【悲報】台湾高雄にいるが、なぜかカップラーメンで昼飯が完結!

Pocket
LINEで送る

385_R

こんにちは。
皆様はゴールデンウィークの初日、どのようにお過ごしでしょうか。
わたくしぺちおは、現在台湾の高雄に滞在しております。
まあ、今回の旅も、既に色々なことがありましたが、
そのうちぺちこさんが記事にまとめてくれるでしょう(ぉい)

さて、今はホテルの部屋にいて、パソコンの画面とにらめっこ中です。
え?なぜかって?
そりゃあなた・・・。

【悲報】仕事が終わっていない!

ってことです。
もうね、28日に日本を出国するときから、嫌がらせのように仕事のメールが来ましてね、なんというか新しい苦行かと思いましたよ。

まあ、ぺちおの方は、四六時中面倒を見なければならないような案件ではなかったので良かったのですが、ぺちこさんは悲惨でして、成田空港に向かう時も、成田空港のラウンジでも、桃園空港の入国審査をするときも、桃園空港から高鐵桃源站に向かうときも、高鐵で左營站に向かうときも、ホテルに着いてから今に至るまで、ずっと顧客とのやり取りをしております。

そのような理由から、観光に行けない状態が続いておりまして、ぺちおの昼ごはんが小北百貨で買ってきたこれになりましたのよ。

329_R

まさか、台湾旅行二日目にこれを食べることになろうとは・・・。

うむ・・・。
なかなか良い図体をしております。
というわけで、こちらの阿Q桶麵(生猛海鮮風味)を調理していきたいと思います。

332_R

どきどき、どんな味かしらね・・・。

まずは、こちらのカップ麵の封を開けて、上面の蓋を開けます。

337_R

蓋は、硬くもなく柔らかくもなくといったところ(なんじゃそりゃ)

カップ麵の蓋を開けると、中に調味料が2種類入っています。まずは、この2袋の調味料をカップ麵の中から出します。

343_R

左の白いのは、いわゆる油分。油分がないと、ぼやけた味になってしまいます。

はい、こんな状態にしてくださいね(ぉい)

357_R

麵は量が抑えられており、食べ過ぎのぺちおにぴったりです。

2袋の調味料を開けて、カップ麵の中に放り込みます。
そして、熱々の熱湯を600ml程度入れます。

361_R

海鮮麵らしく、わかめや海老があるのが分かります。

そして、出来上がるまで、3分ほど待ちます。

゚。・:★’。・(*´ω`人)。oO(出来上がるまでお待ちください♪) .゚・:*:・゚☆

さあ、3分ほど待って、出来上がったカップ麵はこちらです!
箸が無かったので、マドラーらしきもので代用。
必要なものがすぐに見つからないのは、旅行では良くあること・・・( ‘ω’ )

385_R

お~う、なんだろう。少々寂しい気がしないでもない。

さて、この寂しい孤独飯のお味は・・・。

ぺちお
うむ、これはまさに台湾のカップ麵。
少々味が薄いように思えるような、ぎりぎりの塩加減と、海鮮類の強い風味。
これはまさに、塩ラーメン!(ง `ω´)ง
なんだろう、おかずが欲しくなるよぺちこさん!

はい、ごちそうさまでした。

日ごろ塩分大目の食事をしているぺちおに、
ぴったりの塩分控えめ(?)なカップラーメンでございました。
しかし、カップ麵を食べきったわ良いが、ぺちこさんの仕事もまだ終わらないし、阿Q桶麵(生猛海鮮風味)以外のカップ麵でも買ってきますかのう・・・。

それでは~。

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *