勝立百貨で見つけた無患子のシャンプーとボディソープ

Pocket
LINEで送る

台湾観光&グルメマップを作成するのに、コソコソカスタマイズをしていたのですが、全記事にチェックを入れなおさないといけない!という事態に陥り、改めてたくさんの記事を書いてきたことに驚愕しているぺちこです。こんにちは。

今回は、2016年のGW旅行で手に入れてきたシャンプーとボディソープのお話です。

無患子(むくろじ・むくろじゅ)ってご存知ですか?

台湾に行くまで…というか、十数回目の訪台で初めて知ることになった無患子(ムクロジ)。

もともとこの木ことを知っていたわけではなく、私たち2人が台湾へ行くたびに新しいシャンプーやボディソープなどのバスグッズをお土産として買って帰ってきていたことがきっかけでした。

で、無患子ってなんだろう~ってwikiだのみ(笑)

ムクロジ(無患子、Sapindus mukorossi)はムクロジ科の落葉高木。
(中略)
果皮はサポニンを含み、石鹸代わりに用いられる。種子は数珠や羽根突きの羽根の材料にされる[2]。特に寺院に植えられることが多い。

via wikipedia

ほっほぅ~。昔は石鹸代わりに使われていたのねっ。

羽付きの羽の材料というのも見覚えがある気がする…(年代を感じさせる一言ですね)。

一目ぼれで手に入れたシャンプーとボディソープ

さて、今回買ってきたバスグッズは、冒頭のとおり無患子が配合されているもの。

いつも通り「1つ100元超えると、どきどきが止まらない病」の私たち。

1つ149元ですよ!奥さん!

700ml入りなので、高くもないんだろうけど、周りに売られていた同じようなサイズのものに比べると単価が高い高級品です。

無患子のシャンプーとボディソープ

風呂場に並べて置いたら、どっちがどっちだか分かりづらいパッケージですね…。

オーガニックな雰囲気のシャレオツボトルとラベルデザインに包まれた、女子も興味シンシンのバスグッズでございます。

「たまには少しお高いものも買ってみようかねぇ」

この一言で購入決定した私たちコンビでした( ´艸`)

IMG_6496

ラベル裏側を見ると、製造者は新北市の会社らしいので、台湾製でオッケーかな?

台湾の生活雑貨店には、所狭しといろいろな商品が並んでいるのですが、日本製だったり輸入品だったりすることもよくある話。

「現地のモノを使ってみたい」

は、私たちのわがままかもしれませんが、やはり台湾製だとなんとなく嬉しかったりします。

IMG_6497

保存期限は3年と記載があり、すぐに使えずとも問題なさそう!

パッケージもオシャレなので、お風呂タイムも楽しくなりますね(*´ω`*)b

無患子シャンプーの使用感

ボディソープは、別のモノを使ってしまっているので、今のところシャンプーだけ先に使ってみました。

感想は…

「リンスいらず!洗い上がりしっとりで、さらさら!」

めっちゃいいですこれ!

シャンプーだけだと髪がきしむ事が多いのですが、このシャンプーはそんなこともなく、しっとり系。

男女問わず使ってうっとり~なアイテムだと思いますヽ(*´∀`)ノ

いろいろ調べていたら、別ブランドの無患子シャンプーに、古宝というのがあるそうで、こちらのシャンプーは、パッケージを変えて日本では1本5,000円とかで売られているそうな…

無患子…というか、オーガニック製品おそるべし

次回訪台時には、その古宝シリーズもゲットしてきたいと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧

この記事を書いた人

ぺちこ
ぺちこ
1998年5月に1回目の訪台後、時を経て2013年覚醒。
2017年1月現在で、通算15回の台湾旅行を慣行。
台湾の魅力にすっかりどっぷりハマっています。

【訪台記録】
1998年:5月
2013年:9月、11月
2014年:3月、9月、10月
2015年:5月(GW)、7月(1人旅)、8月、9月(シルバーウイーク)、10月(3連休)
2015年~2016年年末年始
2016年:4・5月(GW)、9月、11月

2017年も台湾へいくぞぉ~ヽ(*´∀`)ノ
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *