旗山の臭豆腐有名店、三哥臭豆腐で臭豆腐を食べてきましたぜ

Pocket
LINEで送る

20160502-153815-4_R

こんにちは。

台湾旅行まであと1か月なのに、全く予定を立てておらず戦々恐々としているぺちおです。
ついでにいうと、今回の旅行は最大6人での観光ときたもんだ。
しかもバイクで台南、高雄中を走りまくるという計画で、東は玉井、西は安平古堡、北は橋頭、南は東港と、色々と飛び回る予定なのに細かい時間振りが全く練られていない状態。
そして宿泊先が複数あるという、短期間の旅行としては少々欲張りな様子。
さてさてどうなるやら・・・◝(・ω・)◟

そんな話は置いといて、旗山に臭豆腐で有名なお店があるということをぺちこさんが事前に調べていたので、観光ついでに名物臭豆腐を食べに行ってまいりました。

まあその日は、玉井で可愛い犬を見かけたりしたわけですが、途中経過の小話は省かせていただき、玉井から旗山老街に直行です。

160502-134222_R

こちらのコーギー、玉井のあるお店のアイドルらしい。短い脚が可愛い。

玉井から旗山にたどり着くまでに、スコールに見舞われたり、至る所で鳴り響く落雷に恐怖したりと、色々と災難に遭いましたがなんとか旗山老街に到着です。

20160502-145924-2_R

3号線を南下していたら、横目に有名なお寺の内門紫竹寺を発見。

よく考えると、初めて旗山老街に来たわけですが、いまさらながら地図を見ると、美濃區に行けたなあとか、色々後悔しております。ちなみに旗山老街は、懐かしい、風情を感じられる街並みが広がる素敵な街でした。
町の一角には、赤レンガ造りの建物が並んでいて、以前は日本人も多く住んでいたそうです。

160502-170618_R

昭和初期~中期の日本家屋を思い出すような家屋もあったりして、ノスタルジックな雰囲気。

旗山老街の端っこには昔使われていた旗山駅舎があって、入場料を払って中に入ると、砂糖きびを運んでいた車両にのることが出来たりします。

160502-164954_R

中にはカフェがあったりします。旗山でのんびりとお茶を飲みたいときにお勧めの場所かもしれない。

旗山と言えば、バナナの産地で有名です。
台湾バナナの産地ということで、屋外の屋台ではバナナも売られていました。なお最近は、安価に供給されるフィリピンバナナの勢いに負けて、生産量は多くないそうです。
なお、屋台で売られているバナナの干し物には注意せよ。
あれはぺちお的に取扱い危険物指定ですわ( ・ὢ・ )

160502-164410_R

安いのか高いのかは分からんが、なかなか大ぶりなバナナが並んでおります。

こんなものもありました。さすが台湾バナナの産地。
まあ、道を歩いている人は、少しも見向きもしていなかったが・・・。

160502-164734_R

こちらは食べることは出来ない巨大バナナ。あるお店の看板らしい。とにかく大きい。

折角旗山に来たんだから、名物的なスイーツも食べるべきでしょうという事で、香蕉蛋糕(バナナケーキ)をゲット。ぺちこさんは非常に美味しいと言っていましたが、ぺちお的にはバナナのなんとも言えない風味が凝縮されたこのケーキはちょっと・・・でした。

20160502-235512-1_R

バナナの香りが凝縮しており、スポンジを噛むたびに、鋭いバナナ臭が鼻を刺激する。まさにバナナ!といった感じのケーキでしたわ。

さて、色々と寄り道はしましたが、旗山の臭豆腐有名店、「三哥臭豆腐」に到着でございます。なにやら有名店の名にふさわしく、かなりの賑わい。10分くらい、入るか入らないか悩みつつも、人の出入りを観察していましたが客足が途絶えることはありませんでしたわ。

160502-171958_R

なぜここまできて臭豆腐を選んだ。というツッコミは受け付けません。一応ほら、使命と言いますか、役目と言いますか・・・。

大盛況の店内で4~5分ほど待って、なんとか着席。
正直写真を撮れる状態じゃなかったこともあって、詳細は省略。

早速実食です。

20160502-160439-2_R

見た目は屋台風味の臭豆腐と変わりはない。なお、例の臭みはあまり感じられません。

う~む。なんというかカリッと感が少ない。

付け合わせのキャベツもかなり酸味が強め。これは食べる人を選ぶことも間違いなし。
ふんわりとした豆腐なので食べやすいと言えば食べやすいけど、少々旨味に劣る感じ。
悪くはないけど、これだけを目的に旗山に行くことはないかなあと言ったところ。
なお、豆腐の味と風味は、かなりあっさりとしています。
そのため、キャベツの酸味とあいまって、臭豆腐を食べている感覚は少ないかもしれない。

20160502-160526-0_R

少々拍子抜けだった臭豆腐。可もなく不可もなく。あっさりしているので、小吃ハシゴをしているときの食事には合っているかもしれない。

というわけでご馳走様でした。

なんというかパンチ力が足りない臭豆腐でござった。
臭豆腐というだけで一気に興味が失せる人が多いのに、輪をかけるように微妙な感じだったのは非常に悔しいところ。
50元と、お手頃な価格ではあるので、ちょっと変わった臭豆腐を食べてみるっていうのであればいいのかもしれない。けど、主食にするには少々役不足な感じですわ。
まあ、旗山まで行って臭豆腐を食べてきたよ!みたいなネタを作りたい場合は、食べても良いかもしれないですわ。

それでは~。

三哥臭豆腐 住所:高雄市旗山區中山路25號

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *