台北であえて日式拉麵を食してみた(しかもデブ垂涎、歓喜の豚骨ラーメン)

Pocket
LINEで送る

IMG_2681_R

ラーメン大好きドリーム(ぺちお作詞)
ラーメン、ラーメン。麵麵麵麵♪
炭水化物と塩分と脂分の塊♪
ついつい大盛り、ついつい替え玉、ついでに高菜をトッピング♪
朝でも昼でも夜にもラーメンを食べて~。
するっと噛まずに食べすぎて~♪
いつのまにか太ってしまってあら不思議~♪

やばい!

【悲報】ベルトがしまらない

テレッテレッテレッテレーレー♪

はい。おはようございます。
台北旅行時の暴飲暴食がたたり、体重が制限を越えてしまったために、
現在、日本での生活は主に
きのこ鍋オンリーダイエット(主に舞茸)
に励んでいるぺちおです。

話を戻しますと、
台湾で日式料理と呼ばれる日本風、
日本式と呼ばれる料理を台湾で食べられたことはありますでしょうか。

日式は、まあいわゆる、日本式ならサービスが良いとか、味に優れるみたいなイメージを持たせるためのものらしいです。

皆様もご存知かと思いますが、台湾の街の中では、飲食に限らず、あらゆるサービスの看板で「日式」とつくものを見ることができます。

まあこう、一般的に日本人から感じる印象としては、
日本料理ではないんでしょ?
とか、
味付けやサービスは日本と違うでしょ?
みたいな印象をもたれるかと思われます。

ぺちおも台湾に行った時は、台湾の料理!台湾の文化!というのを優先していたので、日式に目が行くことは無かったのですが、ここ数年で日本企業(吉野家とか、大戸屋とか)が台湾で事業を開始したりすることが多くなってきて、日式に少々目が離せなくなってきているようです。

そう言うものは、厳密に言えば日式では無いかとは思いますが(๑´ㅂ`๑)

さて。
実は2015年の年末から2016年の年始にかけて台湾旅行に行ったとき、ついにその日式の代表格である「日式ラーメン(?)」を食べてきてしまいました。
え?なんで食べたのかって?
理由なんていうものは無い!

単に宿泊したホテルの徒歩1分圏内にお店があって、つい足を伸ばしてみただけですよ!
ま、まともに理由を述べるなら、宿泊したホテルが台北捷運(台北MRT)の駅近くで、近くに食事店が少ない上に、夜市やら歓楽街から遠かったってのが理由ですがね。
あと今回の旅行はのんびりすることが優先されたので、移動が必要とされる所へ行かなかったからなんです。

要するに、「歩くの面倒、疲れた、( ˘ω˘ ) スヤァ」のコンボに負けたわけです。

ええ、基本面倒くさがりなんで。

お店がホテル近所にあるってだけで、実はさほど期待していなかったわけですが・・・。

で、今回行った、とんこつラーメン屋の特濃屋さんは、
MRT雙連駅から歩いて、徒歩7~8分くらいの所にあるお店でございます。

濃厚豚骨ラーメン 特濃屋
住所: 台北市中山區中山北路2段77巷22號1樓

注意点ですが、駅から歩いてお店に向かう場合は、アンバサダーホテル側の通りに横断歩道を渡って少し歩くので、案外遠く感じるかもしれません。
まあ、國光客運1819でアンバサダーホテル停留所で降りて食べに行ってもいいかも(なんちゃって)

そんな特濃屋さんの姿はこちら。

IMG_2631_R

台湾で見ると少々違和感を感じるしっかりとした日本語。

おーう。日本語(驚愕)
まあ、台北市内であれば、日系企業の進出が多いので、そんな驚くことも無いわけではありますが、なんだかんだ言って新鮮ではあります。

IMG_2646_R

うん。台湾に来た感じがしない。家系だし。

IMG_2650_R

ド定番と来たもんだ。DXとか短縮外来語を使うのは日本らしいですわ。

ほほう・・・180元からか・・・。今の円台湾ドルレートで考えると、日本で食べる値段と変わりませんな。
とは言いつつも、台北市内の牛肉麵屋さんで食べる牛肉麵もこれくらいの値段であることを考えると、かなり善戦しているとも言えます。

ゴクリ・・・。
稀に塩辛い、脂っこい食べ物を食べたくなるんですよ。
それの影響で太るわけでありますが٩(´͈౪`͈٩)

IMG_2653_R

トッピング自由というのが嬉しい。大盛りは20元です。

店構えは、日本のお店がそのまま台北市内に引っ越してきたような雰囲気です。
夕方時にお店に行ったのですが、4~5人くらいの行列がお店の外に並んでいたりしましたね。
年末じゃなかったらもっと多いのかも?案外人気店なのかもしれません。

ちなみにお店の外に待っている人用にベンチと灰皿がありましたよ。
ベンチは屋根下にあるので、雨天時にも安心して列に並べるかと思います。

さて、お店の中に入って着席。
着席したところで壁に貼られていたメニュー。美味そうでございます。期待できるかも・・・!

メニューを眺めると・・・、みてください豚骨ラーメン好きが大喜びするラインナップ。そして日本語でも書いていただいているので、中国語がまったく分からん方でも安心して注文が可能でございます。

IMG_2662_R

九州ブラックにも心惹かれるが・・・。お口がニンニク臭くなっちゃうね。

なんという心意気。まあ、アルコールは高いが。ここらは日本的な感覚でありますな。

IMG_2682_R

気合の入ったメッセージ。期待できそう。

トッピングが増えると少々お値段が高くなるのも日本と同じ。
まあでも大盛りがあるのは嬉しい(デブ)

IMG_2725_R

まあ、デブならまず「ご飯もの」と「から揚げ」のセットは外せないが、今日はぺちこの目があるので断念。

そして、卵2個!入りの濃厚豚骨DXに目を奪われる・・・が。
さすがに中年が食べる量ではあるまい(・ิω・ิ)

IMG_2732_R

デブが踊って喜ぶフライドポテトもあるようだ。しかしから揚げ大きい・・・。

で、私ぺちおさんは、辛党必食の味玉豚骨REDラーメン。
ぺちこさんはスタンダードに濃厚豚骨ラーメンを注文

ちなみに、味の濃さ、脂の量、麵の固さをリクエストすることが可能でございます。
わたしゃ味濃い目、麵固め、脂多目でお願いしましたけどね(デブ)

そして、注文から5分・・・。

来ました!

僕の味玉豚骨REDラーメン!

見てこれ。
大盛りの辛そうな辛肉味噌玉が魅力的じゃないですか!
そして、豚骨の食欲を誘う香ばしい良い香りが立ち昇ってきます!

IMG_2735_R

美しい盛り付けにうっとり。卵のつやつやした姿に惚れ惚れします。

ぺちこの注文した、濃厚豚骨ラーメンも到着。
見てこの美味しそうな豚骨スープ!

デブ歓喜♪

IMG_2765_R

チャーシューが美味しそう・・・。ゴクリ。

さてさてお味のほうは・・・。

!?

やばい。こりゃあ本物の豚骨スープだ!

○ゃん○らより美味しい!(問題発言)

IMG_2781_R

単体では辛い肉味噌玉も、スープと混ぜると、豚骨スープの引き立て役に。

そしてこの辛肉味噌玉をスープに溶かすと・・・。
うん、辛い。

でも、このまろやかな豚骨スープとの相性がばっちり!
脂っこさを緩和させて、香りを引き立ててくれる気がする。

こりゃあ
「豚骨ラーメン界の世紀末覇王や~!」

ぺちこの頼んだ濃厚豚骨ラーメンも食べさせてもらいましたが、味普通、脂普通ということもあって、あっさりとした印象。
しかし!豚骨スープが中太麵に良く絡んで美味しい!
これだよこれ。豚骨ラーメンってのはこうじゃなきゃだめだ。

すいませんビールください(問題発言)

まあ、ぺちこがビールを頼もうとしようとしたのは阻止しましたが( ・ὢ・ )

あとね、豚の角煮、チャーシュー、半熟卵がとろっとろっのホクホク。
口の中に入れると、その柔らかさに驚きます。
舌の上でお肉が蕩ける感じ。なんということでしょう!
びっくりですよ。
こんなに本格的な豚骨ラーメンを台北で食べる事ができるなんて。

正直、日本で下手なラーメン屋で食べるより美味しい。

スープに対する気合の入れ方が違います。

食った。食った。
なんというか、もう2杯くらい食べたくなるくらい、それくらい美味しかった。

IMG_2794_R

ご馳走様でした。しかしスープをここまで飲むのは久しぶりですわ。それくらい感動しました。

感動しましたわ。
こりゃあ日式に対する印象を変えなければならない感じですわ。

まあ、せっかく台湾に旅行に来たけど、食事が合わない方もいらっしゃると思いますが、そんなときに安心して食べられるラーメン屋さんって思いました。
もし、少々台湾の食事に飽きたなあとか思った方。
雙連駅で降りることがあったら、是非とも特濃屋さんのラーメンを味わってみてくださいませ。

満足できるかと思いますよ、それでは。

というより、年始早々から、ドラゴンフルーツ、日本式ラーメンの記事を書くとは、今年も頭が沸いているようです。なんちゃって♪

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *