錦糸町駅前にある劉の店で特製鉄道弁当と雞肉飯を食べてきました

Pocket
LINEで送る

こんにちは。
仕事に忙殺されているうちに半年以上記事を書かずに怠けていたぺちおです。
ぺちこが持っているネタがぺちおと被らないものも多いことから、ぺちこが記事を書いてくれることを期待していたらこの体たらく。
しかも今年のゴールデンウィークは台湾旅行無しという顛末。
ああっ・・・台湾が恋しい・・・。

というわけで久しぶりの記事ですが、
東京墨田区にある錦糸町駅前に、これぞ台湾飯と言ったものが食べられるという噂を聞きつけましたので早速突撃してまいりました。
とはいっても、2017年末に書き始めていたけれども、塩漬けになっていた話ですが・・・。

その日は購入したてのスーパーカブ110(JA07)、名付けて自強號(PPではありません!)に乗って、東京都内にある台湾美食を探す旅と洒落込んだのですが、なにも考えずに走っていたら錦糸町に来てしまいました。

こちらは五柱稲荷神社。近隣には、東京十社に数えられる、「亀戸天神社」もあったりと、神社巡りも出来たりします。ぺちお的にはどうでもいいことだが。

ちなみに錦糸町、公共のバイク駐輪場が充実しているのでバイク訪れても安心でございます。錦糸町までの道のりも、明治通りや国道14号、蔵前橋前通りと多くの幹線道路を利用でき、公共交通機関も複数路線を利用できることから非常に利便性が良いのも見逃せない。アジア系食材のお店も多いし、ぺちコンビ大好物の中華系、アジア系飲食店も多いと良いことづくめ。まさにぺちコンビの聖地と言えましょう。

最近は、都心部でもバイクが駐輪できる場所が多くなってきた様子。車だと不安な場所でも、バイクならちょちょいのちょいです。個人的主観ですけどね・・・。

ちなみに劉の店があるのは、丸井 錦糸町店や、JRA ウインズ錦糸町がある出口、駅南口の、夜ともなると繁華街にありがちな、お兄さんたちの呼び込みで賑わう通りの角地にあります。

南口には、JRAのWINSがあるという事もあって、ドヤ街っぽい雰囲気もありますが、台北の龍山寺あたりの雰囲気が好きな方であれば問題ないでしょう。

というわけでこちらのお店が、劉の店。なにも情報が無い状態だと、普通の中華料理屋にしか見えない風貌ですな。

意識して見ないと台湾料理店と判断するのは難しい風貌です。

とはいえ、お店の軒先にある看板を見ると、台湾に行ったことがある人であれば思い当たるものが見えます。そうです、台湾鉄道弁当です。

じゅるり・・・。東京でこのお弁当が食べられるとは・・・!

台湾鉄道弁当以外にも、台湾旅行をしたことがある方であれば笑顔になってしまうであろう料理の数々。雞肉飯や蚵仔麵線などなど、看板を見ているだけでも大満足。

日本で食べる台湾飯としては良心的な価格だと思われます。価格を3.5分の1(TWD換算)してはいけません。決して。

もちろん魯肉飯もあります。なお、ぺちおはあっさりした雞肉飯の方が好み。

ぺちこ的には、魯肉飯の方が好みらしい。ぺちこの方が胃腸が若いのかもしれぬ・・・。

さて、レポート用写真の撮影はこれくらいにしておいて、早速お店に入って食事をすることにしましょう。

撮影をしに来たわけではありませんので入店しますよ!

さて、お店に入って最初のお仕事は、メニューを舐めまわすように眺めること。メニューに記載されている料理がどんな味なのかを想像するのが楽しいんですよね。
でも、ずっとメニューを眺めていると時間がすぐに過ぎてしまい、ぺちこから白い目で見られるのが玉に瑕。

今までに培った妄想力が生かされる!思い浮かべるのは、台湾満漢全席!

う~む。欲を言えば上から全部!と行きたいところではありますが、年のせいか最近食が細くなってしまいましてね・・・。
やはりここはお目当ての鉄道弁当と雞肉飯で我慢することにして、次回以降に他のものを食べることにしましょう。

2013年に比べると食べられる量が半減してしまいました。あの頃に戻りたい・・・。暴飲暴食をしたい!

テーブルの上に置かれている箸入れは、台湾に行ったことがある方であれば一度はお目にかかったことがあるであろう、例の金箸。ここだけ見ると日本ではない感覚に陥ります。

こうしてみると、この箸入れ便利ですよね。普段使いもできるし、来客時にも活躍しそう。我が家にも導入しようかしら。

臺灣啤酒も取り揃えられており、台湾で食事をするのと変わらない雰囲気。今回はバイクでの来店ですので飲酒禁止なのが悔しいところ。

ぺちおもぺちこもバイク免許を保持していますが、どちらかが飲酒してしまうと何かあったときに対応できませんので・・・。

お店の中はこのような感じになっておりまして、至る所に台湾由来の絵や写真が飾られております。錦糸町の小台湾といった様相ですね。

夜ともなると席が埋まるんでしょうか。この日は土日の日中帯という事もあり、来店する人はまばらでした。

ぺちコンビが座ったのはこちらのテーブル席。特に変哲もないテーブルではありますが、お洒落感はありますな。

ここだけ見ると台湾らしくは無い気がする。台湾というと白いテーブルのイメージがあるんですよね・・・。

ちなみに既視感のあるおもちゃも壁際に鎮座しています。中正紀念堂や忠烈祠で衛兵交代を見たことがある方や、總統府見学をしたことがある方なら分かるあれですな。

いわゆる衛兵殿。台湾の何処で売られているのだろうか・・・。

さて、食事が終わった後は、どこに行こうかぺちこと相談しているうちに注文した料理が到着。うむ、これだけ見れば日本で食事をしているとは思えない。
これでおいしい皿や、おいしいレンゲがあったら、台湾で食事をしていますと言ってもばれないであろうクオリティです。

久しぶりの台湾飯です。これが食べたかった!

こちらは特製鉄道弁当。人気のあるEMU100版弁当箱ですな。なお弁当箱を持って帰ることは出来ませんのであしからず。

EMU100は、ごく稀にイベント列車で走ることもあるとのことですが、定期列車運用から外されております。

弁当箱を開けるとこんな感じで、茶雞蛋、排骨欲と漬物、インゲンの付け合わせが入っております。欲を言えば、もう少しぎっしり感が欲しいところ。またご飯は、弁当箱の最下段に付け合わせの野菜と一緒に入っています。

うーむ。あともう少し何かが欲しい・・・気もする。なんかこう、素食的な具とか・・・。

雞肉飯は、台湾で食べるのと大差は無い感じ。鶏肉の磁味溢れる香りが漂います。

画像を見てたらお腹が空いてきた・・・。記事編集時の罠だな!

では実食してまいりましょう。
まずは、雞肉飯

うむ。これは美味しい・・・。これぞまさに雞肉飯。鶏肉が非常にジューシーでございます。そして口の中に広がる鶏の脂の旨味が食欲を誘います。
少なそうに見えますが、案外ちょうどいい量でして、少食の方であればこれだけでお腹いっぱいになること間違いなし。なかなかの食べごたえです。

ご飯にかけられた煮汁の量もちょうど良い。もう一口、二口食べたいと思ってしまう適当なご飯の分量も憎い。

お次は特製鉄道弁当といきましょう。

茶玉子はしっかりと煮漬けられておりまして、頬張ったときに台湾で食べた食事の数々が走馬灯のように脳裏を過ります。まあ、鉄板ですからね、茶玉子は。

安心しますなあ。ぺちこからお小遣いが支給されない時は、茶玉子をセブンイレブンで買って凌いだものです(遠い目

排骨もいただいてみます。

排骨さんは、噛み応えのある固さでしっかりと味の染み込んでおります。弁当に入っているものと同等です。東坡肉なんかの柔らかさを想像して食べると痛い目に会います。
濃い味付けと固めのお肉でジャンク度高し。台湾の駅で売っている鉄道弁当を思い出すかのような味わいです。

噛み切れるか噛み切れないかの微妙な固さのお肉を頬張るのに上品さなど不要!思うがままに貪るがいい!

さてよくよく見ると、ぺちこのお盆には、雞肉飯の他に麵線も鎮座しておりました。
いつ頼んだんだこの人・・・。

ぺちこの中では、ステルス注文というクリティカルアーツが流行っているらしい。どこで覚えたそんな技。

そこに存在する限りは実食は必須ですので、麵線もいただいてみます。

・・・うん。この薄っぺらいスープ。これこそ台湾風味(誉め言葉)
何というか、もう一味、もう一塩欲しくなるような微妙なラインで、日本人的には、もう一押し欲しくなるような味付け。麺をすするたびに広がる台湾の香り・・・、ここはすでに台湾ではなかろうかと錯覚してしまいます。

汁物が薄味なのは、濃い目のおかずやご飯ものとバランスを取るためだと思います。味が濃いものだけだと舌が疲れてしまいますからね!

久しぶりの台湾食レポートとなりましたが、
東京で気軽に台湾飯を食べるなら、「劉の店」は貴重な存在ですな。
魯肉飯を出すお店はあっても、雞肉飯を出すお店はなかなかお目にかからないので、台湾の南の味に飢えているのであれば、「劉の店」の雞肉飯に是非とも挑戦していただきたいところ。
そして特製鉄道弁当の排骨と茶玉子もなかなかの旨味ですよ!(もう少し量が多ければ、大飯食らいも大満足だが・・・!)

錦糸町のどの路線の駅からも近い場所にありますし、昼間の時間帯であれば繁華街特有の雰囲気も少ないので女性でも気軽に食事ができるかと思います。

もし機会があったら台湾飯を堪能しに行ってみてはいかがでしょうか。
雞肉飯、なかなかの旨味でございますよ!
それでは!

台湾厨房 劉の店 住所: 東京都墨田区江東橋3-12-5 マスカットビル 1F

Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

『錦糸町駅前にある劉の店で特製鉄道弁当と雞肉飯を食べてきました』へのコメント

  1. 名前:ラムコバ 投稿日:2018/07/16(Mon) at 19:44:21 ID:10ca34a7f Reply

    ぺちおさん ぺちこさん

    はじめまして!

    遂に更新されましたね!(^ ^)
    心配しておりました。

    いつも頼りにしております(^_^)v

    錦糸町の店も行ってみたいですね!
    そして鷄肉飯食べてみたいです!!

    今後も楽しみにしてますm(_ _)m

    • ぺちお 名前:ぺちお 投稿日:2018/07/18(Wed) at 22:13:01 ID:4a667ec09 Reply

      ご無沙汰しておりました。
      自己都合で更新が滞っておりましたが、
      やっとこさ調子が戻ってきましたのでちまちまと更新する予定です。
      そろそろ台湾行きたい・・・ところですが、
      しばらくは東京都内台湾ネタでお茶を濁す予定でございますので、
      生温かい目で見守ってやってくださいませ。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.