高雄 大圓環・鴨肉麺で鴨肉乾麵を頬張ってきました

Pocket
LINEで送る

20160429-130010-1_R
今回の記事は短めです。
さて、ゴールデンウィークの台湾旅行、旅行の初めに滞在地として選んだ高雄で狙いをつけた食事は、鴨肉乾麵でございます。

前日の夜に夜市で色々食べてただろ!みたいな記憶が無いわけでもないのですが、狙いをつけたのは鴨肉乾麵です!(強調)

鴨肉乾麵を食べられるお店はMRT美麗島駅から間近にあるのですが、高雄に滞在する際に選んだホテル、「康橋商旅-高雄中正館」からも非常に近く、気軽に食事に行けましたわい。

と、いいつつももう歩くのいやだ~!とか、少々疲れ気味のぺちお・ぺちこは、ホテルで借りることのできる自転車にてお店に向かうことに。

ホテルからMRT美麗島駅までは、徒歩5分~10分程度の短い距離なのですが、初日から歩き回って体力を使い切ってしまうと、旅行日程に支障が出てしまいますからね!

DSC08640_R

ホテルで借りることのできる自転車様。これがあると捗ります。というかもう歩くなんて考えられない!

お店は、MRT美麗島駅の入り口の脇道角にありましてね、こんな看板が出ています。
ここらは他にも飲食店が並んでいるので、お店が見つからないことは無いはず。

DSC08647_R

でまあ、看板を拡大するとこんな感じ。おっちゃん(老闆)の主張、存在感がすごい。
自由時報に載ったこともあるそうで。まあ、地元民にも人気の有名店ですな。

DSC08652_R

おっちゃんの笑顔が眩しい。なお、この時見たおっちゃんは非常に黒々としてましたわい。

席に座ってどうしようかと5分くらい悩んでいたら、空腹の影響でしょうかね。
ぺちこさんの目つきが鋭くなって身の危険を感じたので、この二つを注文することに決定。
注文するのがあと3分遅れていたら、お小遣いが50元になるところでした。

20160429-130010-1_R

注文するのに5分以上経過すると、ぺちこさんの機嫌がダダ下がりになる法則。迅速な行動が必要です。

ちなみに、メニューや箸は、でっかいおっちゃんどや顔看板の横にある、物置き場に用意されているので、各自持っていきましょう。
あえてメニューを見なくても注文は出来ると思いますがね。

DSC08650_R

まあ注文はメニューを見るまでもなく、おっちゃんが何する!?って聞いてくるので、でかい看板の商品を指させばいい気もしないでもない。

箸を取り出した後のビニールくずは、テーブルに置かれている良く分からん器具に巻き付ける模様。巻いておけば風が強くてもゴミが散らばりませんし。良く考えられてますなあ。

DSC08651_R

ぜひ日本でも導入してほしいアイテムな気がする。

座席の各所には、こんな感じでバケツが置いてあります。ここに食事が終わった後の食器を入れます。入れ代わり立ち代わりでお客さんが来店するので、お店の人が食器を片付けることができないからでしょうかね。なお、箸もそのまま入れてた様な気もするが記憶には無い!

DSC08660_R

忙しくなるとすぐにいっぱいになるバケツ。しかしよく考えられているわあ。複数の食器を持ち運ぶより安全ですし。

待つこと5分くらい。来ました。お目当ての鴨肉様。

DSC08654_R

例によって骨付き肉なので食べる際にはご注意あれ。そのまま齧ると口の中が血の海になります。

こちらは鴨肉乾麵。美しい・・・。鴨肉の量も半端ない。

DSC08657_R

屋台だと、入っているお肉の量が少なかったりするんですが、こちらのお店で出される鴨肉乾麵はそんなことはありません。ご安心を(?)

一応、飯テロリストを自称していますので、
皆様が生唾を飲み込むような写真を載せておきますね。

DSC08659_R

このしっかりとした麺を見てくださいませ。いやあ期待で胸が躍りますなあ。

う~ん。美味しそう。大衆店と馬鹿にできない盛り付けの美しさ。

DSC08656_R

このしっかりとしたお肉。箸で持ち上げても崩れません。素晴らしい・・・。

期待のお味ですが、鴨肉はあっさりとした味付け。箸で持ち上げても崩れないお肉ですが、口に入れると程よい硬さで食べごたえ十分。鴨肉で、添えられている千切り生姜を巻いたものを、濃くて甘めの餡を少しつけて食べると、あらびっくり。
生姜の程よい辛みが甘辛の餡と調和していて、鴨肉の臭みをしっかりと消してくれています。
ぺちこさん曰く、「この甘辛い餡が家に欲しい!」とのこと。

ちなみにぺちおは、鴨肉乾麵の方が好み。麺にかけられている汁が非常に良い風味でございました。また、麺にちりばめられている青ネギが麺の風味と相性がばっちり、焼きそばでもないのに香ばしい。そして、日本人好みの塩加減。
旨味たっぷりの鴨肉も、濃い目の味付けがされている麺の箸休めになり、絶妙のバランスを醸し出している。

まさにこれは・・・

香ばしい麺がシャッキリポンと、舌の上で踊るわ!(栗田さん風に)

意味不明なコメントを言ってしまいましたがほっといてください。

まあそれくらい、期待を裏切るうまさ。
正直、朝から麺なの~?とぺちこにぼやいていたほど、まったくと期待していなかったのですが、これは予想外でした。

というわけで、ホテルのビッフェで朝食を済ませた後に食べても美味しい、圓環・阿婆麺の鴨肉、一度は食べてみる価値十分でございます。

なお、営業時間がAM10:00~PM19:00と短め、人気店という事もあって夕方の5時くらいには品切れになることもあるとのこと、もし食べに行かれる場合はご注意くださいませ。

大圓環・鴨肉麺 住所:高雄市新興區中山橫路1號

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply