彰化鹿港 阿振肉包の翡翠肉包と蔥花卷は台湾一ぃ!

Pocket
LINEで送る

20160504-141246-2_R

こんにちは。
この3連休、皆様はどうお過ごしでしょうか。
ぺちお・ぺちこは、金曜日の夜に台湾に行きたくなってしまい、航空券を探し出すがすでに遅し、仕方ないので部屋のお掃除をしておりましたのよ。

さて、ゴールデンウィークの台湾旅行時の中盤で台中に滞在したときに、鹿港老街という観光地で、肉包の有名店「阿振肉包」の肉包を頬張ってまいりました。

その日は、彰化の彰化扇形庫を朝8時くらいから見にいったはいいが、休日でした!
みたいなことがありましたが、それは気にしないでおいてと・・・。

20160504-085452-3_R

月曜日が休業日、平日の営業時間は13:00~16:00、土日は10:00~16:00となっております。

鹿港老街へは、台中駅からのバスで行くことも可能ですが、ぺちお・ぺちこは台鉄の彰化駅近くにあるバスステーションからバスに乗って向かいましたのよ。
台中駅→彰化駅→バス乗車みたいな感じ。
特に意識はしていませんでしたが、台中↔彰化間は、台鉄の區間車(区間車)で移動した方が早かったです。帰りに鹿港老街から台中駅へバスで向かったときに判明したんですがね。

160504-103026_R

台中からバスで向かうより、彰化からの方が早いです。台中から彰化も、台鉄利用なら10分~15分で移動できます。

まったく地理間が無かったのと、事前の調査で終点の鹿港手前で降りた方が良いとの噂を聞いていたことから鹿基醫院で降りたのですが、実は鹿基老街から少し離れていることが判明。徒歩限定なら終点の鹿港まで行った方がいいですわ。

160504-111712_R

停留所の周辺が観光地っぽくなかったので途方に暮れた記憶。どうにかなったので良かったけど。

なお、鹿基醫院停留所近くにある、鹿港鎮運動場の天后路側に、U-Bikeステーションがあるので、U-Bikeを利用しての観光もできます。ぺちこ・ぺちおは勿論借りちゃいました!
鹿港老街の観光名所や、飲食店を回ろうとすると結構な距離なので、レンタル自転車を借りることに抵抗が無いのであれば借りた方がいいですわ。
新鮮な魚介類を食べることが出来る、塭仔漁港へも自転車で1時間弱くらいで行くこともできますよ!

160504-115010_R

自転車が小さいので狭い場所もすいすい~っ。鹿港老街は歴史ある街で非常に規模が大きいため、1日で回ろうとするならば自転車利用は必須です。

実は、鹿港老街観光はあまり期待していなかったのですが、街並みや建設物は予想以上に見所があって、ぺちこ・ぺちお共に大好評。時折流れてくる潮の香り(鹿港老街は海から近い場所にあります)が漂っていたりと、雰囲気も非常によくて、また来たくなってしまいました。

20160504-125054-1_R

鹿港民俗文物館は、鹿港で営まれていた生活・風俗を知る上で非常に貴重な資料が展示されています。なお、館内は写真撮影禁止なのでご注意ください。

そんな観光レポートは置いといて、あらかた観光名所と呼ばれる所を回りきったところでの帰り道、阿振肉包を発見!

160504-150412_R

バス停留所の鹿港站に向かう矢先に見つけた阿振肉包。相変わらず運が強い。

お店は非常に綺麗な外観。なお、お店の中はお客さんでごった返しておりましたわ。

160504-150432_R

お店の看板をよく見ると、せいろが疲れております。細かい。

店内を覗いて見ると肉まんらしきものがトレーに載っております。
ぺちこ・ぺちおが借りた自転車もガラスに映っているのは秘密。
正直徒歩で鹿港観光は中年にとってかなりきついのですよ・・・。

160504-150442_R

しばらく外から眺めていましたが、お客さんは途切れなく来店していましたわ。さすが人気店。

そんな戯言は置いといて、お客さんの波が引けたので、意を決して入店いたします!
ドキドキ・・・。

160504-151138_R

店内では店員の方が数人絶え間なくお仕事をされていましたわい。

お~う。有名店という事もあって、商品の包装が綺麗で可愛らしい。全部美味しそう!
どれにしようか迷いますな。

160504-150628_R

黃金雞糕、鹹雞糕も美味しそう・・・。

こちらは商品の価格表。観光地特価ではなく、良心的な価格でございます。
ううっ、しかし悔しい・・・。つい先ほど、麵線食べてきたからお腹がいっぱいですよ。
胃がもう1個あったら、饅頭も買うのに!

160504-150449_R

どれも美味しそうに見えますなあ。でも、饅頭系はお腹に溜まるのよね。なのでそんなに食べられない。悩みます。

色々と悩みながらも、商品の購入は無事完了。人懐っこい老闆(店主)に非常親切にしていただき、感謝感謝です。
なお、日本人観光客が来店するのは結構珍しいらしい。もっと買ってお店に貢献しておけばよかったよ!

160504-151736_R

袋も可愛い。味のある肉まんの絵ですな。

では、鹿港龍山寺の近くで開封の儀式。
まずはこちら、翡翠肉包。
こう、写真の構図が納得いかないのは抜きにして、艶やかな皮が食欲を誘います。

160504-151820_R

小さく見えますが、結構大きい肉まん様。張りのある生地が美味しそう。

で、こちらが蔥花卷。くるくる巻き。ネギが饅頭の生地に練り込まれております。

160504-151906_R

男らしく(?)、具材はネギのみ!この潔さが良い。

翡翠肉包と蔥花卷を食べたら、喉が渇くであろうと考えて、豆漿も購入しておきました。
肉包、饅頭系には、優しいお味の豆漿か、すっきりした飲み口のお茶が鉄板です。

20160504-141404-3_R

いわゆる大杯でございます。胃もたれしているときでも飲める素晴らしい飲み物、栄養価も高い。

それでは試食タイムです・・・。

むむっ・・・!
これは・・・。

うまああああああああぃ!!!

程よい葱の香ばしい香りと、肉汁たっぷりの餡が包子と見事な競演!
包子は柔らかいけども、しっかりとしつつも噛みごたえは感じられる絶妙な硬さ。
口に含むたびに感じられる香辛料の風味の助けもあって激食欲増進。

こりゃあまさに、包子界の男爵だぜ!

いやあ、こりゃあ美味しい。肉汁から滲み出る脂が多いので、おやつというよりはご飯!というくらい食べごたえ十分。でも、翡翠肉包で良かったかも。葱のお陰で滲み出る脂が和らぐので食べやすい。

20160504-141340-4_R

ぎっしりと詰まった餡と生地を頬張ったときに感じる風味が心地よい一品です。

では、大好評の翡翠肉包の次は、蔥花卷の試食に参ります。

どれどれ・・・。

キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!

やばい!なんだこれ!うまああああぃ!!!

軽く翡翠肉包を越えたぞ!なんというか異次元の旨さ!

翡翠肉包以上に葱が存在感があって、饅頭とは思えない食欲を誘う非常に香ばしい風味。
しっかりとした塩気がボリュームのある甘めの饅頭との相性が抜群(葱に塩気がついているのかな?)噛めば噛むほど、葱と饅頭の食べれば食べるほどお腹が減ってきてしまう旨さ!
葱の旨味、甘味が胃にダイレクトタッチしてきて、もうお肉なんていらないと思わせるほど。

こりゃあ紛れもなく、饅頭界を代表する英雄だぜ!

いやあ、本気で衝撃的な旨さ。いつも饅頭か・・・( ˘•ω•˘ ).。oஇ
とか思っていましたが、こちらのお店の饅頭は格が違う。
いままで思っていた饅頭への概念を改めさせられましたわい・・・。

160504-151927_R

本気でもう3つくらい買って帰ろうかと思ったくらい美味しかった!炭水化物万歳(ぉい)

てなわけで、今までは肉まん(肉包)やら、饅頭なんて歯牙にもかけていなかったぺちおでしたが意識を改めることになりました。饅頭さん、今まですいませんでした!

いやあ、まさか鹿港の地で饅頭に秘められた潜在能力を見せつけられるとは思ってもいませんでした。久しぶりにお勧めできる一品を見つけた気がします!
もし鹿港老街に寄った場合は、阿振肉包の肉包、蔥花卷を頬張る価値は十分にあるかと。

そいや、阿振肉包の老闆(店主)は、鹿港老街は日本人観光客はあまり見かけないとは言っていましたが、結構見かけましたわ。
下手すりゃ高雄、台南、旗山、鳳山より遭遇する確率が高かった気がする。
日本で売られている観光ガイド本に台中、彰化近辺の情報を掲載していることが少ないし、交通の便が良くないので来づらい場所のはずなんですがね・・・。

阿振肉包 住所:彰化縣鹿港鎮中山路71號

それでは~。

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *