台南・台中・台北縦断旅行記(2017年7月)-台中編⑩-

Pocket
LINEで送る

台湾人の友人に、9月後半に台湾へ行くと言ったら、
その日程は「中秋節」と被るので、交通機関を利用する際の切符手配は早めにしたほうがいいよ!と言われていたのに忘れてしまい、9月10日に台鐵、高鐵の切符を手配しようとしたらものの見事に切符を買うことが出来なかったぺちおです。こんにちは。
結果として、縂聯客運のバスは予約できたのでいいのですが、少々悔しい。
しかし、予約開始から2~3日で切符が売り切れるとは、「中秋節」恐るべしと言ったところ。
これからは気を付けるようにしよう・・・。

この記事は、台南・台中・台北縦断旅行記(2017年7月)-台中編⑨-の続きです。

豐原に洗濯(!?)をしに来たぺちコンビでしたが、適当に豐原慈濟宮界隈をぶらぶらしていると気になるお店を発見。いつもとは違ったお土産を購入するために早速入店です。

いつもなら入店することは無いけどね!気の迷いというやつです。はい。

店内には有機~、自然などの文字が並んでおり、有機農業系の特産品を中心に販売しているようです。いつも不健康な食生活をしているので、たまにはこういったお店で物品を買ってみてもいいかもなあ。

市中の物価と比べても高級志向な商品たち。日本でも同じような感じですよね。有機栽培は手間がかかるから仕方ないところ。

お店の中は非常に清潔感があり、商品も綺麗に陳列されています。これなら女性の方が来ても安心して買い物できそうです。その分、汗ばんだTシャツで歩き回っているぺちコンビは目立っていたわけだが!

観光客の方が入っても安心して買い物ができる雰囲気。台湾産のものだけでなく、欧米諸国のオーガニック食材も売られています。

色々と目移りする店内。店員さんの勧めもあって豆乳ドリンクをゲット。とはいえ、洗濯も終わっていない状態で買う量も限られる・・・、そんな中でぺちコンビを射止めたのはこちらの商品。

調味料は、日持ちもするし、自分たちが使ってもいいし、お土産にもなるしといいことづくめですからね。失敗すると日の目を見なくなる可能性は大きいけど。

麻油薑泥(おろし生姜の黒ごま油漬けらしい)でございます。店員さん曰く、マヨネーズみたいに、サラダにつけて野菜を食べたりするらしい。味見させてもらったら、料理で使いやすそうな味だったのとお値段が許容範囲だったので、一瓶ゲット。でも、買ってから1年間立つのに、未だに封を開けていないのはここだけの秘密。

2017年7月に購入したものの賞味期限を改めて確認したところ、2018年11月まで大丈夫でした。結構日持ちするもんだ!

なおこの瓶、結構ずっしりとくる重さなので、観光中に持ち歩くのは一瓶でも厳しい。何種類かあったので他のも買いたかったのですが、洗濯物もあるので一瓶だけの購入です。

頻繁に来ることは無いので、ある程度網羅しておきたいところを我慢です。

買い物を終えた後は、なぜか無性に食べたくなった肉丸(肉圓)を食べに、豐原慈濟宮横の路地並びにある正老牌豊原肉丸へ。

綺麗好きな女子旅メンバーなら避けるであろう店構え。しかし美食を求める限りは避けられない道なのです。

この店の肉丸(肉圓)は、ぺちコンビ的に台湾飯トップクラスの美味しさでした。しっかりモチモチとした食感が小気味良く、日本人好みの甘辛いタレ。

しっかりとした歯応えの肉丸。硬派な食感です。

そしてこのケトルに入っている魔法のスープが肝だったりします。

ただのお湯だと思うなかれ、これがあるからこそ肉丸が引き立つのです。

肉丸を頬張りながら店内を眺めていると、他のお客さんはケトルのスープを肉丸を食べ終わったお椀に入れて飲んでいる様子。さっそく真似してみると・・・。
あら~、麺が欲しくなりますなあ・・・。スープに溶け込んだ旨味が体中をめぐる感じ。
下手すると肉丸がいらないくらいの美味しさ。
以前は肉圓を苦手としていたぺちコンビも、この店の肉丸を食べたおかげで肉圓好きになってしまいましたからね。何事も挑戦してみるものだと思った次第。

日本料理だと、椀物が献立の華だったりするわけですが、これもまさにそんな感じ。この割スープあっての肉丸といったところです。

昼ご飯を食べて一息ついた後は、洗濯ができるコインランドリー探し再開。
コインランドリーは、豐原駅の反対側にあるとのことだったので、いまだ工事中の駅舎を横目に反対側に向かいます。

豐原以外にも、台中市内の山線側は、新駅設置なども含めて高架工事の真っ最中でした。

高架をくぐり、駅前のバスロータリーをぐるりと回って水源路を少し登っていくと、目的のコインランドリーに到着。やっと洗濯ができる・・・。汗でびっしょになったTシャツともお別れだぜ!

洗濯だけの為に豐原に来たと言うのが今更ながら意味不明である。

普通の人は興味を持つことは無いと思いますが、豐原近隣に訪れるであろうコインランドリー難民の為に地図を貼っておきます。ご活用ください。

自助洗衣店 住所:台中市豐原區水源路548號

ここでは、コインランドリーカードなるものがある事を初めて知ったりと、色々な発見がありました。なお、設備が新しめなせいか、大きい洗濯機の利用料金が80元。相場感は不明ですが、すこしだけ高めだったのかも。

記念にコインランドリーカードを買おうとしたら、ぺちこの激しい反対にあって断念しました。悔しい・・・。

洗濯を始めて落ち着いたぺちコンビ、喉が渇いてきたのでコインランドリーからバイクで3分くらいの場所にある、例のマップレビューで評価の高いドリンクスタンドを発見。
洗濯機が唸り声を上げているのを尻目にそのお店にやってまいりました。

お店の名前は、北陽168鮮果汁。でも今は、閉店しているらしい・・・。残念なり・・・。

台南・台中・台北縦断旅行記(2017年7月)は、まだまだ続きます。

Pocket
LINEで送る

 にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーリンク

『台南・台中・台北縦断旅行記(2017年7月)-台中編⑩-』へのコメント

  1. 名前:楊 昭玲 投稿日:2018/10/21(Sun) at 20:19:05 ID:f0939d988 Reply

    いつも楽しく拝見させていただいてます。私は台湾人ですが日本生まれ、日本育ちのため台湾のことはわからずこのブログを参考にさせていただいてます。今回の豊原紀行は両親の田舎なので本当に嬉しかったです。肉丸のお店も私も行く度に必ず寄るお店なので日本の方が来てくれているなんて嬉しい限りです。これからも楽しみにしていますのでブログの更新頑張ってください

    • ぺちこ 名前:ぺちこ 投稿日:2018/10/25(Thu) at 19:02:32 ID:f9fc5902d Reply

      楊さん、コメントありがとうございます。
      ご両親の田舎!わあ!なんだかとても嬉しい♪
      豊原はたまたま行ったのですが、とても良い雰囲気の街で思わぬ発見と出会いがあって楽しかったです。

      先月ふたたび台中へ行ってきたのですが、今回は豊原を通り過ぎることしかできなくて悔しい限り。
      美味しいものがたくさんあったので、今度はゆっくり散策してみたいです(*´Θ`*)

      ゆるっと更新ですが、ブログも楽しみながら書いていきますネ♡

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.