東港 東港華僑市場内にある阿銘海產店で海鮮料理を食べてきました

Pocket
LINEで送る

160924-155512_r

最近は、めっきり寒くなりました。
こんな時は火鍋!とか思いながらも、カップラーメンをすすっているぺちおです。
こんにちは。

さて、9月の台湾旅行は、台南、高雄、東港と、縦に台湾南部を満喫する旅だったわけですが、特に気に入ったのが東港。まあ、街がどうこうというより、市場を気に入ったわけですがね。え?なんで気に入ったのかって?

そりゃああなた。市場では、新鮮な魚介類や、お土産類などを扱うお店が所狭しと並んでいるんですよ。しかもお手頃な価格で魚介類を堪能できるという素晴らしさ。
市場内外の活気や雰囲気もそうですが、所狭しと並べられている豊富な魚介類や乾物など、台湾市場好きなら、是非とも一回は訪れてみるべき!ってところでしたね。

まあその日は、朝から台南から高雄に移動だったわけです。
なお、今回利用した列車はこちらの自強號。人によってはディーゼルエンジンの排気ガスがう~んかもしれませんが、ぺちおは好きだったりします。

160924-085042_r

まあこいつは、ぺちお的には3番手くらいの列車ですわ。一番手はやはり、莒光号です。

高雄駅に到着後は、ホテルに荷物を預けるのが手間だったので、高雄駅構内にあるロッカー(寄物櫃)に荷物を預け、レンタルバイク屋さんへ。

160924-105831_r

ロッカーの使い方レポートはそのうちまとめます。最初は恐る恐るですが、使ってみたらなんということもありませんでしたわ。

バイクは、以前の記事で書いた例のバイク屋さんで借りたわけですが、今回は一日600元のバイクを借りることに。借りることが出来る125ccのバイクは、500元、600元、700元のうちから選べるわけですが、つい真ん中を選んでしまいましたわ。100元くらいどうってことない!っていうなら、700元が良いかもしれません。値段が高い=新しい、ってことなので。

160924-112614_r

なぜ600元にしたかというと、100元をケチったわけで。でも、高いバイクの乗り心地が良いとは限りません!

バイクを借りた後は、皆様お腹を減らされているとのことでしたので、美麗島の例のお店でお食事(朝早い時間の移動でしたので・・・)。ここでの食事が色々と厄介な問題を引き起こすことになるとは誰もわからなかったわけですが。

160924-115855_r

結構なボリュームの鴨肉麺。日本人好みの塩加減で、リピート間違いなし。

何があったかというと、お店を出てしばらくすると、一部のメンバーが便意を訴え始めたわけです。要するに食べすぎたわけですね・・・。かといってトイレがありそうな公共施設は、バイクを走らせながらだと、まったく見つけることが出来ず、最寄り(?)のMRT駅に向かうことに。とはいっても15分くらいバイクで走り回って、やっと見つけたわけですが。
皆様もバイク観光時は、トイレのご利用は計画的にされると良いかと。

160924-113042_r

区間当たりの距離が長い、高雄MRTの駅を見つけるのは、結構苦労しましたわ。しかも、美麗島からしばらく南下してから発覚したので大変。単に道に迷った説もあるが。

そんなことはさておき、慣れない道で幾度となく迷いながらも、なんとか東港に到着。
なお、念願の東港について一番に思ったことは、素直にバスで行きましょう
でも、今度行くときは道に迷わないから大丈夫だよ!(本当か?)

160924-155654_r

予想では、1時間少しで到着する予定が3時間近くを要した不思議。まあ、バイクは車と違って高速道路を利用できないので仕方ありませんわな。

というわけで早速、市場内観光開始。
市場内は、港で水揚げされた魚介類以外にも、食いしん坊だったら小躍りするくらい、色々な料理や飲み物が売られていましたわ。しかも安い。

160924-155748_r

30元と侮るなかれ。こちらで買える飲料の大きさは、都市部で買ったら100元~であろうサイズ。しかも具の量が半端ないのです。

なんていい色つやをしている切り身なんでしょう。なぜ食べなかったのか、未だに後悔しております。こんなに見事で大きな切り身は、滅多に見かけることが出来ませんしね。

160924-155931_r

う~む。美味しそう。美味しそうな食材を見ると、胃袋が5個くらい欲しいと思いますね。

揚げ物、練り物も充実しております。旗魚黑輪(カジキのおでん的な練り物)は、ぺちこが食べて感動していたので、そのうち記事にしてくれるんではなかろうか [壁]ω・)チラッ

160924-160502_r

夜市で食べるものとは比較にならない、旗魚黑輪。ほくほくアツアツでお勧めの逸品。

で、しばらく市場内で色々なものを食べたりしながら、お土産でも買おうかなと考えていたのですが、炎天下の中で3時間近くバイクを走らせてきたお陰で、一部メンバーは疲労困憊。
というわけで、座席が広めの飲食店で休むことに。

160924-155654_r

どうしようか迷って、市場外で悩んでみてみた。ここまで来ておいて悩んでも仕方ないところではあるが。

市場内には、いくつも飲食店がありまして、どれも美味しそうで目移りしたわけでして。
どうしようかなあと思っていると港が目の前に。

160924-151114_r

あ~綺麗、ってわけでもないけど(台風の影響・・・?)。でも港町特有の開放的な雰囲気は楽しいですわ。

そんなこと考えている場合じゃねえな・・・、とか思っているとこんな看板を見つけてしまいました。おー、食尚玩家(台湾のグルメレポート番組)推薦とな・・・。TVで評判になるくらいですから、間違いはないだろう・・・。と、適当な結論を元に、こちらのお店で食べることに決定。なお、海鮮代煮と書かれているように、市場内で購入した魚介類の調理もしてくれる模様。今回は残念ながら、お店で出している料理をそのままいただきますよっと。

160924-155537_r

さてどうなることやら。TVの評判がそのまま味と直結するとは限りませんからね。

で、問題のお店の外観はこちら。なんとも生活感あふれる感じ。臆病な観光客の方なら、利用しようと思うことは、まあないんじゃないすかね。分からんけど。

160924-155502_r

お店と言えばお店。はたから見ると市民の憩いの場にしか見えないかもしれない。

幾度か悩みつつも覚悟を決めて、お店に入ろうとすると、店員さんが、何人?どこから来たの?と聞いてくれたりして、意外とフレンドリーだったのでひと安心。
んでもってぺちこさんが、鮪ありますか?と聞いてみてくれたところ、時期じゃないから無いよ!とのお答え。残念でした!後で調べたら、黒鮪の水揚げがある季節は、4~6月でした。
こりゃあ、ゴールデンウィークに再度来るしかあるまい。

160924-151916_r

ぺちお以外は、好き嫌いが多い人が多いので、頼める料理の幅が狭く辛かった記憶。なお、代煮は、食材の量によって値段が変わるようです。まあでも、おおむね安いですな。

ちなみに飲み物なんかは、お店の片隅にあるケースから勝手に持っていく感じ。清算は後ってやつです。セルフサービスなので、コップが置いてある棚から取ってきます。確か、お皿もだった気がする・・・。

160924-152523_r

しかし、自分で飲み物をケースから取るのは勇気がいりますなあ。慣れでしょうけどね。

バイクでの移動がありますので、飲み物はお茶。しかしこのお茶、入れ物が大きい・・・。
しかもキンキンに冷えていて、炎天下で暑くなった体がよく冷える。そしてあっさりとした飲み口で、非常に美味しかった。ついがぶ飲みしてしまいましたわ。

160924-152626_r

よっぽど体が水分を欲しがっていたのでしょうか。みんなごくごく飲んでましたわ。

んでもってお茶を飲みながら待つこと十数分。やってまいりました。台湾に来ても、ずっと避けていた台湾海鮮デビューの時間です。

160924-152931_r

お~、これは何人前だったかな。忘れたなあ。たしか2品頼んだだけだった気もする。

今回は、カジキマグロと鮭の刺身を注文したんですが、びっくりすくらい切り身が厚い!
そしてプリプリ!この素晴らしい鮮度は、漁港直結のお店と言ったところでしょうな。

160924-153023_r

この記事を書いていたらお腹が空いてきて、耐えるのに大変でしたわ。

一応(?)ご飯ものも頼んでおります。炒飯的な。まあでも、結構なボリューム。
他におかずを頼みつつ、一人で食べ切るのは至難な感じ。

160924-153028_r

2~3人前と言ったところの炒飯。100元なり。干しエビが入っていて、香ばしい香りが食欲を誘います。

で、こちらは、空心菜の炒め物。どこに行っても、すっとこどっこいが注文するんですわ。
たまには違ったものを食べたらどうだ・・・(^ω^)

160924-153248_r

ニンニクがたっぷりと入っている空芯菜。前菜としてどうぞ。

椒鹽鳳螺。たしか、バイ貝だった気がする。そのバイ貝を、塩と胡椒でカリッと炒め切った一品。おかずとして食べるというより、ツマミでしょうかね。香ばしい風味と貝の凝縮されたあ甘味が楽しめます。

160924-153845_r

ちょっと炒めすぎじゃね?というくらいのカリカリ具合。海鮮駄菓子と考えれば納得するかもしれん。

んでもって総評ですが、

さすが新鮮な魚介類が水揚げされる市場内に居を構えているお店と言ったところ、カジキマグロ、サーモンの切り身の鮮度は抜群。身が崩れることも無く食べごたえ十分でござった。
日本から醤油と山葵を持ってこればよかったとか思う次第。まあ、こちらのお店の醤油は少々甘めだったので、人によっては好みが分かれるかも。あと、サーモンの身は分厚いので、刺身というと薄め!の意識があると食べにくく感じるかも。

チャーハンも椒鹽鳳螺もなかなか良いお味で、生の魚介類は避けたい・・・といった向きでも安心して食べられるかも。でも、折角東港に来たのに新鮮な魚介類を食べないというのも勿体ないですけどね。

なお、市場内で見つけた魚を持ち寄って調理してもらうのも手ですわ。調理代は必要でしょうがね。阿銘海產店以外にも沢山代煮海鮮なお店はありますので、お好みに応じてどうぞと言った感じ。

160924-150633_r

一皿100元なんでしょうかね。だとしたらかなりの激安ですわ。これを代煮店に持って行っても、200~300元くらいでこの量の魚が食べられるわけです。人数が多いとかなりお得に魚介類を堪能できますね。

もし、新鮮な魚介類を堪能してみたいといった場合は、ぺちお的に東港はかなりお勧めですので、東港で市場巡りついでに、新鮮な魚介類を堪能するってのは面白いかもしれませんぜ。
これから冬にかけて、生食の危険度は低下していきますし!

それでは~。

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

『東港 東港華僑市場内にある阿銘海產店で海鮮料理を食べてきました』へのコメント

  1. 名前:ねーやん 投稿日:2016/11/01(Tue) at 12:37:04 ID:b69187363 Reply

    ぺちおさん、ぺちこさん、こんにちは(о´∀`о)
    10月19日〜23日の5日間の日程で、無事に高雄旅行を楽しんでまいりました✌︎(‘ω’)✌︎

    ちょうど台風22号接近もあり、曇り空で風もキツかったり、夜間に雨もありましたが、支障がきたすこともなかったです。
    が、昨年のお二人の10月高雄にあるように、マジで暑かったです(大汗)
    蒸し暑く、湿度も半端なかったので、意外に疲労困憊し、涼しい所を求めてました(大汗)
    そのため、墾丁や屏東は諦め、次回の課題に。
    お二人のブログが大変参考になり、CBikeも悪戦苦闘しながら、レンタルし、もっと早く利用してれば!と思うほど快適に!

    あまり遠出はせず、高雄のベタな名所を巡回バスで1日券利用したり、屏東との県境の大樹旧鉄橋湿地区で、鉄橋登ったり(о´∀`о)
    台風でタロコモール行ったり、ライトレール乗ったり笑
    前回出来なかった分、のんびり過ごせました!
    また、すぐ行きたくなり、台湾熱冷めません。。

    また、今月も訪台されるとの事なので、楽しい旅ネタ配信して下さいね!

    また、参考にさせて頂きたいので、一ファンとして、ぺちおさん、ぺちこさんのブログを楽しみにしています(*⁰▿⁰*)

    • ぺちこ 名前:ぺちこ 投稿日:2016/11/04(Fri) at 00:11:41 ID:650ea0c24 Reply

      ねーやんさん、こんにちは~(*´ω`*)
      コメントいただき感謝♪
      ぺちおと2人で小躍りしながら拝見しちゃいました(笑)

      10月の台湾旅行お疲れ様でした。
      今回も大満喫されてきたご様子、何よりです♪

      暑いわ台風だわで、今年の初秋はホントおかしな感じでしたね~
      それにも負けず、いろんなアクティビティを堪能されてきたご様子。うう、うらやましい…。
      わたしたちが行ったことのない場所をたくさん行かれているようなので、好吃台湾の特派員に認定せねば!

      CBikeレンタル無事かなったようでよかったです。
      9月の訪台時に「ねーやんさんのために~」と、ぺちおと2人頑張りました☆

      楽しいコメント、いつも励みになっています。
      本当にありがとうございます♪

      これからもごゆるり更新していきまーす(•Θ•)ノ

Leave a Reply