高雄 橋頭太成肉包陳家第三代(糖廠店)の肉まんが侮れない

Pocket
LINEで送る

やっとこさ記事更新の調子が戻ってきたぺちおです。こんにちは。
まあ、あまりの冷え込みにどれだけ維持できるかは不明ですが、生暖かい目で見守ってやってくださいませ。

で、本題です。ぺちこ抜きで楽しむ高雄旅行時、台湾・高雄の製糖工場跡を観光したのですが、その時に見つけた肉まん屋さんがかなりの旨味でございました。
今回の記事は、そちらのお店で肉まんを実食した時のレポートです。

この日は朝6時30分には起きて、観光準備開始でした。例によって、むにゃむにゃ言って寝続けようとする同行者をたたき起こしたのは言うまでもない。まずは腹ごしらえ。ホテルの朝食を食べて、英気を養います。

ぺちお的に饅頭と花巻があれば朝は満足です。それと温かい豆乳があれば完璧。

外に出ると青空が広がっていて、気温も18℃~20℃と比較的涼しめで観光日和の陽気。

ぺちこと台湾に来るといつも雨模様なのに・・・!もしかしてぺちこは、雨女!?

雲一片もない空を見てやる気が出てきたぺちおと同行者は、小走りで三多商圈駅へ。

いやあ、綺麗ですなあ。ここら辺一帯、高いビルが多くないので開放感がありますわ。

高雄KMRTの岡山方面の電車に乗ってしばらくすると電車は高架を走っていました。高架を走る電車の車窓から眺める風景はのんびりしていて、高雄中心地の喧騒から離れたことを実感。

郊外は遠くの景色まで見通せるのが良いですな。

なんてことを考えているうちに、台湾糖業博物館最寄り駅の捷運橋頭糖廠駅に到着。三多商圈駅から約30分程度で到着です。

良く分からん熊を見かけましたが気にしない。なお、橋頭糖廠駅からは、五分車というトロッコ列車にも乗れます。

初めて橋頭糖廠駅に来ましたが、非常にのどかな雰囲気。空を遮る高い建物が無いので遠くまで景色が見れます。

都市部にいると分かりませんが、台湾が南国の国なんだと感じさせる樹木が沢山見えます。

な~んて感動しているだけでは観光は進みませんので、さっさと駅を出ましょう。誰もいないのはご愛嬌。早い時間だから仕方ない。

ちなみに、改札を出ると右手に自転車レンタルサービスの受付カウンターがあります。アクティブに飛び回りたい方は、そちらで自転車をレンタルしても良いかと。

駅を出て、台湾糖業博物館はどっちかなあと考えつつ右手を見ると、何やら肉まんぽい何かと建物を発見。なんでしょうねあれ。

やけに挑発的な顔をした何者かを発見。調査開始!

早速近づいてみた。
うむ、これはいわゆる肉まん販売店のイメージキャラクターであろう。凛々しい眉毛に嫉妬ですわ。ここでぺちおは、肉まん赤ほっぺ野郎と命名。しかし、ぺろりと出ている舌が小生意気に見えますな。

男前といえば男前。純粋な目と凛々しい眉毛がチャームポイントの肉まん赤ほっぺ野郎。きっと同級生の女子にはモテモテであろうキャラクターです。

肉まん赤ほっぺ野郎を撫でた後に左手を見ると座席を発見。座席のテーブルの上にはメニュー表がありました。こちらで肉まんを食べることも可能な様子。

あらまあ、まさかの包子さんメニューを発見。これは調査するしかあるまい。

なにやら美味しいものの気配を感じたので、お店に行ってみましょう。
こちらはお店の手前に並んでいた肉まん赤ほっぺ野郎とその友達。相変わらず、ぺろりと出ている舌が小生意気です。

右の肉まんは、Vサインをしています。しかし、見れば見るほど小生意気に見えてくる。

お~、まだ朝の9時半なのにお店がやってる。朝ごはんを食べた記憶は有りますが、肉まんは別腹なので買いますよ!

ちなみにこの写真の右手に見える厨房では、皆さんが生地をコネコネされておりました。

注文はこちらのカウンターにてどうぞ。なお、まだ営業したてだったようで、この時点で注文できる品物は3点のみ。くっ、悔しい・・・!

蔥花捲ください!って言ったら、まだ商品の準備が出来てないから、他の商品を選んで!と言われてしまい意気消沈です。悔しい・・・!

写真は有りませんが、同行者は招牌鮮肉包を注文。黒糖大好きぺちおは、黑糖蔥肉包を注文です。さて、黑糖蔥肉包のご尊顔はこちら。
うむ、黒糖が練り込まれた艶々とした生地。素晴らしい・・・。ほんのりと黒糖の香りが漂ってきてお腹が空いてきました。さていただきましょう(;・`д・́)…ゴクリ

美しい・・・。なんと見事な造形美。生まれ変わったらこの肉まんになりたいくらい。

ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

うむ、これは良い!黒糖の風味が餡の旨味を絶妙な感じでアシストしております。
ほんのりと感じられる黒糖の甘味も邪魔になることが無く、餡とのバランスよし!
生地は柔らかめで食べやすく、噛むたびにと黒糖の香ばしい風味が鼻腔をくすぐります。

なお、招牌鮮肉包の写真は迂闊に取っていなかったのですが、同行者にお願いして一口食べた感想を申し上げておきます。
とにかく旨いの一言でしたわ。さすが招牌鮮肉包(お店の看板・評判になる肉まん)の名に恥じないクオリティでございました。

生地を噛むたびにあふれ出る、旨味たっぷりのアツアツ肉汁が堪りませぬ。サイズもちょうど良く、女子の方でもぺろりと食べられる感じ。このサイズなら食べ歩きがしやすい!こりゃあ肉まん界の隠れた刺客ですぜ。

甘めの黒糖生地だからどうだろう・・・と心配していましたが、杞憂でした。これは黒糖だからこその感動でしょう。旨し!

製糖工場跡観光が主な目的だったため、全くと言っていいほど食事は期待していなかったのですが、良い意味で裏切られてしまいました。近隣の観光をしてお腹が空いた時に少しだけつまむのに便利ですし、とにかく満足できる旨さ。観光地の飲食店に多いがっかり感とは無縁のクオリティでございました。

手軽に食事をしたい。でも美味しくないと嫌だ!と言ったワガママな方のリクエストにも応えられる橋頭太成肉包陳家の肉まん。製糖工場跡観光と合わせて、是非とも挑戦していただきたいところです。

それでは!

橋頭太成肉包陳家第三代(糖廠店) 住所:高雄市橋頭區興糖路1巷1號

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply