高雄 自強夜市にある大俠炒飯の炒飯はデカ盛りでござった

Pocket
LINEで送る

こんにちは。
今回の記事は、高雄 自強夜市にある大俠炒飯で炒飯を食べてきたときのお話です。

ほんの少し前に包手の蔥花捲と堅果捲などの蒸しパンを食べてご満悦のぺちお一行、食欲に火がついてしまい、もう一品くらいは食べるべきだと判断。じゃあ次に食べるものは何かと考えたところ、近隣に「苓雅水餃大王」なる水餃子の名店があることが判明。
というわけで自転車をかっ飛ばして、「苓雅水餃大王」がある自強夜市に向かいます。

途中に小北百貨がありましたので、お土産を購入。ぺちこさん大好き、伯朗咖啡のインスタントパックを買いました。

自強夜市の人混みを抜けて、目的のお店前に到着。
しかし、お店に入ろうとするとあらびっくり。この時は、PM6:30。夕ご飯の時間帯に被っていることもあって、かなり待機が必要な混雑具合。人気店という事もあり、しばらくは着席が無理そう(写真を撮るのを忘れました!)
う~む、すぐに食べたいんだが・・・。
とか思っていると、隣にまあまあの混雑具合な炒飯専門店を発見。
調べてみると、こちらもなかなかの繁盛店らしい。行ってみるか・・・!

やむを得ず炒飯に変更。細かく刻むはずが、大誤算であります。

というわけで、炒飯を食べに入ったお店は、こちらの大俠炒飯さん。
営業時間は、AM11:00~PM14:00PM17:00~PM21:00の2部制の様子で、
営業時間は短め。

さてどうなります事やら・・・。

大俠炒飯(原炒飯班苓雅店)  住所:高雄市苓雅區苓雅二路133號

お店の前にあった看板を見ると、なかなか美味しそうな写真が載っておりました。
鳳梨蝦仁炒飯(パイナップルエビチャーハン)ってどんな味なんだろう・・・。
しかし、夜市開催のメインストリートにあるお店なので、店頭は結構カオスな状態。
どのお店の店頭も自転車、バイクが止められていて道路が狭くなっている上に、車両止めなどもされていないので、かなり危ない。
せめて車両止めがされていればなあとか思ってしまいますね。

このカオス感も醍醐味ではあります。まあでも、士林夜市とかよりはマシ。あれはもう、夜市を楽しむというより、混雑具合を楽しむ感じですわ。

では、注文、入店方法ですが、店頭のカウンターにいつもの注文票があります。
こちら記入して料金(先払い)を支払ったあとに入店です。

お値段は、お手頃な50元から、すこし高級な110元まで取り揃えられていて、品揃えも豊富。

今回は、蝦仁炒飯(エビチャーハン)、鮭魚炒飯(サケチャーハン)を注文。少しだけ辛みを足そうと、鮭魚炒飯に加辣(辛さ追加)しています。

なぜ、お店の看板商品(招牌大俠炒飯)を注文なかったのか。反省しています。

着席後は、セルフサービスタイム。スプーン、レンゲ等の食器類、調味料は、一か所に纏められていますので、勝手に取ってきます。

特に変哲の無い食器箱。分かりやすい場所にあるのでご安心を。

スープは無料です。こちらも自分でよそって自席に持っていきましょう。

まあ、スープは無料という事もあって、それなりでございましたな。もうちょっと塩気があれば・・・。

水だかお茶も無料。なかなか良心的ですな。

セルフサービスとはいえ、水やスープ類が無料用意されているのは助かりますな。無いところも多いので・・・。

水を飲みながら待つこと10分程度。炒飯到着でございます。

しかし、見れば見るほど皿が大きく見える。予想以上に大きい・・・。
デカ盛りは言い過ぎですが、特盛であることは間違いない。大は小を兼ねると言いますが、食べ切れるのか不安です。

これがまたね、思った以上に盛りが凄いんですよ・・・。なんというか、2合~くらいあるんじゃないでしょうか。

炒飯は噂通りでクオリティが高く、パラパラとしていて美味しい。油のべたつきが感じられず、あっさりと食べられる。味付けは薄目なので好みが分かれるところですが、そこは調味料を足したりして調整すると良いかと。

なお、蝦仁炒飯(エビチャーハン)、鮭魚炒飯(サケチャーハン)のどちらが美味しかったかと言えば、蝦仁炒飯一択。蝦仁炒飯は、エビの風味をしっかりと感じることが出来、美味しくいただけましたが、鮭魚炒飯は風味が少し足りない感じで少々味気無く感じました。

鮭炒飯は、なんというか風味が物足りない感じ。反対にエビチャーハンは、エビの甘い香りをしっかりと楽しめる逸品でございました。

なお、こちらが半分ちょっと食べた後のお皿。まだあるよ・・・。
肉まんを食べた後のお腹に収まる量ではないです・・・。きっと、普通のチャーハン3杯分はあったでしょう。具が大目に入っているので満足度は高いけど、大容量すぎて少食な人は残してしまう可能性大、二人以上でシェアして食べるのをお勧めします。

うーむ。夜市に来てこれを食べたら、屋台巡りが出来なくなりますよ。

というわけで、ご馳走様でございました。乾燥としては、気構え出来ずに食べられる炒飯と言ったところでした。とくに蝦仁炒飯(エビチャーハン)は、食べる価値あり。
エビの風味を思う存分楽しみつつも、パラパラしっとり、あっさりと食べられる逸品かと思われます。でも、特筆すべきは量。お腹いっぱい食べたい!と言ったときにピッタリ。自強夜市で食べるものに困ったときの駆け込み寺としてもアリです。

なお、周辺は苓雅市場ということもあり、炒飯を食べた後に市場観光も可能。また、夕方以降は自強夜市観光も楽しめます。ちょっとマニアックな観光ができるのが強みかもしれない。
あえて炒飯を食べる必要性はないけど。

ちなみに炒飯を食べた後、苓雅市場の八百屋さんでドラゴンフルーツを買って帰りましたのよ。剥くの大変じゃないの・・・?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ドラゴンフルーツの皮は、手だけで剥くことが出来るのでお手軽に食べられます。おすすめです。

お月様のようにまん丸なドラゴンフルーツ。あっさりとした甘みで美味しい。水分補給にもぴったり。なお、赤い果実のドラゴンフルーツを食べると、口の中がホラーになるのはご愛嬌。

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *