2013年初台湾旅行記 2日目① byぺちお視点

Pocket
LINEで送る

20130910-122703-210-0_R

この記事は2013年初台湾旅行記④ byぺちお視点の続きです。

ああ眠い。草大福食べすぎましたわŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”
もうすぐ4月というのにこの冷え込みよう。困ったもんです。
この寒さのおかげで草大福食べすぎちゃうってのŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”

さて、初台湾初日は、ぺちこさんが立てた綿密(?)な予定のおかげで、スムーズに観光地を回ることが出来ました。もちろん2日目以降も予定を立てられているという周到さ、さすがでございます。
てなわけで、この日は台湾旅行の定番、十分大爆布と九份に行ってまいりました。

起きて最初に目についたのは、台湾名物の道路を埋め尽くすバイク。車より多いのよねえ。バイクの列が途切れることが無いのもびっくりでした。

20130910-092733-210-0_R

いつみても壮観でございますなあ。下手すれば自動車より速いし。

バイクを見て驚いた後は、ホテルで朝食。高級ホテルということもあり、ビッフェに並ぶ料理は多く、そしておいしそう。客席に座っている人たちもビジネスマンや駐在員のような感じの人が多かったですね。

20130910-092948-210-0_R

さすがは高級ホテルといったところ。料理の量が多い、そしてスタッフの方の動きが早し。

朝から食べすぎの図。ここから台湾暴飲暴食の物語が始まったといっても過言ではあるまい。

20130910-094040-210-0_R

この時はまだ台湾に馴染んでいなかったため、取ってきた料理は中途半端(?)

ホテルスタッフの方に作っていただく担子麵。あっさりとした味付けでした。

20130910-094023-210-0_R

見た目以上に、胃もたれしている朝にぴったりのあっさり風味。

朝食を終えた二人は、光の速さでホテルを出発。台北駅へ向かいます。
タクシー代をケチってMRTで行くことに。

20130910-101721-210-0_R

太陽の光が強くて溶ける!というくらいの晴れ。いいのか悪いのか。

初めて降り立った台北駅構内。人の多さに驚く。というより、構内のどこに行けば台鉄の切符売り場にたどり着くのかが全く分からないみたいな・・・。
最近は地上に上がってから向かった方が早いのではないか!?と思い始めている次第。

20130910-104432-210-0_R

さすがは中心駅といったところですよね。どの時間も人でごった返しています。

色々端折ってぺちこさんが買ってくれた切符。本当は朝9時ごろから移動する予定でしたが、まあようするに( ˘ω˘)スヤァしたからこの時間になったわけで、そのため莒光號に乗ることに。自強號デビューはぺちこ・ぺちおには、まだ早いというわけか・・・。

20130910-105953-210-0_R

初切符。この時はどうやって買えばいいのかも悩んだものです。

ホームに降りて電車を待つ間に来た普悠瑪号。この時はえらく電車が遅延していた記憶。

20130910-110108-210-0_R

あ~乗りたい。一回でいいから乗りたい。とか思っていたらこれ以降何度も乗ることになって、乗り心地はあまりく良くないことが判明する。

少々見づらいですが、電光掲示板に表示されている莒光號がぺちこ・ぺちおが乗る列車でございます。この時はいつ来るか分からないし、どれに乗ったら良いのか分からないし、非常に不安でしたわ。「ジリリリリリリリリ!!!」ってけたたましく発車ベルが鳴ってるし。

20130910-112801-210-0_R

何回も来台すると見慣れる電光掲示板も、慣れないとまったく意味が分かりませんわ。いや本気で。晚ってなんだよってね。

そのあとしばらくホームで待っていると、ぺちこ・ぺちおが乗る莒光號が到着。
無事に莒光號に乗ることが出来ました。キイロイトリさんもご満悦でございます。

20130910-113756-210-0_R

キイロイトリ「特等席は私の物!」

ぺちお「お~」
ぺちこ「お~」
キイロイトリ「お~」

初めて乗った莒光號から見ることが出来る台湾の風景を見て感嘆の声を上げる3人(?)

20130910-115417-210-0_R

キイロイトリ「よきかなよきかな、晴れているおかげで遠くまで景色を見ることが出来るのぅ」

川を流れる水もきれいですよね。
電車の場合、このような風景を見れる個所が多いのが良いですわ。

20130910-121845-210-0_R

台鉄で瑞芳方面に行ったことがある方にはお馴染みの光景。

そして着いた瑞芳。この日も上天気、突き刺すような陽射しが眩しかった。
しかも人が多い。駅構内は人でごった返ししていました。

20130910-122836-210-0_R

言葉は悪いけど、殺人的な暑さでしたわ。

2013年の時点では、瑞芳駅で新規ホームを建設工事していました。現在は、新設されたホームに平溪線(十分方面)が発着してますよね。この時はまだ、宜蘭線と平溪線はホームを共用していました。

20130910-123004-210-0_R

完成するまで2年くらいかかっていたような気もしないでもないがそうでもないかもしれない。

2013年には、江ノ電との乗車券相互利用が始まっていたんですねえ。
先日はさらに、江ノ電と台鉄とで、友好鉄道協定なるものが締結されたそうです。

20130910-123209-210-0_R

江ノ電に乗った後は平溪線だぜ!とかやったことがある人っているんだろうか・・・。

このまま平溪線に乗り換えてもいいんですが、折角なので瑞芳駅の周りを少しだけ散策。

20130910-124206-210-0_R

あ~眩しい。暑い。汗が止まらん。表を歩いている人も少ないし。

散策中に見つけたドリンクスタンドでタピオカミルクティーをゲットします。
今となってはこちらのお店は閉店していて、他のチェーン店になっていますけどね。

20130910-124716-210-0_R

この時はドリンクスタンドでの買い方もおぼつきませんでしたわ。今でもそうだけど。

まだまだこの話は続きます

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply