台北 晴光市場の丁香豆花でたまご豆花を食べてみた

Pocket
LINEで送る

予約投稿記事の数も着実に増えてきており、
投稿一覧を見るたびにほくそ笑んでいるぺちおです。こんにちは。

なんだかんだ言って、ネタが無いと記事が書けないわけで、
7月の台湾旅行を無事に楽しめたことに感謝ですわい。

さて、台北旅行時にとある人気店で豆花を食べてきました。
ぺちコンビは、人気店というと噂を聞くと行くのを躊躇することが多く、
いつも、「やっぱ食べておくべきだったかな・・・」などと後悔することもしばしば。
なんだかんだ言っても、人気があるお店の食べ物は美味しいですからね。

というわけでやってきましたよ、晴光市場!

24時間営業しているのではないかと噂の晴光市場ですが、昼頃は足の踏み場もないくらい凄い賑わい。しかし、どれを食べるか迷いますな。
なお、ここまでバイクを借りてから来たのですが、駐車できるスペースの確保に苦労しました。徒歩で来るか、YouBikeで来る方がいいです。

市場外の夜市スペースだけでなく、市場内でも飲食物を売っているので、興味があったらお散歩がてらに市場内巡りも楽しいですよ。

で、何を食べるかっていう話なんですが、
ぺちコンビの台湾で食べるご飯の比率をご存知でしょうか。
実は、ご飯ものより圧倒的にスイーツが多いんですよ。
とくに、あっさりとしていて、食感が滑らかで、優しい甘さのものが好物。
そうです、あいつですよ。あいつ。豆花!

朝ごはんに食べても、おやつに食べても、夜に食べても美味しくいただける豆花。お値段も比較的安めなので、家計にも優しい。

台湾で食べることが出来るスイーツの中で、ぺちコンビが愛した止まない豆花。
いつ食べても安心、当たり外れも少なく、夏でも冬でも時期を問わずに美味しくいただくことができる、万能選手でございます。
で、晴光市場に訪れるたびに売り切れていたり、長い行列で断念したりと、なかなか食べることが出来なかったお店が晴光市場内にありまして、そのお店がこちらの丁香豆花

来るたびに観光客でごった返していた記憶があります。かといって、夜遅くに来ると営業が終了しているし・・・。

所在地はこちら。
市場の真ん中の通り、入り口付近にお店を構えているので、
見かけたことがある人も多いのではないだろうか。
なお営業時間は、AM11:00~PM21:30となっております。
*2017/09/12追記

丁香豆花 住所:台北市中山區雙城街12巷28號

お店の外観はこんな感じ。店内で食べることもできますが、正直狭い。
店内で着席して食べるのは、時間帯によって結構せわしいので、持ち帰りをして近隣の公園で食べる方がいいかもしれぬ。また、公園内に大きめのベンチが設置されているので、店内よりはゆっくり食べられるかも。ついでに屋台で他の食べ物を買って、一緒に食事をしてしまう荒業もありますしね。まあ、外で食べる限りは、蚊と暑さは凌げないけど。

市場の入り口にお店があるという事もあり、目の前の通路は人の往来が激しく、列に並びにくいのが弱点。

うむ、狭い。椅子も小さいので、体が大きい人が店内で食べるのは気を遣うかもね。
もしくは、4人~とかで食べに来たら、座る場所の確保に苦労する事間違いなしです。

市場内のお店だから仕方ない。狭いです。

そんなことは置いといて、注文していきましょう。
日本人観光客が多いのか、日本語で記載がされております。
注文ですが、最初に普通の豆花か、たまご豆花を選んで、3種類のトッピングを選びます。
料金の支払いは、注文時にする方式。

蒟蒻豆花なんてあったんですなあ。今度頼んでみよう。

トッピングできる具材は、店頭に並んでおります。どれがどれだか分からないのであれば、
指差しでもどうにかなります。
なお、手前に並んでいるのは団子類。手前左から、圓水晶(水晶団子)、地瓜圓(サツマイモ団子)、玉圓(タロイモ団子)の並び、ぺちコンビの大好物です。

断固として、団子しか頼まないぞ!じゃあ、団子だけ食ってろという話ではある。

なお、追加するトッピングによって価格が上がる模様。芋頭(タロイモ)、蓮子(ハスの実)、銀耳(白きくらげ)、桂圓(ロンガン)が含まれると、5元追加なのかな?
また、3種類以上のトッピングをする場合は、10元追加のようですね。
なお、この時はほとんどお客さんがおらず、店内の座席がガラガラに空いていたので、店内でいただくことにしました。

訳が分からないまま指さしでトッピング選ぶと、値段が変わるかもしれないってことですな。

注文してしばらくたつと、豆花が到着。

なかなか彩が良いんじゃないかな!?
今回は、丁香豆花(たまご豆腐)を選び、トッピングに圓水晶、地瓜圓、玉圓の黄金トッピング。はい、モチモチQQづくしスペシャルです。

珠玉の一椀。やっぱ見た目って大事よね(自爆

実食開始です・・・!!

(๑´ლ`๑)ŧ‹”ŧ‹”

うむ!

団子旨い(ぉい

団子旨いって、先に食べるものがあるだろう・・・。
しかも、団子まずい店なんて見たことないって・・・。

という事で、仕切り直し。

(๑´ლ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

おお~。
すべすべですなこりゃ。滑らかさが凄い。

まさに玉子豆腐!

豆花だと、大豆の香りがするので、人によっては苦手意識があるかもしれませんが、
この豆花は大豆の香りが控えめで、ほのかに玉子っぽい香りがします。
そして、絹のように滑らかな食感で食べやすく、喉越し良し!
ひんやりとした甘めの汁との相性も良く、
これなら好き嫌いがあっても美味しくいただける気がしますぜ。

いやあ、美味しい。安心して食べられますわ。

はい。ご馳走様でした。

たまご豆花。いいんじゃないでしょうかね!
大豆な豆花とは違った食感は、かなりのもの。
たまには違った豆花食べたいなあ・・・と思った時に、これを食べると、
さらに豆花愛が強まること間違いなしです。
お値段も40~50元なので、ちょい食べにはぴったり。
雙城夜市でご飯を食べた後にスイーツも・・・と思った時にも便利。

賛否両論はありますが、
なんだかんだ言って人気店であることを感じさせる丁香豆花のたまご豆花。
気が向いたら挑戦してみてくださいね。

それでは!

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

『台北 晴光市場の丁香豆花でたまご豆花を食べてみた』へのコメント

  1. 名前:へろろ軍曹 投稿日:2017/09/11(Mon) at 08:33:04 ID:9c65f7e43 Reply

    折角の新記事なので、先週土曜日に帰国前の9時半から夜市(朝市?二十四市?)て張ってましたが、10時半になっても開店せずで残念ながら食べれませんでした…。
    その上、昔記事の魯肉飯も失念(>人<;)
    コレはぺちぺちコンビ以上に今年中に再訪するしかないです!

    • ぺちお 名前:ぺちお 投稿日:2017/09/12(Tue) at 22:32:21 ID:739ed7fc3 Reply

      あら残念Σ(´Д`;)
      営業時間を書いておけばよかったのですが、
      営業時間はAM11:00~PM21:30と、
      台湾の飲食店らしく開店する時間が遅めだったりします・・・。
      大変申し訳ない!
      こりゃまた今年も台湾旅行ですね( ´ω`;)
      *遅まきながら記事に営業時間を追記させていただきました!

Leave a Reply