2013年初台湾旅行記 2日目⑤ byぺちお視点

Pocket
LINEで送る

IMG_5526_R

この記事は2013年初台湾旅行記 2日目④ byぺちお視点の続きです。
やっと二日目が終わります。

2013年の台湾旅行を振り替えつつ、回顧記事を書いていて思うことは、
この時が一番旅行らしかったということ。
ちょっとした暗い小道や、何気ない風景など、すべてが新鮮でした。
やはり台湾に初めて来たと言う事が一番大きかったんだろうなあ。

さて、そんなおっさんの話は置いておいて、疲れてきたのでお茶屋さんに入って休憩することにしました。まずは十字路の階段を下りて、お茶屋さんが集まっている場所に移動するため、階段を下りていきます。いやあ大変な渋滞です。階段の途中で止まって写真を撮る人も多いです。階段が狭いし、滑るから気を付けないとね。

20130910-181650-210-0_R

時間帯によっては人で埋め尽くされるのが恐ろしい。というか危ない。

階段の下を見ると色んなところで人が止まって写真を撮っているのがわかります。
なお、急な階段が続くので、ここら辺で写真を撮る場合はご注意ください。

IMG_5546_R

皆さん健脚ねえ・・・。おじさんもう足が限界だよ。

夕方の4時~5時くらいに九份老街から眺めた海。晴れててよかった!

20130910-182502-210-0_R

このくらいの時間帯になると涼しくなってきます。

さて、運よくあるお店に入ることが出来て一安心です。
キイロイトリさんも一息ついた顔をしています。

20130910-182525-210-0_R

夕暮れ時の九份は、非常に雰囲気が良い光景を見せてくれます。トリさんもそう言っています。

実は、九份に着いてからまともな食事をしていなかったので、こちらのお店で食事をとることにしました。注文した料理は、確かウナギ定食っぽいのと・・・、うーむ思い出せない。
このころは痩せていて小食だったので、これくらいの量で充分でした。ああ、昔に戻りたい。

20130910-184149-210-0_R

まとまった食事は食べていなくても、タピオカミルクティーでお腹がタプンタプン言っていたのは秘密。

こちらはぺちこが頼んだ麺料理。焼きうどんに見えないわけでもない。
少々ボリュームがあるので、女性が完食するのは難しいかも。

20130910-184054-210-0_R

写真の雰囲気以上に麺が多かったようで、ぺちこさんは少しだけ残していました。まあ私が残りを食べましたけど。

そのあとはお茶をいただいて一服。お店のお姉さまが蝶のように舞い、蜂のように刺すかのような優雅さでお茶を入れてくださいました。名人芸ですな。

20130910-182828-210-0_R

お茶が非常に美味しい。それ以上に、お姉さまがお茶を入れる時の所作が素敵なんですよねえ。

一服して一息ついた二人ともう一匹。充実した昼+夕ごはんでした。キイロイトリ先生もご満悦のご様子でございます。

20130910-191358-210-0_R

は~、食った食った。もう動けん。お茶は何杯も飲めるから、欲張って飲み過ぎると大変なことになります。

だんだんと陽が落ちてきました。名残惜しいけど、帰る用意をしないといけません。

20130910-191516-210-0_R

帰りたくない!な・ぜ・な・ら!急な階段を下りるのが疲れるからです!(ぉい)

といいつつ、欲張って小道を散歩してみる。
陽が落ちてくると、行燈に火がともり始めて、幻想的な雰囲気になります。

20130910-192747-210-0_R

とはいいつつも、小道の先には目立ったお店などは無いので徒労に終わることもしばしば。

夜の九份。晴れているときはびっくりするくらい良い雰囲気なんですよね。見てくださいこの写真。綺麗ですよね~。
残念なことに、このころ持っていたカメラの性能があまりよろしくなくて、ぶれないで撮影出来た写真はこれだけ。悔しい!
なお、この写真を撮影した時間は、夜の6時くらいでした。最近はどうかは分かりませんが、夜の6時~にはほとんどのお店が店じまいを始めていました。

20130910-194352-210-0_R

息を呑むような不思議な雰囲気ですね。

さてさて、そろそろ帰りますよ。台北!台北!を連呼するタクシーの運転手さんが多かったのを覚えています。そんな遠くまで乗ったら破産しちゃいますよ。そんな運転手さんはほっといて、瑞芳駅までのタクシーに乗りましたけどね。安客ですいません。

20130910-195026-210-0_R

不機嫌そうに檳榔噛んでましたわ、運転手さん。

そして、暴れ馬のタクシーに少々危険を感じつつも、瑞芳駅に到着。そして莒光号の切符を無事にゲット。なお、この時間ともなると、台北方面へ向かう電車の本数が激減しますのでご注意あれ。区間車ですら、乗るのにひたすら待ちぼうけを食らいます。

20130910-201751-210-0_R

スムーズに切符をゲットしたぺちこさんとキイロイトリさん。さすがでございます。

電光掲示板を見てうなだれるぺちことぺちお。急いで駅に戻ってきたというのに、駅のベンチで40分以上待機とは・・・。羅東方面の電車は多いのにね・・・。よく考えたら、帰りの通勤時間帯なのかな?そう考えると、羅東方面の方が本数が多いのは頷ける。そこまで通勤客が多いかは不明ですけどね。

20130910-201822-210-0_R

ええ、正直電車を使って帰るのはあまりお勧めしません。バス最高!行きは電車でもいいけどね。

例によって(?)莒光号が遅れたのはいいとして、無事に列車に乗ることが出来た二人。
うつらうつらとしているうちに台北駅に着きました。いやあ大変だったけど楽しかった。
さて2日目の日程はこれでおしまいです。このまま素直にホテルに戻ります。
それでは!

20130910-222825-210-0_R

例によって台北駅の構内にある変なトリっぽい何か。有名な作家さんの作品だとか。まあ、可愛くないけどな。

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply