台中 玉口香扁食園の綜合紅油炒手と蔬菜扁食湯の雲吞(ワンタン)はのど越しつるつるのプリプリでした

Pocket
LINEで送る

鹹点心、鹹という文字が表すように塩辛く甘くない点心、色々と種類があります。例えば、粽とか小籠包とか餃子、油條、焼売(シュウマイ)が鹹点心です。その中でぺちおが好きなものは・・・、平たく言うと全部好き(ぉい
冗談は置いといて、雲吞(ワンタン)が好きな鹹点心のトップ3に入ります。
プリプリツルツルの雲吞を飲み込んだ時の至福感と言ったらもう・・・、思い出すだけで涎が出てきてしまいます。

というわけで、2017年7月の台中滞在時に雲吞の有名料理店を偶然にも発見しましたので、来台するたびに夢見ていた念願の台湾雲吞(ワンタン)を頬張ってまいりました。

この日は台湾旅行初日。
ぺちコンビは、最初の滞在都市である台中にやってまいりました。

旧駅舎側からの移動が非常に手間。早く工事が終わるといいなあ。

台中に到着したのは、正午の12時前。
ホテルチェックインが出来る15時まで少し時間があるので周辺を散歩してみることに。

ぺちコンビは、ちょっとした路地裏散歩が大好物。すいません、通りますよ / ´_ゝ`)

駅近隣を散策しつつどんな施設が周辺にあるのかを調べていると、駅から10~15分程度歩いた場所に台中市第三市場という市場があることが分かったので、そちらに向かってみました。

台中市第三市場は、なかなか良い雰囲気。沢山の商品が軒下に並べられています。ちなみに台中駅周辺は、台中市第三市場の他にも沢山市場があるので、市場巡りをするのも楽しいかもしれません。

市場巡りだけで、二日間くらい遊べるんじゃないかと思うくらいの充実度。市場マニアには堪らない。

台中市第三市場巡りがひと段落したので台中駅に戻ろうとすると、台中市第三市場の近くに果物屋さんを発見。店内を覗いてみるとマンゴーの安さにびっくりです。どおいう仕組みか分かりませんが、台中近隣で見かける果物は、台北は勿論のこと、台南よりも安かった。

なんででしょうかねえ。不思議ですねえ。ぺちコンビにとっては嬉しい限りですが。

そのあとは、台中駅近くに戻ってきた時に見かけたこちらのお店でドーナッツをゲット。

新台中駅駅舎側の路地裏の角にあるドーナツ屋さん(?)。結構人気がある様子でした。

炎天下の中で食べるものじゃないよなあ・・・などと思いつつ食べてみると、あらびっくり!
10個くらい買っても損はないと思うくらい美味しい!サクサクのフワフワでしたよ!

この揚げドーナッツはなんと10元!この際カロリーは気にせずに大量購入すべき。

そのあとしばらく、駅周辺をぶらぶらしつつ小吃三昧をしていると、ホテルにチェックイン出来る時間になりました。案外時間が経つのが早い・・・。今回入室した客室は、台中駅を見下ろせる高層階で、予想以上に部屋が広く、ぺちこ先生もニッコリ(´◡`)でした。

台中駅を見下ろせるので、鉄道マニアも喜ぶであろう。

さあ、ホテルのチェックインが完了して一息ついたわけですが、気持ちが落ち着くとあら不思議、なぜか減ってくるお腹。というわけで、散策中に見かけたこちらのお店にやってまいりました。

近隣は飲食店が多いので、ハシゴ(?)も可能ですぜ。

玉口香扁食園 住所:台中市東區大智路52號

お昼時間帯にお店を覗いた時は非常に混んでいましたが、夕方の17時頃に来た時は難なく着席できました。座席数が少ないので、訪れる時間帯によっては持ち帰りの方がいいかも。

店内が暗い店だと入りにくいので、店内が明るいお店は嬉しかったりする。

さて、メニューを見ることにしましょう。
なんでこんな写し方したんだというメニュー写真ですが、麺類はかなり豊富。
紅油(辛めの味付けがされた油)を使っている料理が多いですな。

蘭陽乾麵も美味しいらしい。どれにするか迷いますな!

記憶が確かなら、店頭にある調理場近くの従業員さんに注文票を貰った記憶。
支払いは、もしかしたら後払いだったかも。

いつも席番号が「1」な気がするのは気のせいです。

しかし、このお店に入るまで結構食べたので、麺は厳しそう・・・
ということで、綜合紅油炒手蔬菜扁食湯を注文することにしました。

ぺちコンビにしては控えめ。胃がもう3個くらい欲しい・・・。

今年の台湾は暑いねえ、旅行の予定はどうしようかねえと、他愛のないことをぺちこと話しているうちに、注文した料理が席に運ばれてきました。

こちらは、蔬菜扁食湯。野菜雲吞スープですな。55元なり。

これだけ見ると、野菜が入ったスープに雲吞が入っているだけですが・・・。

こちらは、綜合紅油炒手。雲吞(抄手を雲吞というらしい)を紅油で合えたものですな。70元なり。しかし、ワンタン多い、大きい・・・。

綜合紅油抄手麵にしておけばよかったか・・・!?

まずは、綜合紅油炒手をいただくことにしましょう。

実食開始!

ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”

おおっ・・・
やばい見た目より雲吞大きく感じるぞ!
しかも、大きい上に具がぎっしり詰まってる!
思った以上に食べ応えがありますぜ、これ。
そして、具がぎっしりと詰まっているプリプリツルツルの雲吞を噛むと、弾力に溢れている餡から旨味がにじみ出てきて、非常に旨味!紅油は、たまにピリリと感じる時もありますが、基本的に辛さは控えめ(ぺちお的には)。この食欲を誘う香ばしい匂いの甘辛の紅油を、噛み応えのある雲吞に絡めつけてから食べると、コクが加わってさらに美味しい!

この雲吞は噛まずに飲み込めるぜ!(それは無い

紅油の濃い目の味付け、コクのお陰で、麺が不要なくらいの満足感ですよ!

綜合紅油炒手麵にしなくてよかったボリューム感。雲吞だけで満足ですよ・・・!

次は、蔬菜扁食湯をいただくことにしましょう。

ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”

あ~、優しい・・・
でも、優しい風味と味付けの中に深い旨味が感じられますなあ。
人によっては物足りないかなあと思うくらい、絶妙な塩気のこのスープ。
飲み進めていくとあら不思議、なぜかひたすら飲みたくなる。
雲吞の旨味がスープにも出ているのかもしれない・・・。
雲吞も噛み応えがしっかりしていて、噛めば噛むほど旨味が滲み出る。
とくにこのスープと雲吞の相性が素晴らしい。

癖になるぞおお!お代わりください!

朝昼晩食べてもいいくらいの優しさと美味しさ、そして腹持ちもいい。
台中雲吞界の底力を感じますね!

とにかくスープが優しい風味とお味で飲みやすい。雲吞もプリプリで堪りませんなぁ。

ちなみに蔬菜扁食湯の雲吞の中身がこれ。ぎっちりと餡が詰まっております。
餡には、ニラが非常に多く入っており、シャキシャキとした食感がいいアクセントになっております。噛み応え、食べごたえはかなりのものですよ!

このニラがいい仕事しているんですよ・・・。

ご馳走様でございました!

初日から飛ばすわけにはいかないなあなどと思いつつも、トップバッターがいきなりホームランと言ったところ。台中新駅舎側にある飲食店の実力は侮れませんな。
とにかく、違和感なく食べられる美味しさ!
風味と味付けのバランスも良く、スープの旨味を吸いきったツルツルプリプリの雲吞を噛んだ時は、餡から出る肉汁とスープが絡み合って、滋味あふれる旨味を楽しむことが出来る。
また、ボリューム感あふれる雲吞が非常に多く盛られており、腹持ちが非常に良くてお財布にも優しい。
台中駅近くに来たら、玉口香扁食園の雲吞、一度は挑戦してみる価値ありだと思いますぜ。

なお玉口香扁食園は、台北市内にもお店があるらしい。チェーン展開しているんでしょうかねえ。でもチェーン店とはいえ、台北市内のお店で同じ味の料理を楽しめるかどうかは不明ですけどね。

Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply