス、サントス、シャーウッドとかに泊まることが多いかと思われます。
あとは、ロイヤルシーズンとか、バレドシンあたりってところでしょう。
まあ、通常営業日の宿泊費が一泊4000元~を超えるホテルってやつですわね(宿泊時期によって変わります)

20140925-072313-210-0_R

某三德大飯店の凛々しい姿。

上記に挙げたホテルは旅行代理店と提携していて、日本人が利用する際、非常に安心感があるホテルと言ったところかと思います。
旅行代理店が選定しているということは、個人個人の主観は置いといても一定以上の清潔感、設備、顧客サービスが充実しているって証明ではあります。

ぺちこ・ぺちこコンビが大手旅行代理店さんのツアー(フリープラン)で台湾旅行に行ってた時は、そんな安心感のホテルで宿泊していたもんです(遠い目)

しかし。
航空券を自分で手配して旅行するようになったら、そういったホテルの宿泊費は高い!
なぜならツアー料金は、業務提携や、ツアーのお土産店参りなどのお蔭で宿泊料金が抑えられているわけですよ。
なので普通に宿泊しようとすると、滅多に泊まることが出来る値段ではない!みたいなことになるわけです。

個人的主観と前置きをしておきますが、安心感は置いといても、一部を除いて旅行代理店と提携しているホテルの立地ってあまり良くない気がするんですよね。

20130910-004943-210-0_R

某ホテルの目の前、近隣の食事店は夜の9時~10時には閉まってしまい、食事に困った記憶があります。

そう、なんとなく台北市の中心部から外れている気がしますわ。

良く言えば、都会の喧騒から離れてゆっくりと観光を楽しむことが出来るって言えます。
まあ、台北市内であれば徒歩での移動にそこまで時間はかかりませんしね。

しかし、2泊3日、3泊4日程度の短い滞在期間の場合はどうでしょうか。
ホテルでのんびりすることはあまりないのではないでしょうか?
そうすると滞在先のホテルに求められるのは、交通の利便が良いところとか、夜市が近いところが重要視されるんじゃないかと思ったりします。

IMG_7907_R

朝、昼、晩、夜とこれを食べたいと思いますよね(白目)

特に、上記に挙げた高級ホテルって目の前に夜市があるものはあまりないんですよね。
夜中(夜の10時~朝の2時)の食事に困るところも多かったりします。

で、ここ1-2年、色々と自分なりに検討してたところ、夜市に近くて、清潔感があって、真夜中まで食事に困らない、ついでにバスや台北MRT(台北捷運)の利用が便利な大通りに面している、そしてそこまで宿泊費が高くないという欲張りの希望を満たすホテルを見つけたのですよ。
その名は・・・・・、西悠飯店台北店(CUホテル台北)
厳密に言うと、ユースホステルです。

→ホテル内観は、こちらの予約サイトで見るともっときれい!

IMG_7250_R

寧夏路側から見たCUホテル。看板が大きいので分かりやすい。

こちらのホテル、なんとびっくり寧夏夜市から徒歩1分の場所にあるんです。

寧夏夜市から徒歩1分ってことは、古早味豆花豆花荘といった有名店も近いってことです。
モチモチQQ好きには堪らない場所にあるホテルと言っても過言ではありません。

そしてホテルの下、1階は市場となっていて、朝から食事をする店が開いています。
食いしん坊も満足ですね。
低階層のホテルであるというのもぺちこ・ぺちお的には大満足でした。
なんたって、とにかく街をぶらつくときにホテルを出る時間が短くて済むんです。
高層階で景色を楽しみたい、ロマンティック(?)な夜を過ごしたいって人にはお勧めできませんが。
もう少し補足すると、夜中にぶらつく癖のある方であればわかりますが、人通りが無いってのは怖いですよね。しかし、このホテルの前は、大通り沿い、夜市が近いってこともあって、夜の2時~3時まで、ホテル前の人通りが絶えることはありません。いわゆる安心度は高めです。

20150503-014237-0_R_R

ホテル入口です。大通り沿いにあり、非常に分かりやすい場所にあります。

でまあ、女子力高めの方は、外観や周りの雰囲気も大事だけど、部屋も大事!
と言う方が多いので、ご紹介をしておきましょう。
こちら、ダブルルームでございます。部屋の色調や内装は非常に清潔感が感じられて、足元の空間も広々、大きめのスーツケースを広げても余裕があります。

20150503-015156-0_R_R

なかなか良かったベッド。ふんわりしつつも固めで腰に優しい。ダブルでもクイーンサイズ並み(言い過ぎ)

で、こちらが洗面所、トイレと左手にシャワー室。
広い!という訳ではありませんが、動線が考えられており使用しやすかったです。トイレとシャワー室が別ってのも得点高し。
安手のホテル(たまに高いホテルでもそんな部屋があるので困る)は、ユニットバス形式でトイレとシャワー室が同室というところもあって、グループ旅行時に困ることがありますが、こちらの部屋であれば困りません。

20150503-015241-0_R_R

まあ、ロールカーテンを開けっぱなしだと外から丸見え、いや~んな感じ。

タオル類は洗面所下の収納スペースにあります。

20150503-015937-0_R_R

歯ブラシ、バスタオル、フェイスタオルは宿泊人数分用意されております。

あ、もちろん冷蔵庫もあります。
机もあるのでちょっとした作業をすることも可能。

20150503-015914-0_R_R

コンセントは二つだったので、スマホやらPCやらを一回で充電したい場合は、分岐コンセントなどを使いましょう。

テレビも大画面。
そしてテレビの前にはちょっとしたスペースがあるのでちょっとした物を置くのに便利。

20150503-015226-0_R_R

テレビの机下にスーツケースを置くこともできるので、足元の空間を更に広げることが可能。

それと、ホテル前の夜の雰囲気ですがこんな感じ。
人通りが多くて安心ですわい。ホテル下の飲食店や、通りを挟んだところにある飲食店も、夜の12時くらいまで空いているところが多いので、夜市以外の食事も楽しむことが出来ます。

IMG_5969_R

夜の6時~11時くらいまでこんな感じです。いつも賑やかです。でもホテルの部屋は静か。

そして皆様が大好き寧夏夜市の夜が更けた2~3時ごろの様子。
そろそろ店仕舞いも佳境に入っているところですが、それでも何かしら買うことが出来る状態。
夜更かし大好き人が飛び跳ねて喜びますね。
何時なんどきでも食事をすることが出来るってのは、食いしん坊には重要です。

20150503-030733-0_R_R

近所のセブンイレブンでお酒、屋台でおかずを買って部屋に戻り、晩酌コースも捗る。

あとですね、なんと近隣に小北百貨があるんですよ。
これも得点が高い!
ちょっとしたお土産、台湾雑貨、おいしい(?)皿の購入が24時間できるんです!
それにコンビニより飲料類が安く入手できるので、旅費を節約したい人にもぴったり!

DSC03822_R

ぺちこ・ぺちおの聖地。おいしい皿はここで買います。

ただ少しだけこのホテルにも弱点があります。
捷運雙連站(MRT双連駅)から、徒歩で10分程度かかります。
もし桃園空港発着の航空券を手配した場合、国光客運のバスで台北駅に向かう方が多いかと思います。そうなると、ホテルまでの移動に非常に時間がかかるんです。

台北駅構内の移動、MRTでの移動時間、捷運雙連站(MRT双連駅)からホテルへの移動時間を考えると、40~50分くらい必要です。

時間がかかるだけなら良いのですが、通期時間帯だとスーツケースが邪魔になったり、スーツケースが重い場合は移動で足腰を痛めたりと、結構気を使うわけです。

しかし、そんな弱点も実はバスを利用すると回避できます。それはまた今度紹介します。

DSC06491

バスに精通すると台北市内の観光が捗ります。

そんな感じで、色々と便利な場所にある西悠飯店台北店(CUホテル台北)、ぺちこ・ぺちおコンビは、今後も利用する予定であります。

西悠飯店台北店(CUホテル台北)の他にも夜市に近くて、安価なホテルが台北には沢山あります。時間に余裕などが有ったら、自分に合ったホテルを見つけるためにいろんなホテルに泊まってみてもいいかもしれません。
それでは!

西悠飯店台北店(CUホテル台北)

僕らがよく使っている予約サイトはBooking.comです

住所:台北市大同區民生西路198號

Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply