豐原 北陽168鮮果汁で幻想的な色に輝く七彩冰檸百香と夢幻Spriteを飲んでみた

Pocket
LINEで送る

こんにちは。ぺちおです。

関東地方は、8月当初からずっと雨。
雨の影響が如実に市民生活に現れ始めておりまして、
「長期間の降雨が続いており、野菜が出荷できるまでに成長できなくなっております。」の貼り紙をスーパーで見かけるようになりました。
さらに野菜の出荷数が少ないために、野菜自体の値段も高騰とのこと。
7月の台湾旅行で散在したぺちコンビの家計も大打撃でございます。

さて、今回の記事は、久しぶりに台中記事です。

この日は、主に洗濯をするためだけに台中から豐原に移動。
4日間くらいなら大丈夫だろうと思っていたのは、見通しが甘かった・・・。

今回の旅行は、洗濯に振り回されました。どうしようもない。

豐原に到着した後は、洗濯物のことなど忘れて、豐原慈濟宮を見学したり・・・。

洗濯など後回し!観光優先じゃあああ!!!

豐原慈濟宮横の小道を散策したり・・・

臭豆腐の香りが充満する素敵な通り。初心者にはお勧めできない。

豐原駅で変な形の造形物を写したりと、紆余曲折はありましたが・・・

豐原駅は、新駅舎の供用が開始されていました。細かいところは工事中でしたけどね。

なんとか自助洗衣(コインランドリー)に到着。
懸案事項であった、溜まりに溜まった洗濯物を葬ることに成功しました。
とはいえ、洗濯・乾燥が終わるまでは、少なめに見ても1時間弱は必要。

要するに暇!

でも、何かしら行動していないと時間が勿体ない・・・。

ホテルにコインランドリーがあればねえ・・・なんて思ってはいけない。コインランドリーで洗濯も案外楽しいんですよ!

しかし、暑い中をバイクで走ってきたので、喉が渇いてしまい、飲み物が欲しくなってきました。かといって、コインランドリーは駅の反対側にあったため、駅反対側の繁華街(豐原慈濟宮近隣)に戻るのは面倒。

カンカン照りですからね・・・。都市部と違って、陽を遮る建物が少ないので、太陽光が直撃するし・・・。

という事で、美食 豐原 果汁」という、ありきたりのキーワードで検索し、
見つけたのが、こちらの北陽168鮮果汁/香滷味/炸物

豐原駅からは、徒歩15分くらいの距離にあります。バイクなら5分くらいで着きます。

北陽168鮮果汁/香滷味/炸物 住所:豐原區北陽路168號

お店は、山が程よく近い市街地の離れにあります。
山の名前は、觀音山らしい。なお、觀音山からは、豐原區内を見渡せるそうです。

のどかな雰囲気の市街地。車通りも少ない。

反対側を見ても、どうみてものんびりとした市街地といった様相です。
なお近隣に、豐東黃昏市場があります。

建物が低いのがお分かりになりますでしょうか。都心部とは全く違う風景ですな。

まあ、ぺちこに、
「喉の渇きを癒すことが出来て、塩気が強くて、色々なものが食べられるお店を見つけろ!」などと、
どうみても八つ当たり気味の無茶振りリクエストが来たので、なんとか条件を満たそうと考えて、こちらのお店にたどり着いたのですが、訪れたのが昼頃という事もあって飲料のみの販売の様子。
時間帯(夕方以降?)によっては、滷味や、炸物(揚げ物)も販売されているようですが、訪れたのが昼頃だった為に残念ながら食べることが出来ませんでした。

非常に綺麗に整頓された調理場。これは期待が出来るかも・・・。

販売されている飲料類は、かなりの量。
そして、どれも700mlとか、1000ml(1リットル)などの大容量。
これで商売になるんだろうか・・・と他人事ながら心配になりますな(台湾のドリンクスタンドであれば、一部を除いて大抵大容量です)

なお、飲料一覧の中で一際異彩を放っているのが、
夢幻Sprite夢幻B2七彩冰檸~
まったく味の想像がつきませんなあ。その前に、蝶豆花ってなんでしょうね!

どれもお手頃価格ですなあ・・・。しかし迷いますな!

温かい飲み物もかなり充実していますが、コーヒーが良心的な価格でびっくり。
台湾でコーヒーを飲もうとすると、100元近く必要だったりするので、かなり安く見えます。なお、軽食類の厚片土司(厚めに切られているパンをトーストしたもの)もあるので、ちょっとしたお食事もできる様子。

しかし、メニューが分かりやすい。
ドリンクスタンドによっては、~糖(砂糖の量、要するに甘さの加減)~冰(氷の量)を選べるのか分からないところも多いんですよ。来台回数が多い人や、台湾で生活している人であれば、このような記載が無くても問題ありませんが、一見さんや、観光客は分かりませんよねえ。
これだけ詳しく書かれていれば、慣れていなくても希望のものを買いやすいわけで、とても気を使われているってのが良く分かります。ある程度、文字の意味を理解している必要はありますけどね!

一見さんでなくても、メニューにしっかりと掲載されている方が分かりやすいですからね!

果物系ジュースは無論、現打(その場で作るみたいな)
その場で果汁を絞ってくれます。
実は、良心的な価格でジュースを提供してくれているお店だと、現打ではない時も案外多いんですよ。

新鮮な果汁を楽しむのであれば、現打に限りまっせ。

カウンターレジ横に、夢幻Sprite夢幻B2七彩冰檸~の写真一覧がありました。凄いカラフル・・・。これだけ色彩に富んだ飲み物を見るのは、ぺちコンビは初めて。
しっかりと色の層が連なっていて綺麗ですなぁ。

凄まじく多いサンプル写真の量。これなら指差し注文時に困ることはありませんな。

あれの正体は何だろうなあ・・・と思いながら、
夢幻Sprite夢幻B2七彩冰檸~の写真と睨めっこをしていたら、店主さんの奥さんと思われる方が、「綺麗な色でしょ~? (´◡`)」と言いつつ、こんなものを持ってきてくれました。
奥さん曰く、夢幻Sprite夢幻B2七彩冰檸~の青い色の部分は、この花のお茶とのこと。
なるほど、これが蝶豆花か!
早速、蝶豆花で調べてみると、バタフライピーというハーブらしい。
飲み口は、ほんのり豆の風味を感じる程度で癖が無いそうです。
また、ポリフェノールを多く含むので、蝶豆花(バタフライピー)のお茶(蝶豆花茶)は、台湾の女性に人気がある(本当か?)そうですな。

最初、パンジーか、朝顔かなと思いましたが、違った様子。

さて、なにを注文しようかと迷っていると、ふわふわのもっふもふの何かが、扉の隙間からこんにちは。お店で飼っている犬とのこと。暑い台湾でそんな毛皮をつけているのは大変ですねえ・・・と、赤ちゃんに言うように声をかけたら唸られたのは秘密。

ぺちコンビ達が怪しかったのか、目を離すと唸っていましたな・・・。

しばらく悩んでいましたが、意を決して注文!
ジュースが出来上がるまでしばしの猶予、奥様の匠とも思える見事な手際を眺めながら、しばらく喉を鳴らしながらお待ち下さい・・・・・。

Now Cooking………….

何処から来たの~?バイクで来たんだ!などの談笑を、ぺちこさんと奥さんがしているのを傍らで眺めつつ待っていると、ついに登場。

じゃ~ん!!

すっごいカラフル!!(ノ゚ο゚)ノ

なにこれ芸術品じゃないの・・・w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w

おのずと記事の文字もカラフルになってしまいます、なんちゃって。

ちなみに注文したのは、七彩冰檸火龍七彩冰檸百香
写真の左が七彩冰檸火龍。右が七彩冰檸百香です。

ジュースというか、アイスに見えなくもないほど、しっかりと層が分けられております。匠の技なり。

なお、日本人が来ること自体が珍しかったようで、ジュースに拘って数千年の様なオーラをまとっている旦那様(老闆だと思われる)も出てきて、折角だからこれを飲んでみてよ、これも美味しいよ!と出されたのがこちら。夢幻Sprite夢幻B2でございます。女子受けするような色合いですな!

これまた熟練の技により、しっかりと層が分けられております。綺麗ですな!

というわけで、コインランドリーまで戻ってまいりました。
バイクの振動で混ざってしまったのはご愛嬌・・・。

お店の前で飲んでおけばよかったか・・・・・(っД`)シクシク

では、七彩冰檸火龍七彩冰檸百香をいただくことにしましょう。
なお、奥さん曰く、
最初は混ぜないで飲んでほしいとのことでした(少し混ざっているが気にしない)
というわけで、混ぜていない状態でゴクリゴクリすることに。

ゴクゴク(´ノ◎ヽ`*)

お~。
なんか良く分からんけど不思議な風味。
豆と言われれば豆のような風味がして優しい甘味。
青い部分(紫も含む)は、非常に飲みやすいですな!

さて、下の方に沈殿している、火龍(ドラゴンフルーツ)部分はどうかしら・・。

うむ、ドラゴンフルーツ。
ダイレクトにドラゴンフルーツですな!
甘さ控えめであっさりとして飲みやすいねぇ。

おつぎは、下の方に沈殿している、百香果(パッションフルーツ)部分はどうかしら・・。

うひょぉおぉぉおおお!
酸っぱいわあああああああ(゜Ж゜;)

新鮮すぎるわ!
パッションフルーツ系ジュースを飲む時には、砂糖を入れろと言っただろうが・・・!!
誰だよ、無糖にした奴は!(自爆

次は混ぜて飲んでみるか・・・
ゴクゴク(´ノ◎ヽ`*)

!?

なんか良く分からないけど、癒される感じの味になった(語彙少なし
フルーツの酸味、甘味、風味を蝶豆花がうまく包み込んでいて、非常にまろやか。

なんかハマる!

今回は不加去冰(氷無し)で購入しましたが、少冰(氷少な目)か、冰沙(スムージー)で飲むと、まろやかさとフルーツの香りが際立ってさらに美味しい気がする!

キンキンに冷やすべきですよ!体が冷えるからやだあ♪なんて言っている場合じゃない!

良く分からないけど、体が綺麗になった感覚に陥いったぺちコンビ。
次は、夢幻Sprite夢幻B2
なお、夢幻Spriteは、スプライトが入っているのは分かるんだが、夢幻B2の正体は不明。

ゴクゴク(´ノ◎ヽ`*)

あ~なるほど!
夢幻Spriteは、スプライトの炭酸が非常に心地いい!
スプライトだから甘すぎるかなあと思っていたんですが、
蝶豆花が上手くまとめていて、飲み口はあっさりとしつつも優しい感じ。

夢幻B2の黄色い部分の正体は、リア〇ゴールドですな!
あ~でも、これもエナジードリンクさを蝶豆花が上手く包み込んでいてくれて、
思った以上に飲みやすい。

あ~、みなぎってきたぞおおおおおおおおお!!!

夢幻Sprite、夢幻B2ともに、夏らしい爽快感溢れる飲み物ですな!
そして、蝶豆花のお陰でジャンクっぽさが薄まっていて飲みやすい。

こちらも不加去冰(氷無し)で購入しましたが、少冰か、冰沙なら、もっと爽やかでエッジが効いていたかもしれぬ!少々失敗したわい!

なかなかけしからん完成度を誇る、夢幻Sprite、夢幻B2。炭酸が苦手でもこれなら飲めるんじゃないだろうかな!?でも、キンキンに冷やした方がさらに美味しいと思う。

ご馳走様でした!!

思っていた以上に美味でございました。
とくに、夢幻Spriteと夢幻B2の爽快感は夏にぴったり。
台湾のドリンクスタンドで炭酸系の飲み物は少ないので、
物珍しさもあって飲んでみましたが、案外イケル!
蝶豆花の優しい香りのお陰で、炭酸なのに飲みやすく感じましたね。

また、七彩冰檸百香、七彩冰檸火龍も、現打の強みが生かされており、
カップの中に果物が丸ごと入っているような感じで、満足度高し!
そして、蝶豆花の優しい香りと果物の鮮烈な風味のバランスも取れていて、
すっきりしつつも、濃厚な果物の香りを楽しめるのはなかなかのもの。
見た目も非常に美しく、芸術品に見えるほど。完成度はかなり高いですぜ。

まあ、それ以上に、奥様の笑顔に癒されたわけですけどね!

もし、北陽168鮮果汁に寄ることがあったら、
夢幻Spriteと夢幻B2、七彩冰檸~、是非とも挑戦してみてくださいね。
インスタ映えもすると思うよ!?

それでは!

なお、みんな大好き西瓜汁も30元とお手軽価格だったりします。
芒果汁も40元とお財布に優しいので、現打果汁目当てでもいいかもねえ。

西瓜さんは、あっさりと飲めるので、暑い中に飲むのにぴったり。なんだかんだ言って人気があるようですよ。

この記事を書いた人

ぺちお
ぺちお
今年で台湾渡航12回目。1年のうちに台湾にたくさん行き過ぎたのと、行動が怪しいので税関で運び屋と疑われる。

大好物は、寧夏夜市近く古早味豆花の仙草奶凍だが、一日に7回くらい同じものを持ち帰りをしたことで、お店のお姉さまに笑われたトラウマを持つ。

いまだ下手な中国語を操り、駅の窓口で切符を買えずに泣く泣く区間車に乗ること数回。修行中の身であります。

現在、ピーチ弾丸一人旅を画策中。
Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

Leave a Reply