高雄の如邑堂餅家で冷やして美味しいふわふわ檸檬餅をお土産に買ってみた

お土産

高雄の六合夜市近くで営業している如邑堂餅家でふわふわ檸檬餅をお土産に買ってきた記事をぺちお(@hao2taiwan)が書いてみました。

高雄の如邑堂餅家で冷やして美味しいふわふわ檸檬餅をお土産に買ってみた

2019年10月の台湾旅行時に、高雄の六合夜市近くで営業している太陽餅のお店「如邑堂餅家rú yì táng bǐng jiā(RUYI SUNNY CAKE)」で、冷やして美味しいレモンの爽やかな匂いが香り立つふわふわ檸檬餅níng méng bǐngをお土産に買ってきました。

 

如邑堂餅家(高雄中正店) 住所:高雄市前金區中正四路105號1樓

 

如邑堂餅家(高雄中正店)への行き方

如邑堂餅家(高雄中正店)は、高雄捷運紅線gāo xióng jié yùn hóng xiàn高雄捷運橘線gāo xióng jié yùn jú xiàn美麗島站měi lì dǎo zhàn高雄捷運橘線gāo xióng jié yùn jú xiàn市議會站shì yì huì zhànの中間くらいに店舗がある太陽餅のお店です。
営業時間が8:00~22:00と朝早くから夜遅くまで営業しているので観光客も気軽に立ち寄ることができます。

六合夜市から近い場所に店舗があり、道路を挟んで向かい側で小北百貨(高雄瑞源店)が営業しています。また、パイナップルケーキで有名な老舗の「舊振南餅店」もご近所さんです。

 

如邑堂餅家について

如邑堂餅家(高雄中正店)2020年2月時点で、本拠地である台中市内に台中逢甲旗鑑店台中逢甲二店2店舗。台北市内に台北開封店1店舗。高雄市内に高雄中正店の1店舗が営業しています。
太陽餅以外に蛋黃酥や杏仁片などのお菓子を販売しているので、何をお土産に買っていったら分からない!という向きの駆け込み寺といったところではないでしょうか。

なお、店員さんからの試食攻勢でお腹が膨れることは必至です。食事をとった後にお店へ行くのはなるべく避けましょう。

 

レモンの爽やかな匂いが香り立つふわふわ檸檬餅を食べてみた

場所は変わって日本。
台湾旅行から帰ってきたぺちコンビがお土産として買ってきた檸檬餅と対面するときがやって来ました。

まず、檸檬餅のパッケージ裏面に記載されている成分表を確認です。
ぺちコンビが他に買ってきた蛋黃酥、杏仁片との違いは、添加物使用の有無。製法上必要な添加物が少量使用されているようです。
使用されている原材料は、雞蛋(タマゴ)、砂糖(塩)、乳化劑(乳化剤)、泡打粉(ベーキングパウダー)、低筋麵粉(薄力粉)、中筋麵粉(中力粉)、安佳有鹽奶油(Anchor社製ニュージーランド産有塩バター)、奶水(牛乳)、檸檬巧克力(レモンチョコレート)の10種類。牛乳製品や卵、小麦粉類(薄力粉、中力粉)を使用していることから、アレルギー表示の記載があります。
また、ベジタリアン(素食)の方向けに蛋奶素(卵と牛乳以外の動物性食品とネギ、ニンニク、ニラ、ラッキョウ、タマネギを使用していない)の表記があります。

 

外箱を開けると、檸檬餅がこんな感じで箱に収まっています。
今回購入した蛋黃酥は、10個入り380元)で常温以外に冷蔵・冷凍保存が可能。賞味期限は、製造日から15日~20日。一つ当たりの内容量は、30グラム前後とまあまあ多めです。

 

檸檬餅の袋を開けると外箱の写真と同じく、つやつやで可愛らしい檸檬餅がお目見え。この日は気温が高めだったということもあり、冷凍していた檸檬餅は封を開けた時点で溶け始めていました。

ちなみに店員さん曰く「保存の仕方で味わいが変わります」とのことだったので、 常温のままで置いていたものと、冷蔵したもの、冷凍したものを食べ比べてみます。
また、常温冷蔵冷凍の中で一番のおススメは、冷凍したものだそうです。

では、実食しましょう。

常温保存の檸檬餅

常温保存した檸檬餅ですが、なるほどスタンダードなお味。
口にした瞬間にレモンの爽やかな香りがぶわ~っと口の中に広がっていきます。
レモンチョコレートでコーティングされた部分は、滑らかでシルクのような舌触り。
優しい甘さのスポンジケーキ部分はふわふわと軽い食感が印象的です。

冷蔵保存の檸檬餅

次に冷蔵保存した檸檬餅。
冷やされたことで、レモンの香りは常温品と比べて控えめになっている気がします。
レモンチョコレートでコーティングされた部分はほんのり固めになっていて、スポンジケーキ部分もぎっしり感が感じられるようになりました。
なお、レモンチョコレートが口の中で溶け始めると爽やかなレモンの香りがぶわ~っと広がるのですが、気温が高めの日に食べる方がレモンの香りを強く感じることができてより一層美味しく食べられる気がします。

冷凍保存の檸檬餅

最後に冷凍保存した檸檬餅。
言わずもがな、冷凍庫で凍る寸前まで冷やされたレモンチョコレートは冷え冷えのパリパリ。
スポンジケーキ部分は冷蔵したものと比べて更にぎっしりと詰まった印象があり、どっしりもっちりとした味わいで食べ応え十分。
レモンの香りは他に比べてさらに控えめになりましたが、なぜか甘味が一番強めで一番お菓子らしいと感じました。
なお、ぺちこ曰く「甘食がぎっしり詰まったような味わい」とのこと。良く分からないが、なんとなく分かります。なんとなくですが・・・。

 

さて、軽めの味わいでお茶やコーヒーと組み合わせることを至上とするのであれば常温保存。おなか一杯に冷菓子を食べたい場合は冷凍保存。レモンの香りと甘味のバランスを楽しむのであれば冷蔵保存という印象だった檸檬餅。
ぺちこさんはいかがでしたか?

ぺちこ
ぺちこ談

つやつやで可愛い形の檸檬餅。
見た目も味もお茶うけにぴったりです!

確かに。
普通に食べて美味しく、冷やしてさらに美味しく、凍らしてもっと美味しくなるという、1つで3つ美味しい魔法のお菓子。見た目も綺麗ですし、お土産にもピッタリ。
また買いに行きましょう。それでは~。

お土産
この記事を書いた人
ぺちお

今年で台湾渡航22回くらいのおっさん。
台湾の道路で無駄にバイクチキンレースを挑むのが最近の流行。
年をとって食べられる量が少なくなったことを実感中です。

ぺちおをフォローする
好吃台湾~はおちーたいわん~

コメント