中山國小站近くの天外天精致麻辣火鍋で火鍋食べ放題に挑戦してみた

Pocket
LINEで送る

160506-222301_R

こんにちは。

会社の元同僚が初台湾旅行に行くという事で、なぜか知らんが旅行日程を一緒に作らされているぺちおです。何やら今回は、2泊3日の旅行とのこと。正直2泊3日は厳しいと感じつつも、予定が埋められるようお手伝いしている所です。

さてさて、台湾観光時の食事と言えば、夜市の屋台というのが定番のようです。ぺちお・ぺちこも、お目当ての飲食店が営業を終了している場合は夜市で食べることがあります。

でも、夜市だと人ごみをかき分ける必要があったり、ゆっくり食べられなかったり、そもそも着席できなかったりと、中年の体力には厳しい。
座って食べたい!色々なものを食べたい!いっぱい食べても値段が変わらない!
そんな中年のわがままを叶えてくれるお店が台北で宿泊したホテルの近くにあったので突撃してまいりました。

天外天精致麻辣火鍋 民權一店  住所:台北市民權東路二段1號

こちらのお店のシステムを簡単にご説明すると、
2時間の火鍋食べ放題が基本となっております。

天外天は、台北市内にいくつか店舗があって、店舗ごとに料金が異なる模様。
ぺちおとぺちこが食べに行った民權一店は、営業時間がAM11:00~翌日のAM7:30。
月曜日~金曜日のAM11:00~PM16:00までは、一人489元。

それ以外の時間や土日、休日は、一人539元が必要です。他にもサービス料金を10%取られたりするので、一人600元くらい必要って思っておけばいいんじゃないかな。
小さいお子様は、一人239元で食事ができるので、「子供はあまり食べないだろうから、食べ放題は持ったいないかも・・・」とお考えになる方にも安心(?)かと。

ちなみにお店のウェブサイトはこちらです。

なお、天外天は台北の人たちに大人気らしく、夕ご飯の時間帯ともなると、お店の目の前は入店待ちの行列が出来ていたりします。
ぺちこ・ぺちおは運がよく、5分ほど待っていたら入店することが出来ましたがね。

さて、お店で着席してまず驚いたのは、焼き肉用の網があったこと。
火鍋以外に焼肉も食べられるのだろうか・・・。

20160506-211150-3_R

なかなかゴツイコンロ。こちらで鍋をぐつぐつ煮ますのよ。20160506-211203-1_R

未だ正体不明の焼肉網。そのうち分かるであろう。

20160506-211156-3_R

まあ良く分からんが、食材の鮮度を維持するために、注文できる数は8種類だぜみたいなことを言っているような気がしないでもない。

20160506-211224-1_R

テーブル横には大容量のティッシュも常備。まあ、火鍋はお口の周りが汚れますからね。

20160506-211230-1_R

怪しげな調味料もあったり。中身は見ていないので分からない。

20160506-211243-0_R

着席すると、店員さんが中国語でシステムの説明をしてくれます。中国語が通じてないと分かると英語で来る様子。まあ、半分くらいしか分からなかったけど、スープをどれにするか(何種類か選べるようす)
ぺちお・ぺちこは、四川麻辣を選んだような記憶、もう一つは番茄(トマトスープ)だったような。
あとは、お肉は食べ放題だけど、オーダーシステムになっていて、一回で注文できるお肉の種類は8種類までだよ~。みたいな説明をいただきました。
他にも、ソフトドリンク類など、デザート類も食べ放題とのこと。
なんとなくわかったふりをして、二人とも火鍋食べ放題にすることを店員さんに伝え、火鍋が来るのを待つことに決定。

5分ほど店内を眺めながら待っていると・・・

火鍋到着。辛そうな色をしていますな。でも、美味しそうな香りがしてきます。20160506-211401-1_R

お肉も一緒に運ばれてきました。こちらのお店では、火鍋に入れるだけでなく、テーブルの網でお肉を焼いてもいい模様。あらなかなか楽しめそうじゃありませんか。

20160506-211514-1_R

鶏だったような。火鍋が目的だったので、まあ何でもいいけど。

20160506-211523-0_R

一回目のお肉到着後、テーブルの上はカオスな状態に。食べ切れるのだろうか・・・。

20160506-211526-0_R

さあ、少々後悔をしつつも、どんなものが食べ放題になっているか、フードコーナーを散策してみます。

少々わかりにくいのですが、こちらは果物やケーキが置いてあるケース。フルーツは、グアバ、パパイヤ、スイカ、パイナップル、ライチ、オレンジなどが置かれています。お口直しの時に食べましょう。

20160506-211657-1_R

蓮霧もありましたわ。これらが全て食べ放題とはなかなかの大盤振る舞い。

20160506-211717-2_R

ケーキも充実。火鍋食べ放題した後に食べられるかは疑問ですが、選択肢が多いのが素敵。

20160506-211713-0_R

ケーキが入っているスーツの左横は、一品もののおかずが入っていました。

20160506-211658-0_R

キムチとか漬物っぽいものとかでしょうかね。食べませんでしたけど。

20160506-211708-0_R

打ってかわって右には生鮮類や野菜が並んでいる様子。

20160506-211702-0_R

貝やイカ、野菜、きのこ類などが沢山。どれを食べるか迷いますね。

20160506-211723-2_R

しゃぶしゃぶと違って、火鍋は野菜を多く食べられる気がします。濃い目の味付けがされたスープに野菜は非常に合いますからね。

20160506-211730-0_R

お皿も足りなかったら自分で取っていきましょうスタイル。色々な具材をいっぺんに持ってこようとするとお皿が不足しますからね。具材ごとにお皿を分けたいとも考えるだろうし。

20160506-211802-5_R

というわけで第一陣は、海鮮類の具を中心に取ってまいりました。
食べ放題ならではの大盛皿。これだけの量を屋台で食べたら・・・。なんてことは考えてはいけません。

20160506-212258-0_R

沢山ある具材を火鍋に入れるだけでなく、網で焼くこともできるのは嬉しい。
早速ホタテやキノコを焼きます。20160506-212253-1_R

こちらはお椀いっぱいに入れたパクチー(香菜)。パクチーも食べ放題でございますのよ。20160506-212308-0_R

ここは、付けダレ工場的なところ。様々なタレや、パクチーが置かれています。
自分の好みに応じて付けダレを調合しましょう。20160506-213135-0_R

おろしにんにくもたっぷり。旅行ですり減った体力をニンニクで回復だぜ。

20160506-213145-3_R

辛味好きには堪らないラインナップ。充実していますな。
20160506-213152-3_R

タレの配合黄金比率はこれだぜ!みたいな説明が書かれていたり。
こちらの例通りに作ってもいいし、自分なりのお気に入りタレを作ってもいい。
具材だけでなく、色々なタレの組み合わせが出来るのも嬉しいですな。

160506-223220_R
具材散策をしつつも、どうみても火鍋というよりキノコ鍋だろう・・・、というような状態にしていたらぺちこさん激おこ。すいません、責任を取って全部食べます。

20160506-214825-0_R

しばらくキノコとヤングコーン、貝類と格闘しつつ、焼肉(?)と火鍋を平らげて満足したぺちことぺちお。次のお目当てはデザートとなります。
実は、天外天で提供されているアイスクリームは、なんとびっくりハーゲンダッツのアイスクリームなんです。そしてアイスクリームも食べ放題。天外天恐ろしい子。

魅惑のアイスクリームコーナーにやってまいりました。正直火鍋より、アイスクリーム食べ放題の為に天外天に来たようなもんですわ。なんちゃって。

20160506-221649-0_R

うほ~。どれにしよっかねえ。迷いますわあ。まずはバニラとチョコレートかなあ。20160506-221654-0_R

こちらのクッキーチョコチップ的なアイスも美味しそう。左上はマンゴー味っぽい。

20160506-221659-2_R

とか言っていましたが、火鍋と焼肉で口の中が油ギッシュだったため、ベリーとマンゴーでお口を爽やかにすることに。うむ、うまい。胃袋がもう3個くらいあれば、アイスクリームを全種類制覇、全種類食べ上げてしまうんだが・・・。20160506-221900-0_R

ちなみにソフトドリンクも飲み放題でございます。いたせりつくせりとはこのこと。
まあでも、炭酸類のドリンクを飲んだら、たくさん食べられなくなっちゃうのが悩みの種。20160506-222431-0_R

口の中をさっぱりさせるためにスプライトを飲みましょうかね。効果があるかはわからんけど。細かいことですが、350mlじゃないところは、非常に気が利いています。20160506-221854-0_R

それから、ソフトドリンクだけでなくビールも飲み放題だったりするわけです。
素晴らしい。いつも行列が出来ている意味が良く分かりますわ。

20160506-223139-0_R

ハーゲンダッツだけでなく、明治のアイスクリームも食べ放題。台湾人の人たちはこっちがいいとかなんとか。ハーゲンダッツより日本製明治のアイスクリームの方が台湾人の口に合うんでしょうかね。

160506-223242_R

てなわけでご馳走様でした。

まあ、600元という値段を高く見るかどうかは人それぞれですが、色々な具材を焼いたり、火鍋で食べたりと楽しむことが出来るのはかなりいいですな。
着席して、2時間ゆっくりと食事を堪能できることを考えると、コストパフォーマンスはよさげ。屋台夜市でフルーツを食べまくったら、良く分からんくらいの金額になることもあるわけで、悩んだ時は天外天というのは良い選択肢ではなかろうか(トイレに困ることも無いし)

食べ放題という事もあって、具材一つ一つは目立った美味しさというわけではありませんが、決まった金額でビールやソフトドリンク、アイスクリームがお腹に放り込めるってのは、普通の飲食店には追随できないメリットですわい。

台湾旅行でたまには違った食事をしてみたいと思ったら、挑戦してみる価値はありかと思いますよ。

それでは!

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *