台湾のリゾート地「小琉球」に行ってみた(落日亭編)

Pocket
LINEで送る

今年に入ってすでに1か月以上たっていることに驚きですわ。時間が経つのは早い。
しかし、あと3~4か月もするとマンゴーの季節ですな。なお、5月のゴールデンウィークに台湾に来ると、マンゴーの季節にはちょっと早い時もあったりするわけで、ぺちお的にはかなり悩みます。しかもゴールデンウィーク中の旅行費は総じて高めだし・・・。

さて、ぺちこを日本に置いてけぼりにしつつ、自分だけ台湾南部の旅行を楽しんだシリーズ。
この記事は、台湾のリゾート地「小琉球」に行ってみた(白沙觀光港編)の続きです。

バイクを無事(?)に借りることが出来たぺちお一行。特に行く当てはないので、適当に島内を走ってみることにしました。なお、小琉球は周囲13km程度の小さな島、どこに行っても海が広がっている感じ。冬という事もあって観光客が少なく、道路が混んでいないので、安心してバイクが運転できて快適。しかも、ずっと晴れ間が広がっていて、天気が良かったとので、のんびりと小琉球の雰囲気を満喫できました。

あんな崖っぷちに人が・・・。釣りをしているようですが、どうやってあそこに行ったんでしょうかね。

誰もいないわあ・・・。しかし、よく考えると平日の月曜日。そりゃ人が少ないはずだわ。

フェリー乗り場近くの街並みでは人通り、車通りが結構ありましたが、島の反対側にある道路はこんなに空いています。空いているというか、誰もいない。

そのあとしばらくバイクを走らせていると、こんな場所を発見。なんとなく観光スポットの匂いがしますな。フェリー乗り場からバイクを走らせて、おおよそ15分程度で着きました。

周辺にお店は無いので、ここらに来られる場合はペットボトル飲料などを持っていくのをお勧め。暑い時に水分補給が無いと大変ですので・・・。

バス停の看板を見てみると、落日亭と書いています。夕陽が綺麗な所なんでしょうかね?
時刻表を確認すると、30分~50分に一本くらいが運行している様子。路線図を見る限り、島を一周するような経路を通るようです。もしバイクを利用せず観光をするなら、バスの出発時間を覚えておかないと悲惨なことになりそうですな。

運行終了時間が非常に早いので、バスを利用した観光をする場合は注意が必要です。

名前から察するに、ここに座って夕陽を眺めるんでしょうなあ。崖際にベンチがいくつか並んでいるので、海を眺めながらの休憩も可能な様子。

日陰があるので、日差しが強い時でも安心ですな。なお、風がダイレクトに感じられる位置にあるので、風が吹いていると涼しく感じます。

落日亭の由来を説明する看板もありました。まあ、読めませんがね!
地図もあるので、自分たちのいる場所を確認をしておくとすると良いですな。
地図を確認する限り、島の南西(左下)に落日亭があります。

とても分かりやすい地図。これを覚えておけば道に迷うことは無いと思われます。まあ、迷うほど道があるわけでもありませんが。

どこを見ても一面の海。海しか見えない!

綺麗だけど、夕方に来ないと、落日亭の本領は発揮されないかもしれない。

水平線がくっきり見えるので、陽が落ちる時間帯の景色は感動するでしょうな。

なんというか心が洗われるというか・・・、ぺちこさんを連れてきたかった。

絶景かな絶景かな。お弁当を買ってきて、ここで食べても良かった!残念です!

心地よい潮風のお陰で、( ˘ω˘)スヤァになりそう。布団が欲しい!

さて、落日亭にあった地図で観光スポットを確認できたぺちお一行。次はどこに行こうという話になり、近いところにある厚石裙礁に向かうことに。なお、途中で小さな港を見つけたので、靴を脱いで海水にドボンですわ。

どんだけはしゃいでいたのか。中年二人がやることではない。

!?

(;-_-) イテテ・・・

あ~、無理無理。港内に敷き詰められている砂利や、石礫(イシツブテ)が足の壺をダイレクトにマッサージしてくれますわ。しかも切り立った石が多いので危険。正直ここの港でドボンするのはお勧めしない。いやまあ、ぺちおくらいしかやらないとは思いますが・・・。

確実に仕留めに来ている、港内の地面に敷き詰められた石達。裸足は危険なり。

小琉球をレンタルバイクで駆け抜けてみたシリーズは、まだまだ続きます。

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *