台南駅前にある阿里巴巴機車出租でバイクを借りてみたよ

Pocket
LINEで送る


6月になりましたが、関東地方は梅雨入り前とは思えぬ低気温。
過ごしやすい陽気が続いていますが、春はどこに行ったのやらと言ったところ・・・。
皆様はどうお過ごしでしょうかね。

さて、ここ1~2年、台湾旅行中に、ぺちお・ぺちこが行くたびに利用している交通手段、それは、レンタルバイク。
自転車利用だと観光地への移動が遠すぎる場合や、公共交通機関利用だと秒単位(?)の観光地巡りが難しいことが多いかと思いますが、バイクを使えば万事解決。
バイクを利用した場合の安全性の確保、難易度の高さはさておき、他の移動手段とは比較にならない利便性があったりします。

ちなみに、日本と違ってバイク専用レーンがあったりするので、市街地でバイクを走らせる限りは、日本の公道をバイクで通行するよりも安全性が高く感じます。
まあ、都市中心部の交差点付近のバイク大隊の中を縫うように走るのは無理!という話もありますが、速度超過で飛ばす人は少数なので、流れに乗ることを意識しつつ、安全確認の徹底と、自分のペースを保つことを忘れなければ、正直日本より楽です(個人的主観です)

難易度としては、日本と車線が違うことと(台湾は右車線進行)、ほとんどの交差点で2段階左折(日本は2段階右折)が必要だったりするくらいなので、日本で原付、二輪を走らせたことがある方なら、たいして難しく感じることは無いとは思われます。
2段階左折時に待機する場所も、ご丁寧に道路標示で指定されていることが多いので、日本の道路事情よりも親切。まあ、市街地の道路を走っているときに見かける、自動速度違反取締装置(いわゆるオービス)の存在には注意が必要ですがね・・・。

*この記事は、昨年2016年の9月に高雄、台南旅行をした際に、台南駅前のレンタルバイク屋さんでバイクを借りたときのレポートです

この日は朝から市場巡り、ホテル近くにある鴨母寮市場をぐるりと見物して、眠気を覚ますことに。

鴨母寮市場は、朝から昼までの営業です。また、近隣には有名な飲食店も多いので、食事には困らないかと。

この旅行、ぺちこ・ぺちお以外に同行者が2名いましたが、彼らはまだ起きていなかったので、ぺちこ・ぺちおだけで朝ごはん探し。市場巡りの何が楽しいかって、日本で見かけることが出来ないものが沢山並んでいるのが楽しいですよね。

ぺちおは主にフルーツ狙いですがね・・・。リュックに入れて持ち運びもできるし、保存もきくし、栄養価も高いし、携帯食としてはかなり万能です。

市場内では、首だけになった魚が並べられていて、なかなかの迫力。
魚自体は、台南が海に近いこともあって、鮮度は良さそうです。
しかし、なんだろねこれ。何かの儀式なのかしら・・・。

これだけ見ると、地面から生えてきている頭に見えないわけでもない。もぐら叩きが出来そうである。

お惣菜類も市場内で販売されています。下手に飲食店で食事をしようとするより、市場内で食材を買う方が選択肢が多いのも魅力。朝早くから開店している飲食店も少ないですしね。

様々なお惣菜が売っています。観光に行く際のお弁当用に買っても良いですな(夏等の暑い時期を除く)

そのあとしばらく、市場内を物色しながら市場内を巡っていると、同行者2名が起床したとの連絡。まずはホテルに帰還して、バイクを借りに台南駅に行くことにしましょう。

台湾での朝食と言えば豆乳!これを飲めば、胃のむかつきもぴたりと収まる。そして栄養価も高い(健康マニアではありません・・・)

宿泊先ホテルから10分程度、のんびり歩いて台湾駅前に到着。バイクのレンタル手続き開始でございます。ちなみに、台南駅前にはレンタルバイク屋さんがいくつか軒を連ねていまして、そのうちの1店舗、皇家汽機車出租中心で以前にバイクを借りたことがあったのですが、今回は台南駅改札口を出てすぐ左手にお店がある阿里巴巴機車出租で借りることにしてみました。
理由は、他の方が借りているときの様子が楽しそうだったのと、店員さんの感じが良さそうだったからでして、あとは記事を書くときに同じところで借りるのものちょっと・・・みたいな。要するに特に理由はない!

いやほら、勝手を知っているからと言って、同じことをやるのはどうかなって・・・。記事にした時に面白くないし・・・。

で、結果としては、大成功でございました。
皇家汽機車出租中心と同様に、国際免許証の控え的なものは必要なく、パスポートの提示だけでバイクレンタル完了。

なお、皇家汽機車出租中心と決定的に違ったのは、パスポートが人質にならないこと!

借りる時の店員さんの印象も、阿里巴巴機車出租の方が感じがいい(個人的主観)
なんか、バイクを借りたいって言ったら、OK!パスポートある?って言われて、パスポートを見せたら、どれ借りる?と言われて、バイクを選んで、料金を支払いってと、とんとん拍子でバイクレンタル完了(パスポートはコピーされたようなされないような・・・)。あまりに簡単に借りることが出来たので拍子抜けでした。レンタル金額は、125CCのAT二輪で300元くらいだった気がします。

何というか、お気軽!という言葉が似あうくらい、スムーズにバイクを借りることが出来ました。まったく想像していなかった展開に、同行者を含めた全員が首を傾げたくらいです。

ちなみに借りる時の敷居の低さ以外にも、阿里巴巴機車出租でバイクを借りた方が楽なことがあります。

公道へ出る時の難易度が、阿里巴巴機車出租で借りた方が低いんですよ

皇家汽機車出租中心でバイクを借りた場合は、交通量が多い幹線道路に直接出る感じになるので、道路に出るタイミングがかなり厳しいのですが、阿里巴巴機車出租でバイクを借りた場合は、お店のすぐ前に駅前ロータリーに繋がる道路がありまして、公道へ出るタイミングが図りやすい。また、駅前ロータリーの幹線道路入り口は、交差点の信号が目視で確認できる個所、かつ交差点が近いので、幹線道路に入るのが容易、交通の流れに乗るのがあまり難しくないといいことづくめ。まあ、例によってガソリンを給油するために、ロータリーをぐるりと回っていく必要があるので、簡単に感じるのは最初だけという話はありますが・・・。

公道に入るタイミングが容易なので、のんびりできる感じ。でも、ガソリンスタンド方面に突っ切らないといけないので、注意は必要。

そんなこんなで、給油後は鴨母寮市場へ向かい、再度朝食漁りタイム。
切り立てのパパイヤやらなんやらに舌鼓を打ったのでした・・・。

少食な方なら、これだけでお腹いっぱいになるでしょう。パパイヤ酵素は、タンパク質を分解する作用があるので、お肉を食べまくった後に食べると消化を助けてくれます(度々言いますが、健康マニアではありません・・・)

というわけで、拍子抜けだった阿里巴巴機車出租でのバイクレンタル手続き。まさかパスポートを人質に取られることが無く、バイクを利用した観光が出来るとは思いもよりませんでしたね。海外で身元を証明するためのパスポートを預けるのは抵抗がありますので、預ける必要が無いのは観光客としては助かりますな。店員さんの印象も良かったので、皇家汽機車出租中心で借りるより安心感があるかも。
なお、ぺちお・ぺちこがお店を観察していると、日本人観光客の方たち(家族連れや、友人同士)が何組か、阿里巴巴機車出租でバイクを借りているのを見かけたので、お店自体が観光客慣れしているのかもといったところ(タイミングにもよりますが、皇家汽機車出租中心で借りている日本人観光客は見かけなかった・・・)

まあ、万人にお勧めできる観光方法ではありませんが、公共交通機関網が十分ではない台南での移動が非常に楽になるので、もし興味があった場合は試していただきたいところですね。他にも理由があって、市中心部の歩道は段差がある箇所が多い上に、車道の軽車両走行部分が狭いところが多く、車道を走ることが出来るバイクの方が安全だったりするんですよ・・・。

それでは!

阿里巴巴機車出租 – 台南火車1店 住所:台南市北門路二段4號

*ぺちお・ぺちこが借りたお店の所在は、地図と一致していないので、ご注意あれ。
阿里巴巴機車出租 – 台南火車1店は、前站(西口)を出て左手をみると、バイク屋さんが並んでいる軒先の一番左(駅寄り)にお店があります。

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *