台湾のリゾート地「小琉球」に行ってみた(白沙觀光港編)

Pocket
LINEで送る

そろそろ高雄ネタが枯渇しそうなため、台北旅行の記事を書くための準備をしなければならないと思いつつも、やっぱり高雄旅行記事を書いてしまったぺちおです。こんにちは。

ぺちこを日本に置いてけぼりにしつつ、自分だけ台湾南部の旅行を楽しんだシリーズ。
今記事からしばらく、小琉球をレンタルバイクで駆け抜けてみた編でございます。

なお、ぺちお一行が高雄から小琉球にどうやって移動したかについては、以前の記事をご覧くださいませ(書くのが面倒♪)

色々と不安を感じながらも小琉球に到着。行き当たりばったりのぺちお一行を迎えてくれたのはエメラルドグリーンの海。こんなにも鮮やかな色なんですな。感動しましたわ。

海水の透明度が高いとエメラルドグリーンに見えるらしいです。

勢いあまって小琉球に来ただけのぺちお一行。事前の下調べでは、バイクをレンタルできるお店があるとのことでしたが、どのお店で借りることが出来るんでしょうねえ・・・。

行き当たりばったりで来たので、バイクの借り方なども調べていませんでした。来れただけ良しとするか・・・。

まあ、ここで突っ立っていても仕方ないので、街の方に行ってみましょう。

街並みが広がっている方に行ったら、いい案が浮かぶでしょう。きっと。


ぺちこに小琉球に無事到着したことを連絡しつつ、埠頭から通りに面したところに出てみると、
バイクが大量に駐車されているのを発見。まさか、ここのバイクを借りるわけじゃないよなあ・・・。

フェリーを利用して東港に向かった人たちのバイクでしょうかね。狭いところにぎっしりと駐車されていますわ。

ちなみに埠頭から通りの向かいは、食べ物屋さんが並んでおりました。海燕窩(ツバメの巣)なんてものも見かけたし、今考えると何か食べておけばよかった・・・。

この時は興奮気味で、食事を楽しむなど全く脳裏に無かったですな。

さて、ここで問題です。
どうやってバイクを借りたのかというと・・・、

埠頭から表の通りに差し掛かったところで、横からおばちゃんが出て来たんですよ。
そして、「バイク!レンタル!バイク!レンタル!」って言いながら寄って来ましてねえ。最初は客引き大変だなあ・・・とか思いながら、通り過ぎようとしたんですが、悪魔のささやきがぺちおの脳裏をよぎったわけです。

「ブログのネタになるから借りてしまえΨ( `▽´ )Ψケケケケ」

(´-`).。oO(ふ~む。バイクを借りることが出来るお店を探すのも面倒だな。それに手続きも手間かもしれない。免許証の写しも家に置いてきたし、すぐに観光をしたいし・・・。)



よし!借りちゃおう!

というわけでおばちゃんからバイクを借りることに決定。おばちゃんからバイクを借りることに同行者は少々戸惑っていましたが、あえて無視
早速、おばちゃんにバイクレンタルの料金を尋ねると300元とのこと。相場はわからんが、高雄や台南で借りる時の値段もそれくらいなので妥当だと思われます。

いわゆるモグリのバイクレンタル屋さんと言ったところ。返却時の電話は難易度が高いので、戻りの時間にここに来ることを伝えても良いかもしれん。まあ、賢明な人は借りないだろうが。

なお、借りる時よりも返却する時の方が難易度が高かった模様。
おばちゃんに半日(半天)~1日(1天)借りることを伝えると、連絡先電話番号が記載された名刺をくれました。ここで鋭い方なら分かるかもしれませんが、返却する時に電話をかけてほしいとのこと。あ~、やっちまったなあ。電話でなんて言えば返却できるんだろうなあ。

ちなみに、免許証の写しパスポートを見せるような儀式は不要。

グー〇ル翻訳を活用して、待ち合わせ場所と時間を決めてしまえばどうにかなるかも。

思い付きの決断がハードルを上げてしまったことを後悔しつつも、こちらの連絡先も伝える必要があったため、ぺちおの電話番号をおばちゃんに伝えて、バイク旅行開始。ちなみにガソリンは満タンになってました(おばちゃんが適時給油しとるのかもしれぬ)
どうにかなるんじゃなかろうか。分からんけど。

慣らし運転のために、こちら側の桟橋に移動。そしてお茶を一服。バイクに乗っている人は、ノーヘル(ヘルメット無)が多かったのが印象的。

しかし、気分転換の為に埠頭近くの砂浜に降り立つと、不安を吹き飛ばすような綺麗な景色が広がっていました。いやあ、来てよかった!

これが男二人旅じゃなければなおよかった!

ぺちこさんとまた来ようと思った瞬間でした。靴を脱いではしゃぎ回ったのは言うまでもない。

さてこのシリーズは、しばらくのんべんだらりと続きます。

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *