台南 那個年代杏仁豆腐冰(保安店)で大粒ライチたっぷりの鳳貴妃と綜合杏仁玉露を食べてみた

Pocket
LINEで送る

油っ気や塩気が強い食事をとった後に欲しくなるものといえばスイーツですよね!
人それぞれで欲しくなる甘味は違いますが、夏の台湾と言えばかき氷が外せない。

ということでこの記事は、2019年7月の台南・高雄旅行時に台南のかき氷屋さんで舌鼓を打ってきたときの話です。

大荒れの黄金海岸観光を済ませて、台南グルメストリートと呼ばれることがある保安路へやってきたぺちコンビ。昼食を食べた後に付近の風景を眺めていると、なんとなく気になるお店を発見しました。

ぺちコンビの美食アンテナがピコーンです。美味しい匂いがするよ!

店頭を見るとライチかき氷の看板が置かれておりまして、どうみてもスイーツ店。
そして季節限定の文字が非常に気になる・・・。

そういえば、7月はライチ収穫のシーズンでした。

季節限定が気になるので、このお店でスイーツを食べていきたいところですが・・・。
これ以上食べると一日の摂取カロリー量を大幅に超えてしまうのではないか!?
などと、旅行に来ているのに無用の心配をしてしまうぺちコンビ。
とはいえ、一期一会と言う言葉もあるわけで・・・。
ここで食べるのを逃してしまったら、今後味わうことができないかもしれない・・・。

【審議中】 ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` )」

審議の結果・・・。
この際摂取カロリーを気にせずにスイーツを食べていくことになりました(白目
仕方あるまい。旅の恥はかき捨てとも言うし。知らんけど。

ここに来るまでに飲食店を2店舗ハシゴしたような・・・。

店頭レジの周りはこんな感じ。
保存がきく容器に入ったドリンク類、スイーツも販売されておりました。
なお、営業時間がPM12:00~PM22:00のはずが、PM15:00頃に開店準備をしていました。当日は悪天候だったので開店時間をずらしたのかもしれない・・・。う~ん、分からん!

日持ちしそうなスイーツも販売されているので、ちょっとしたお土産を買うことも可能。

早速、夢に満ち溢れたメニューをご覧いただきましょう。
メニューを見るとわかりますが、お店の名前に含まれている杏仁豆腐を使用したスイーツが大半を占めています。
他にも新しもの好きの目を引くスイーツがありまして、物珍しいところでは牛乳杏仁豆腐や抹茶杏仁豆腐といったものもありました。
しかし、ココア杏仁豆腐ってどんな味なんでしょうかねえ。

さて、色々と悩みましたが注文するスイーツが決まりました。
まずは鳳貴妃(鳳梨荔枝)
時價(時価)という表示に躊躇してしまいますが、この時は240元でした。

まさかの200元越え。ぺちコンビ的には高級品です。

次に注文したのは、綜合杏仁玉露(招牌)
招牌と書かれているので、そのお店の定番商品的、看板商品的なものですな。
季節限定も良いですが、定番商品も外せませんからね!

芋頭杏仁玉露も魅力的でしたが、定番商品を選ぶことに。

商品の注文は、店員さんにレジ横にあるメニューをもらって、例の画線法でメニューに直接記入。そして記入が終わったメニューを店員さんに渡せば注文完了です。
支払いは確か・・・、先払いだったようなどうだっただろうか。
思い出したら書きます(白目

というわけで、ドーン!

注文した鳳貴妃が到着です。

見てください。
ライチで埋め尽くされた楽園のような光景に目を奪われます。
皿の上には、つやつや、ぷりぷりの大粒ライチが溢れんばかりに盛られておりまして、
まさに圧巻と言えましょう。
生唾もののスイーツを久しぶりに見つけてしまいました。

これを見るだけで生唾ごっくん。夢にあふれた一皿です。

そしてこちらが綜合杏仁玉露
お椀の中に浮かんでいるのは、ハト麦、小豆と、小豆を潰した餡玉です。
鳳貴妃とは正反対な印象の素朴な一品です。

これだけを見るとラーメンと勘違いしそう。

これは芒果杏仁豆腐
なんとなくおまけで注文してみました。注文しすぎなのは言うまでもない。
杏仁豆腐の上には、マンゴージャムが載っています。

芒果杏仁豆腐はお土産で買うこともできた気がします。

それでは実食開始です。

綜合杏仁玉露は、このように杏仁スープの中に杏仁豆腐が隠れております。
杏仁風味のスープと杏仁豆腐の風味、甘味が控えめなので万人向けの味付けです。
また滑らかな舌触りが特徴の杏仁豆腐は、のど越しも良く非常に食べやすく感じました。
なお、杏仁豆腐だけだと人によっては物足りなく感じるのですが、
小豆や餡玉が甘味を補完してくれるのでバランスがしっかりと取られています。

素朴な味わいが特徴的でした。スイーツハシゴをするなら良い選択かと。

芒果杏仁豆腐は、しっかりとした質感が特徴で具材の役割分担が明確。
マンゴージャムの強い味わいと風味が前面に出ておりまして、
風味と香りが弱めの豆腐はのど越しを楽しむだけといったところですかね。

お手軽デザートです。少しだけ甘味が欲しいといったときにピッタリ。

お次は、鳳貴妃です。

見てくださいこのブリブリのライチ。
口の中に頬張った時、この非常に瑞々しい果肉がプリっと弾けるんですよ・・・。
そしてライチの透き通るような新鮮で爽やかな香りが素晴らしい。
ライチの収穫シーズンだからこそ味わえるライチの豊満な魅力。
7月の台湾に来てよかった・・・。

なおこのスイーツの魅力はライチだけにとどまりません。
ライチの上に鎮座している煮詰められたパイナップルの存在感が凄いんです。
パイナップルを口にすると感じられるのは、
口の中を突き抜けるくらいに高められた鮮烈な香りと衝撃の甘味。
煮詰められていることで凝縮された華やかな香りは、皆様の脳裏に刻まれること間違いなし。単体で食べるとライチを圧倒してしまいますが、
氷と一緒に食べると風味が抑えられてちょうど良いくらいです。
最初は食べるのに躊躇していましたが、
最後には癖になってしまうくらいに特徴的な味わい深い具材でした。

格調高い香りが特徴のスイーツ。ぜひお試しいただきたい。

ごちそうさまでございました。

綜合杏仁玉露ですが、
冷たいスイーツの場合はアーモンドの香りが立ちにくいので、温かいスイーツのほうが本領を発揮するかもしれないと言ったところ。冬場に食べたほうがより一層美味しく食べられるかもしれません。

鳳貴妃は言うまでもなく、大粒で瑞々しいライチに目を奪われてしまいました。
強烈な花の香りと甘さが特徴的な煮詰められたパイナップルも秀逸。
ライチの収穫シーズン限定品ですが、見かけることができたらお試しいただきたいところ。

それでは~。

那個年代杏仁豆腐冰(保安店) 住所:

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください