台湾のリゾート地「小琉球」に行ってみた(蛤板灣編)

Pocket
LINEで送る


そういえば、2016年の11月台湾旅行時に気づいたのですが、台北駅の西側にあったバスターミナルの台北西站A棟が閉鎖されて、利用客が多い國光客運1819(桃園空港行きのバス)の乗車場所が、台北駅の東三門側に変更されていましたな。
なにやら、2016年10月30日の朝6:00に閉鎖されたとのこと。バスターミナルの移転・改修が終わったら、元に戻ったりするんでしょうかね。

さてさて、
ぺちこが鬼殺し(一升瓶)を飲み切らないうちに、台湾高雄旅行を済ませてくるシリーズ。
この記事は、台湾のリゾート地「小琉球」に行ってみた(烏鬼洞編②) の続きです。

烏鬼洞を後にしたぺちお一行、次の観光スポットへバイクでひとっ走り。
お隣にある蛤板灣にやってまいりました。
なお蛤板灣は、貝殻が砕かれた砂で形成された砂浜らしいですよ!

烏鬼洞からのんびりとバイクを走らせて5分~10分で到着です。

お隣の烏鬼洞からは、1.1㎞。バイクを使わずとも、徒歩でも来れる距離感ではあります。
なお、蛤板灣の別名は、威尼斯海灣(ヴェネツィア海岸)らしい。良く分からないが、有名な観光地を模す位に綺麗ってことか!?

観光スポット間の距離は、2泊くらいする予定で、足腰に自信がある方であれば、バイクを使わずとも徒歩で観光が完結する距離です。お勧めはしないが。

バス停の横にバイクを置いてと・・・。

おばちゃんに借りた流星号を停めて、徒歩開始。

バス停の近くに下に降りる階段があったので、そちらから海岸に行ってみましょう。

誰もいないです。オフシーズンだからなのか、それとも平日だからなのか分からないけど。

結構急な階段です。えっちらほっちら。

小琉球の観光スポットは、こんな感じに急になっている階段が多いので、雨天時などは注意が必要ですよ!

ひ~。烏鬼洞で足腰を駆使した後なので、結構辛い。

う~む。砂浜がどこにも見えない。

あれ・・・。すぐ下に海岸があるわけじゃないのね・・・。

奥まで続く道が恨めしい。まだ歩かないと駄目なのか!?

階段を下りて左手には、海岸への道が続いている様子です。まだまだ歩きそう。

少しだけ心が折れそうになったのは秘密。烏鬼洞でのダメージが響いているようだ・・・。

歩きたくないオーラを全開にしつつ、逆方向を見てみると、道路が続いているのを発見。

もしやここまでバイクや自転車で来ることが出来るのだろうか・・・。

2~300mは歩きそうだからなあと思いつつ道路の片隅で悩んでいると、階段を下りて右手方向からバイクに乗った人が左手に向かうのを確認。
これはもしかして、バス停から少し進むと、この道路に繋がっているのかもしれない。

よし戻ろう!というわけで、降りてきた階段を登って戻ります。

というわけで、一度バス停に戻ってバイクで先に進むと予想通り、蛤板灣へと続く道へ降りる分かれ道を発見。分かれ道を下りてそのまま進むと、手前にバイクがいくつか停められている屋台を発見でございます。屋台の先には海が見えたので、ここが正解でしょう。
屋台では、ハリセンボンを乾燥させたものや、ヒトデの乾燥したものが売られていました。
そして、ビーチサンダルも売っているので、砂浜でキャッキャしたいけどサンダルは持ってきてない・・・という方も安心です。あ~でも、今考えると名産品を買っておけばよかった!

後悔先に立たずとはまさにこのこと。頻繁に来れるわけではないので、気になるものがあったら買った方が精神衛生上にいいですな。

というわけで降り立った砂浜。もう何も言いますまい。
これが台湾極上ビーチか!(何のことやら)

岩場ばかりが目立つ小琉球で存在する、数少ない砂浜だそうです。夏場は海水客で賑わうとか。

もうね、下手な感想はいらんですよ。なぜ海パンを持ってこなかったと思わせるような美しさ。いやまあ、ぺちおは泳げないので、水辺でぴちゃぴちゃするくらいですけど。

小琉球で3泊くらいできたら、ここで3時間くらいお弁当を食べながらぼ~っとするのもいいですなあ。

別方向を見ると、水辺でイチャイチャタイムの方たちを発見。あれがリア充か!
あ~、なぜ男二人でこの地に来てしまったのやら・・・。

男二人できゃっきゃすると、〇イの方が多い台湾なので疑われてしまいます。

さて、皆様に海水さんの透明度をお知らせしておきますね。

うむ。これが南国の海と言ったところなんでしょうか。綺麗でございます。

あらま~。透き通るというのは、まさにこのこと。厚石裙礁でも海水の透明度に感動しましたが、こちらの砂浜の方がより一層綺麗に見えますな。

海藻が所々に生えていて、足で踏むと良い感触。でも、ヒョウモンダコでも居ようもんならやばいだろうなあ。

もちろん、半パンをまくって海水に浸かります。いやあ、ひんやりして気持ちいいですなあ。それに、砂がさらさらしていて非常に心地いいですわ。厚石裙礁と違って、砂地に硬い石、尖った石などが埋まっていないので、安心して素足を晒せます。しかも、砂に埋もれる時の感触がマッサージに似て、本当に気持ちいいです。

毛穴の隅々まで掃除(?)をしてくれそうな砂。ドクターフィッシュについばまれるよりより気持ち良いです。

砂浜の長さは、約100mくらいのようで、端から端まで歩こうとすると、結構な距離(運動不足?)。砂浜の端には、岩場が広がっている場所もありました。
なお、砂浜を歩いていると、サンゴの死骸やヒトデの死骸などが転がったり、埋まったりしているので、海の宝探し的なことも出来そうです。

一休みしようとして岩場に座ったら、お尻に刺さったのでやめときました。結構ざっくり行きますのでご注意ください。

さて、次の場所に向かうことにしましょう!

結構奥まで浅瀬があるので、泳ぎに自信がある方は奥に見える大きな岩の方まで行っても大丈夫な気はします。まあ、波が強いので無茶は厳禁ですがね。

小琉球をレンタルバイクで駆け抜けてみたシリーズは、まだまだ続きます。

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply