東港 東港華僑市場内にある軒宸食品の水果凉糕を食べてみた

Pocket
LINEで送る

相変わらず、読者の皆様の期待を裏切りつづける所にばかり行っているので、ぺちこさんにいつも言われる一言。
ぺちこ「たまにはガイドブックに載っているような食べ物を食べたり、有名な建造物、風景を見て感動したらどうだ。」
ええ、ごもっともなご意見です。でもほら、大抵そういった場所は人が多かったり、食べ物が高かったりと格安旅行のテーマに合わなかったりするわけですよ。
なので、斜め上の旅行を許していただきたい!と常日頃思いつつも口には出せないぺちおです。こんにちは。

さて、ぺちこ不在の高雄旅行シリーズ。本日の記事も東港ネタです。

小琉球からフェリーに乗って東港に戻ってきたぺちお達。小琉球で何も食べていなかったので、かなりの空腹(ぺちおはそうでもありませんでしたが、同行者は飢餓寸前でした)
というわけで、東港華僑市場内開始です。

小琉球旅行の〆は、華僑市場美食で決まり!というわけで突入します。

ぺちおも台湾で色々な市場巡りをしてきましたが、東港華僑市場はとても気に入っています。食べ物は美味しいし、とにかく安い!飲み物も10元~30元で売っていたりして、ここに住み着きたいですわ。

このチアシード黒糖ドリンクは15元だった記憶。お安い。

お刺身以外にも美味しい美味しい揚げ物も売っておりますし、食べるの大好きな人達にかなりの訴求力を持つ市場だと思います。海鮮系乾物類も、都市部にあるお店に比べてお手頃な価格で買うこともできます。

小吃スタイルで食べられるお店はそんなに多くないけど、食べられるお店の量は総じて美味しいのです。

さてさて、指をくわえながら市場を歩き回っていたぺちお。水果凉糕なるものを見つけました。調べてみると、凉糕は新年の時に食べるデザートで、別名香蕉飴とも呼ばれるとのこと。作る時にバナナの油を使うそうで、バナナの香りがするそうですよ。
なお、こちらのお店に売られているのは水果凉糕なので、果汁(?)をミックスしているものだそうです。
奥に見える赤い札に、百香果(パッションフルーツ)、草莓(イチゴ)、葡萄(ブドウ)、香蕉飴(これは一般的なバナナ油)と書かれていますので、4種類の味が楽しめる様子。

見た目が美しい水果凉糕。味見をさせてもらえるので、失敗(?)は少ない。

というわけで、お店のお母ちゃんが味見させてくれたので食べてみたところ。
うん、そうそうこれこれ。これが食べたかったんですよ・・・。
実は、凉糕を食べるのは、2016年の11月台北旅行時に食べた時以来2回目。
もちもちQQの食感、そして口の中に広がるフルーツの香りと甘みが癖になるんです。
というわけで、一パックを購入。お値段は100元なり。

ただの飴菓子でしょう?と思われる方、正しいです(ぉい)。でも食べてみると、ちょっとした感動を味わえますよ。

ちなみにお店はこちらの軒宸食品さん。店番号は、030です。看板を見ると美味しそうな凉糕がずらり。ぺちこが好きな豆、芋が使われている、紅豆凉糕、绿豆凉糕、芋頭蛋糕当たりを買っておけばよかったと後悔ですよ。また今度買いに来ることにします。

あ~悔しい!どれも美味しそうです。お茶とも合いそう!

そのあともしばらく、ぐるぐると市場内を歩き回ってお土産を買ったりした後、自爆プランの乗り合いタクシーにて高雄に帰還。無事に帰ることが出来て良かったよかった。

さすが漁港直結の市場。観光地とは思えぬ乾物の価格。というより量が多い。

さあ、ホテルになんとか到着しました!開封の儀式開始です!

こうしてみるとぎっしりと水果凉糕詰まっています。

お~。見た目が非常に良いですな。封を開けるとほんのりと甘い香りが感じられます。
爽やかな香りが心地よい。買った時はそう思わなかったのですが、結構量が入っています。

さあ、どれから食べようかな~?

というわけで、
見た目麗しい水果凉糕を眺める時間は終わりです。

実食の段階に突入しましょうφ(c・ω・。)ψ 

ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹

うむ、懐かしさを感じさせる味ですな。弾力のある食感が癖になる。甘さはあっさりとしていて食べやすい。そしてフルーツの香りがとても心地よい。個人的には、百香果(パッションフルーツ)が一番気に入りましたね。微かに主張する酸味とパッションフルーツの風味とバランスが非常に良いです。なんか食べていてほっとするというか、安心する甘味スイーツですね。

結構な量が入っているので、何回かに分けて食べてもいいかも。

いやあ美味しかった。まあ、脚光を浴びそうなお菓子ではないのですが、飽きなさそうな味が魅力的です。脂っぽいものを食べた後でも食べられそうな、爽やかな風味もなかなかのもの。
あと、日持ちしそうなところもいいですよね。ほっといても二日くらいなら大丈夫そうなので、日本に持って帰ることもできそうですし。
しっかりとした弾力があるというのも良いんですよ。なぜなら、口が寂しいなあと思う時に弾力が無いものを食べると、食べすぎちゃうことが良くあるじゃないですか!
それが無いんですよこれ。しっかりと噛む必要があるので、これだけでお腹いっぱいになりますからね!

というわけで、懐かしさ感じる水果凉糕レポートでした。
それでは~。

*華僑市場内のお店に割り当てられている店番号は、時期によって変わるようです。ご注意ください。

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply