九份に行くついでに黄金博物館(金瓜石)に寄ってみる 其の2

Pocket
LINEで送る

20140309-164124-210-0_R

九份に行くついでに黄金博物館(金瓜石)に寄ってみる①のつづき

九份の景色を満喫するのもいいが、まずは腹ごしらえ。
雨でゆっくり景色を見ることもできないし・・・。

20140309-144017-0_R

滷味をつまみ食い。個人的には鹽水煮の方が好きです。

もう少しいろいろ食べたかったけど、急な階段が多い九份の道を雨の中歩くのは危険なので、お茶屋さんに退避して一息。

しかい、台湾のお茶は本当に美味しいですなあ。これは確か、阿里山のお茶だった記憶。
お店の主人が淹れてくれるお茶は格別です。

20140309-152648-210-0_R

茶器類はお店のご主人が作られているそうです。可愛い。

客室に飾られている茶器。茶器類や、お椀などはお店の一階で買うこともできるそうです。

20140309-155349-210-0_R

渋い・・・。見ているだけで満足。

このままのんびりとお茶を飲んでいたい。
そんなことを思わせる調度品の数々。部屋のしつらえ。

20140309-155513-210-0_R

のんびり・・・

お店の窓から撮った写真。良い光景です。
おっ、すこし天気が良くなってきたようだ。そろそろ黄金博物館に向かいます。

20140309-155544-0_R

晴れたときの風景は絶景なんですよね。遠くの島まで見えるし。

さて、九份を後にしますよ。この急な階段が雨の日は特に危険。滑りにくい靴を履いてくるようにすると良いと思います。ぺちおは来るたびに滑ってます。

20140309-161349-210-0_R

年寄りの腰に堪える角度。

20140309-161750-0_R

バス停まであともう少し・・・。ひいひい。

そして、坂を下りたところにあるバス停から、金瓜石行きのバスに乗って黄金博物館へ向かいました。ついたでー!(はしょりすぎ)

20140309-164032-0_R

おおう・・・なんだろう。いい感じ。

20140309-164051-0_R

博物館まで少し歩くようです。とことこ・・・

ここでは、黄金博物館だけでなく、日本式建物の四連棟という、日本統治時代の日本人宿舎の見学もできるようです。このときは時間の都合がつかなかったので、行けませんでした。

20140309-164315-210-0_R

右手に見えるのが、四連棟。左手に見えるベンチに座っているのが、四連棟の見学待ちの人たち。

相変わらず肝心な写真が無いわけですが、黄金博物館に到着。中の見学を開始。

20140309-165940-210-0_R

目、目がーっ!

20140309-170237-0_R

当時のお仕事の光景。金を型にしているのかな?

一通り博物館を見学した後は、金鉱に突入。その前にトロッコを押したりすることができます。

20140309-172428-210-0_R

金鉱に入るときは、安全のためにヘルメットを着用します。

金鉱の中、感度が追いつかなくてぶれまくり、ぼけまくり。そして後ろから人がどんどん来るから落ち着いて写真を撮るのが難しい。

20140309-172612-210-0_R

写真ではわかりにくいんですが、金鉱の中は結構な角度なんです。

しかも湿気がすごい。外と比べて一定の温度のようなので、そんな蒸し暑くは感じないかも。

20140309-172720-0_R

結構腰に来る。

当時の掘削風景を思わせる人形たち。

20140309-173005-0_R

いい尻しとります。

これはいわゆる持ち物検査の光景。まあ、爆弾なんか持ち込まれたら大変なことになりますからね。

20140309-173336-0_R

ここにある人形。やけにリアルなので、遠目に見ると普通に人に見えるんです。なんどかびっくりした。

そんなこんなで、20分~30分、金鉱の中を歩き回って、出てくるのがこんな風景が見えるところ。良く歩いたよ・・・。

20140309-173453-0_R

遠目に見える鳥居は、神社らしいよ。でも、歩き疲れた後にあそこまで歩くのは・・・。

あれは茶壺に見えるという有名な岩。確かに茶壺に見える。

20140309-171804-0_R

なにやら湯煙が出てきそうな。ヤカンにも見える。

そんなこんなで、黄金博物館めぐりを終わらせて帰ったわけですが。
実は、まったく黄金博物館を堪能していないことが後日判明!
他にも作業員弁当が売っていたり、砂金採りのレクリエーションもあったらしいですよ。

さすがに1時間以内で黄金博物館めぐりを終わらせたのがまずかったようだ・・・・・。
まあ、今度行く機会がありそうなので、リベンジします。

20140309-164811-210-0_R

写真には撮っていたのに買うのを忘れたお弁当。悔しい・・・。

黄金博物館 住所:新北市瑞芳區金瓜石金光路8號

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *