長良川鉄道と姉妹鉄道になった台鉄の内湾線で内湾老街に行ってみた 其の2

Pocket
LINEで送る

DSC04078_R
この記事は、
長良川鉄道と姉妹鉄道になった台鉄の内湾線で内湾老街に行ってみた 其の1の続きです。

~前回までのあらすじ~

色々とほかに行くべきところなどを吹っ飛ばして
いきなりディープ台湾を体験するために內灣に行くことになったぺちこ・ぺちおコンビ。
複雑な期待を胸に秘めつつ竹中方面へ向かう区間車に乗り込むのでした。

さて、微妙に雨の振る中、新竹から竹中に向かう一行、
朝が早かったこともありみんなで( ˘ω˘)スヤァ

起きたり寝たりを繰り返しながら、区間車に揺られて15~20分くらいでしょうか、
內灣線に乗換をする駅の竹中駅に着きました。

竹中駅ホームにはなんか見たことのあるキャラクターが・・・

DSC04066_R

台湾観光協会のキャラクターに似ているような似てないような・・・。目の錯覚か。

內灣方面の時刻表はこちらとなります。
非常に本数が少ないですね。おおよそ1時間に2本~3本の運行形態となっております。
単線なので仕方ありませんな。

IMG_0564_R

時刻表より、臺鐵 平交道安全 宣導影片のキャラクターに目がいってしまう・・・。

內灣方面には、こちらの渋い面相を持つ「DR1000系」で向かいます。
ディーゼル車でございますよ。なので電車ではなく、気動車です。

IMG_0557_R

冷房付の豪華列車です。なんちゃって。

車両の内装は観光地向けということもありファンシーな感じ。

DSC04077_R

ライオンにも見えるし、燃えているハムスターにも見える。

子供が喜びそうな座席シートもあったり。

DSC04078_R

吊革のキャラクターと一緒かな?ビニールシート張りなので汚しても大丈夫(意味深)

天井もロボットチックな絵が書かれていました。

DSC04079_R

まあ、よく分からんキャラクターです。右の絵は手書きか!?

さあ、再度列車に揺られて30~40分くらい。やっと內灣駅に着きました。
台北駅から新竹駅に来るよりも時間がかかったのは驚きましたね。

IMG_0588_R

しばらくの間お別れだよ、DR1000系よ・・・。

しかし子供が喜びそうな外装ですわ。これってポケモンかな。

DSC04085_R

残念ながらポケモン世代ではないのでわかりません・・・。

なんて思いながら写真を撮っていたら、
みんなに置いてけぼりにされそうになったので急いで駅外にダッシュ。
駅前はこんな感じの様子でした。

IMG_0599_R

懐かしい感じのする駅前ですなあ。初めて来たのに初めてじゃないみたいな感覚です。

雨が降っていなければ美麗な景色が広がっていただろうに・・・。
非常に悔しい。まあでも梅雨期の台湾だから仕方ありませんな。
雨自体は大降りでなかったのが救い。

IMG_0600_R

地元に帰ってきた感覚の光景が広がっています。

內灣老街観光に行く前に內灣駅構内(?)の様子を撮影。
日本はゴールデンウィークでしたが台湾は平日だったのでお客さんは
まったくいませんでした。なお休日は天燈上げで有名な十分並に混雑するとかしないとか。

IMG_0607_R

誰もいないけどなぜか安心する光景。不思議です。

最後にもう一度パシャっ!

IMG_0614_R

また2時間くらい後に会おう。あばよ!

さてと、內灣駅を後にして內灣老街観光と行きますかね。

DSC04087_R

あ、そうそう。
ぺちこ・ぺちおは勘違いをしていまして、內灣に彎という文字が名前についているから、
奥まったところにある海だか、入り江だか、河口付近の街なのかなあと思っていたんですが、
訳が分からないくらい山奥にありました。ええ、一番の驚きです。
皆様のご注意くださいませ。

內灣老街 住所:台湾 新竹県 内湾

さてこの話はまったりと続きます。

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply