偶然食べた蓮霧(レンブ)が美味しくてびっくりしましたのよ

Pocket
LINEで送る

IMG_7688_R

皆様こんばんワイン (´・ω・)Y Y(・ω・`)

2016年も始まったばかりで、まだ2月。
春まではもう少し時間が必要ですが皆様はどうお過ごしでしょうか。

わたくしぺちおは、東○西川というメーカーが販売している
フワッフワッサラッサラッの敷き布団カバーらしきものをゲットした影響で
最近は布団から出るまでに30分以上の時間をかけるようになってしまいました。

肌触り、通気性、保温性ともに向かうところ敵なしの
コタツ布団を越える不死鳥の羽毛のごとき敷き布団カバーですわ。

え?おまえの近況なんてどうでもいいって?
そうですね。分かりました本題に入りますԅ( ˘ω˘ԅ)

さあ、台湾の果物といえば、皆様が思い浮かべるのは、芒果(マンゴー)!
ぺちお・ぺちこコンビも大好きです。

しかし、年中暖かいイメージ(んなこたあ無いけどな!)のある、亜熱帯地方に位置する台湾でも、マンゴーを収穫できる季節、旬といわれるのは、春先の5月から夏の終わりに近づく9月くらいまででございます。

で、年末年始にかけて台湾で過ごすときに、マンゴー食べたい病が発祥したのですが、
12月、1月なんて冬真っ盛り、基本的には冷凍マンゴーしかないわけですよ。
そう・・・冷凍マンゴーなんて食べてたまるか!(ぉい)
と考えて、他の果物を食べることを決意したんです。

IMG_1062_R

生のマンゴーは冬季には食べられません。マンゴー目的の方はご注意ください。

そのとき候補に上がったのは、釈迦頭(バンレイシ)、火龍果(ドラゴンフルーツ)といったところ。まあ定番といえば定番、そして9月の台湾旅行時に実績(?)のある果物でございます。

だがしかし!
根性のひねくれているぺちお・ぺちこは、安心して食べられる果物を他所に、未知の果物を食べることに挑戦したわけです。

そんなときに白羽の矢が立ったのは・・・・・

蓮霧!
日本語名だと、「レンブ」

どんな果物かというと・・・

IMG_8012_R

どど~ん。ラッキョウにも見える・・・。

こんな感じ。
大きく見えますが、実は結構小さいんです。

そして、手に持ったときの写真はこちら。

IMG_8060_R

実の中身は空洞でございます。

とまあ、手のひらにすっぽりと収まるくらいの大きさです。
で、この果物、なんと皮を剥かずに噛り付くことができるんですよ。
調理道具を持っていない観光客にとっては非常にポイントの高い果物となっとります。

風味は非常に爽やかな林檎みたいな感じで、食感はさくさく、しゃきしゃきとしておりまして、甘すぎることも無いのでぽんぽん口に放り込めるような感じ。
涼しげな香り、風味と小気味の良い歯応えを楽しめる果物でしたね。

例によって、雙連站(双連駅)近くの八百屋さんでゲットしたわけですが、あまりの美味しさにぺちお・ぺちこともに感動して、3日連続で買いに行きましたワイ。
まあさすがに3日連続ともなるとお店のおっちゃんにまた来たよあの日本人みたいな顔をされるようになりましたが・・・・・。

IMG_8089_R

案外大きい種、さすがにこれは硬くて食べられません。

で、このレンブさんを食べるときの注意ですが、ヘタのあたりは汚れていたりするので食べないようにするってのと、種は食べられません(当たり前)

実はそのとき、レンブが美味しくなかったときの保険に、火龍果(ドラゴンフルーツ)も一個買ったんですが、そのときのドラゴンフルーツの雄姿はこちらでございます。

IMG_8031_R

この丸々とした実。ああ食べたい・・・。

見て!この真っ赤で瑞々しい果実。美味しそう・・・・・。

こちらは蓮霧(レンブ)と火龍果(ドラゴンフルーツ)の結婚式(なんじゃそりゃ)の図。
今見ても涎が垂れますわ。

IMG_8055_R

このときの値段は、120元と80元くらいだったかな・・・?まあいい値段ですわね。

とまあ、レンブを初めて食べましたが、噛んで楽しい食感、癖の無い甘みに虜になってしまいました。しかも!11月~6月は、レンブの旬の季節だったらしいんです。いやあ、本当に運が良い!ええ、何も考えてなかったのが功を奏したんでしょうねŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹

てなわけで、夏に台湾に行けなかったから果物が楽しめないよ!と言わずに、冬の台湾に行った際にはレンブに挑戦してみてくださいませ。

はまると思います!
それでは~。

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply