台南の十鼓仁糖文創園区(十鼓文化村)を平日の昼間にのんびりと散歩してみた

台湾観光

十鼓仁糖文創園区(十鼓文化村)を歩いてみた

 十鼓仁糖文創園区の敷地内は、ちょっとした森林浴をしているような錯覚に陥りそうなくらいに緑豊かな環境が広がっていました。

 

 木々の間から覗く景色も綺麗で、ゆったりと散歩をするのにぴったりの雰囲気。美食観光も良いですが、街中にある自然と触れ合う観光もワクワクしますね。
 また、入り口から少し歩くと池の横に十鼓仁糖文創園区のランドマークである煙突もお目見え。周辺に高い建物が全く無いので煙突の高さが際立ちます。

 

 池の近くでは、池に生息している錦鯉用の餌が販売されていたのでもちろんゲット。そ~ら、どんどん食べるがいいわ・・・。なお、餌は一箱10元と良心的(?)です。

 

 敷地内には、軽食を食べることができるカフェやレストランも営業しており、提供される飲食類の価格はテーマパークとしては概ね良心的。
 なお、気になったのは、鼓追燒gǔ zhuī shāo。太鼓のような形をした大判焼きみたいな食べ物だったらしい。食べておけばよかったか・・・。

 

台湾観光
この記事を書いた人
ぺちお

今年で台湾渡航22回くらいのおっさん。
台湾の道路で無駄にバイクチキンレースを挑むのが最近の流行。
年をとって食べられる量が少なくなったことを実感中です。

ぺちおをフォローする
好吃台湾~はおちーたいわん~

コメント