台南 赤嵌樓近くの艾摩多手工杏仁豆腐で再び杏仁雪花冰を堪能してみた

台湾グルメ

ども、ぺちお(@hao2taiwan)です。
もうすぐ冬が訪れそうな台湾で冷え冷えスイーツを食べるシリーズの記事です。

台南 赤嵌樓近くの艾摩多手工杏仁豆腐で再び杏仁雪花冰を堪能してみた

2019年10月の台南旅行時、台湾への到着が予定よりも1時間弱遅れてしまっていたために、台南に到着したときはかなり腹ペコの状態だったぺちコンビ。
とはいえ、道端で見かけたアイスクリームを食べたら更に空腹感が倍増。中途半端に食事をするべきじゃなかった・・・。これは、あれを食べるしかない・・・あれだ・・・。

義美食品のソフトクリームだけでは、ぺちこが満足しなかったのです・・・。

 

ということでやってきたのは、赤嵌樓近くで営業している「艾摩多手工杏仁豆腐ai mó duō shǒu gōng xìng rén dòu fu」。

台南 赤嵌樓近くの艾摩多手工杏仁豆腐で杏仁湯豆腐と杏仁雪花冰を食べてきました
ども、ぺちお(@hao2taiwan)です。 真夏の台湾で冷え冷えスイーツを食べるシリーズの記事です。 台南 赤嵌樓近くの艾摩多手工杏仁豆腐で杏仁湯豆腐と杏仁雪花冰を食べてきました 2017年7月の台湾旅行は運が良く、訪れた場所で食べた食事は9割方が当たりでした。 とはいえ、計画的に飲食店に入ったことは無く、すべてが思い付きと勢いのみの行き当たりばったりプラン。運がよかったと言えましょう。...

 

こちらのお店で食べられる杏仁豆腐スイーツにぺちコンビが、2017年7月以来「ドハマり」しておりまして、台南に来るたびに食べに来ているお店だったりします。

台南にしては、遅い時間まで営業している貴重なお店だったりします。

 

艾摩多手工杏仁豆腐への行き方

なお、艾摩多手工杏仁豆腐は、駅前ロータリーを抜けて成功路をまっすぐ行った後、朝市が開催されている鴨母寮市場を過ぎたあたりで左に曲がってしばらく進んだところの飲食店が並んでいるところに店舗があります。もし、15分近く歩くのが少々厳しいと思う場合、予算(?)が許されるのであればタクシーで向かうのが無難かもしれません。

また、台南駅前にあるT-Bike 台南火車站前站で自転車をレンタルして艾摩多手工杏仁豆腐に行くのも一つの手段です。自転車移動であれば体力を温存できますし、艾摩多手工杏仁豆腐周辺の観光スポット(赤崁樓、永樂市場、水仙宮市場など)巡りも捗ります。気が向いたらお試しください。

艾摩多手工杏仁豆腐 住所:台南市中西區赤嵌東街26號

 

艾摩多手工杏仁豆腐の杏仁豆腐スイーツを食べてみた

商品の注文方法について

注文方法は、店員さんに渡されるメニュー兼注文票に記入をして、カウンターで先払いの方式なので迷うことは無いでしょう。
ぺちコンビは、杏仁雪花冰xìng rén xuě huā bīngあずき(紅豆)、ハトムギ(薏仁)、仙草ゼリーをトッピングに指定して注文完了。久方ぶりの杏仁豆腐スイーツに胸が高まります。

遅い時間に来たのでいくつかのトッピングは品切れでした。残念!

 

で、こちらが杏仁雪花冰(あずき、ハトムギ、仙草)
甘く煮詰められたハトムギとあずき、そしてすべすべの仙草ゼリーに、雪のような白さを誇る杏仁豆腐が包まれております。美しい・・・、思わず頬擦りしてしまいそうです。

つるつるスベスベの杏仁豆腐に首ったけです!

 

杏仁雪花冰を食べてみた

さて、杏仁雪花冰に入っている杏仁豆腐は、日本で一般的に食べることができるとものとは異なった味わいなのが特徴です。張りがあって玉のように滑らか。そして抜群のど越しが印象的・・・。一度口にしたら脳裏に刻み込まれること間違いなし。

ああっ・・・、杏仁豆腐風呂に入りたい・・・!

あっさり風味の杏仁豆腐と甘味強めのハトムギとあずきはバランスが取れており、脇を固める仙草ゼリーも清涼感を足す好アシスト。
果物が贅沢に盛られたかき氷はもちろん美味しいのですが、派手さは無いけども素朴なかき氷もイイと思わせる安心の美味しさ。

これはまさに
大人の入り口に立ったティーンエイジャーを惑わす魅惑のかき氷!と言えましょう。
注意:ぺちコンビはティーンエイジャーではありません

 

ご馳走様でした。

相変わらずの美味しさ。いつでも安心して食べられる杏仁雪花冰。
シンプルイズベストの盛り付けでありながらも期待を上回る美味しさで大満足でした。
色々選べるトッピングを駆使して、QQ満載のかき氷にするのも良し、
飾らない定番かき氷で堪能するも良しのかき氷。
機会があったら是非お試しを。それでは!

コメント