女王頭で有名な野柳地質公園で夕暮れ前の絶景を眺めてきた

台湾観光

チケット裏面の情報に従い、お目当ての女王頭の岩がある岬の先の方へ向かって歩いていくと、木々の合間から海岸線の綺麗な景色が見え隠れします。こうしてみると、岩以外にも目の保養になる景色が沢山あるようです。

 

そして入り口から5分ほど歩くと海が見える公園に到着。
最初に目に入ったのは、俏皮公主qiào pí gōng zhǔ(可愛いお姫様)という奇岩。この岩を真横から見ると確かに女性の顔に見えてきます。また、斜め後ろから見てみると、髪の毛がボリューミィな女性が鏡を覗いているようにも見えます。

 

なお、俏皮公主の周りでは絶え間なく撮影大会が実施されていて、俏皮公主と記念撮影をしようと思うと結構強引に行かないと駄目な雰囲気。俏皮公主に限らず他の岩の周りも同様の傾向がありますので注意が必要です。
でも、俏皮公主の近くに鎮座していた俏皮公主のマスコットキャラクター(?)に群がる人影はなく、諸行無常のなんたらとはこのことなんでしょうか・・・。

 

台湾観光
この記事を書いた人
ぺちお

今年で台湾渡航22回くらいのおっさん。
台湾の道路で無駄にバイクチキンレースを挑むのが最近の流行。
年をとって食べられる量が少なくなったことを実感中です。

ぺちおをフォローする
好吃台湾~はおちーたいわん~

コメント